ADULT

HEADLINE

ファンに衣装や私服を売って整形手術の費用を稼ぐ地下アイドルたちの実態

アイドル裏事情を随所で暴露して話題の地下アイドル、姫乃たまが「おたぽる」にて連載中の”姫乃たまの耳の痛い話”でブルセラまがいの商売で整形手術の費用を稼ぐ地下アイドルたちの実態をレポートしている。

以下引用。

姫乃たま
売れない地下アイドルの姫乃たまです。どこの事務所ももらってくれないので、フリーランスで活動中です。そのため、仕事用にメールアドレスを用意しているのですが、プライベートのアドレスと間違えて私的なメールを送ってくる人がいっぱいいるんです。

特に5年間活動してわかってきたことは、季節の変わり目になると「衣装を売ってくれ」というメールが沢山届くんです。衣替えの手伝いなのかもしれないですね。ちなみにこういう類のメールを送ってくるのはたいてい知らない人です。

しかし、差出人に悪気はないのでしょう(多分)。現に、わずかですが事務所に無理やり衣装を売らされるアイドルも存在しています。

地下アイドルブルセラ疑惑
ひどい時にはライブ後すぐに着替えさせられ、その場でオークションを始めるなんてこともあったんですよ。あの時、楽屋で着替えさせられていたアイドルさんの悔しそうな横顔は、今でも忘れられないですね。

アイドルさんも舞台では常に笑顔なので、衣装は売ってもらえるものだと思うのもわかりますね。だから、私もそういったメールには、やんわりお断りしているのですが、先日「破れて履けなくなったパンストでいいので、3万円で売ってくれませんか」というメールが届いたんです。

いやいや、こっちも売れてないなりにイメージっをじゅうししているんですよ。いやあ、でも数百円で購入したパンスト(しかももう履けない)が3万円か…。誰にもバレないならいいかなと、心を揺さぶられつつメールを読みすすめると、一瞬で目が覚めました。

とあるアイドルの個人名を出し、「この子にも同じ額で売ってもらってるのですが、ダメですか」と書いて有りました。

えー、なにこの最新版アイドルブルセラ報告(そんなものはない)。全然、知りたくなかった。というか、次に会う時に気まずいなあ。

悩んだ末、最近ご無沙汰していたのもあり、失礼を覚悟で電話しました。世間話をしつつ、恐る恐る聞いて見た所、しばしの沈黙の後、「話してもいい?」という声が聞こえたのです。

「ダメなことしてるなって、自覚はあるの。連載に私のこと書いてくれないかな。それで許される気がするから」

私は予想以上に彼女が思いつめていたこと、この連載がいつの間にかアイドルの禊場になっていることにびっくりしました。

地下アイドルブルセラ疑惑
結論を言うと、彼女はファンに衣装を売り、整形手術の費用にしていたというのです。

幼い頃からアイドルファンだった彼女は、念願のアイドル活動を始めて1年くらいしても全然ファンがつかなかったのです。幼い頃にみたアイドルと自分のギャップに焦ってしまい、原因は自分の顔にあると考えたのです。

アイドルとして売れるには、特にコンプレックスだった目を整形する必要があると考えました。手術費はOL時代の地道な貯金で払いました。

一重を二重にし、目頭を切開して涙袋にヒアルロン酸をいました、すると途端にファンが増えたというのです。

「今思えば顔じゃなくて、自分に自信がついて明るい性格になったせいだと思う」と、当時のことを振り返りました。

それからしばらくして、派手な目が他の顔のパーツと釣り合いがとれていないと思うようになりました。しかし、アイドル活動を始めてからは会社は辞めており、アルバイトで生活しているので整形にかけられるお金はなかったのです。

ファンから衣装を売ってくれないかと持ちかけられたのは、ちょうどそんな時。一度ライブで着て見せると、高値で買い取ってくれるんです、今度は自分から他のファンに衣装を買わないかと持ちかけました

そのうち感覚が麻痺して、フリーマケットで私服を定価以上の値段で出品するようになったのです。SNSに「今日はフリマに出店してる」と書き込むと、ファンが足を運んでくるのです。

地下アイドルブルセラ疑惑
「あくまで、来てねっていう雰囲気は出さないで書き込むのが大事。周りは普通に子どもの古着を数百円で売ったりしてたから、私のブースだけ異様だった」

服を売ったお金は全て豊胸などの整形手術に費やしました。現在はは維持費のために、どうしてもお金が必要なのです。

アイドルとして売れるための整形だったのに、整形をするためのアイドル活動に変わってしまいました。「もう周りの人にはバレてるし、イメージも何もないよ。気づいてなかったの、たまちゃんだけじゃない?」と笑われてしまったのでした。

「でも誰も触れてくれない話だったから、聞いてくれてありがとね」と、最後に彼女は言いました。電話の最中、これから彼女はどうするのか、現状から抜け出すにはどうすればいいのか、ということも何ひとつでてこなかったのです。

でも、現実ってそんなにうまくいかないものなんだよなあと思いました。

[引用/参照:おたぽる]
http://otapol.jp/2014/09/post-1624.html
※画像はイメージで記事とは関係ありません。

【関連画像】
岩佐真悠子 ブルセラ写真とエロセクシーなお宝グラビア

【関連商品】

関連商品

コメント

  1. 4
    名無しさん 2014/10/01 19:23

    整形しないといけないレベルはアイドル目指すな

  2. 3
    名無しさん 2014/09/25 9:07

    トップページの一行バーがずっと板尾創路のまんまだが、更新しないのか?

  3. 2
    名無しさん 2014/09/25 0:46

    このサイトって地下アイドル好きだよねー

  4. 1
    名無しさん 2014/09/24 22:13

    たまちゃん

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事