ADULT

HEADLINE

実は身近に存在する!?プチ売春、危険ドラッグ、アパッチ・・・グレーゾーンな裏社会との境界ビジネス

一見、合法な社会の下に生活しているようでいて、私達の生活は非合法なビジネスを展開する裏社会に知らぬ間に触れてしまいかねない状況にある。

その原因となっているのが、グレーゾーンのビジネスだ。

合法社会と非合法社会の接点の1つ、振り込め詐欺について、犯罪ジャーナリスト・丸山佑介氏の著書『そこまでやるか!裏社会ビジネス 黒い欲望の掟』(さくら舎)ではこう述べられている。



準暴力団 半グレ



「詐欺グループの大半は、完全に裏社会の人とは言いがたいところもあるのですが、彼らを使っている側は、ほぼ黒に近いグレーと言えるでしょう。準暴力団や半グレと呼ばれる人たちです」

準暴力団とは警察庁が生んだ言葉で、関東連合のような暴走族OBグループを規定している。怒羅権のように、中国残留孤児の2世や3世が組織するグループも含まれる。



東京都内の準暴力団 半グレ
詐欺グループのシステム



グレーゾーンのビジネスには他にも、売春のようなセックス産業がある。

売春も、組織的なビジネスになると人員の管理、待機や行為に利用する場所が必要になってくる。部屋を用意して売春を行っているから管理売春として逮捕されてきたのだが、近頃では別の方法での売春ビジネスも増えている。

「性別・年齢問わずに誰もが簡単にアクセスできる出合い系のツールが充実していれば、専門の業者を介する必要すらなくなり、女性自らが客を取る個人売春や、女の子四、五人を動かして女衒の真似事をする『プチ管理売春』のような援デリ商法が盛んになってくるのも、無理からぬことです」(同書)

出会い系ツールさえあれば、売りたい人と買いたい人が簡単に出会える。

『そこまでやるか!~』では、合法とされるセックス産業の市場規模を5兆円、裏風俗産業を500億円としている。

10分の1の規模とはいえ、市場が小さいことからヤクザも警察も介入しにくい点に一般人が目を付けてビジネス展開をしているという可能性もある。

こうして一般に広がりつつあるグレーゾーンビジネスには、危険ドラッグもある。

最近でこそ取り締まりが強化されているが、合法ドラッグや脱法ハーブの存在が法律で規制されないこと事態が危険だ。

危険ドラッグ販売店に参入する多くは、元裏DVDの販売業者。

ネットで無修正動画を簡単に見られるようになってからは、裏DVDの売れ行きも思わしくなく、危険ドラッグに流れ始めたという。



危険ドラッグ販売の多くは元裏DVD販売業者



警察が全貌をつかめずにいるのは、グレーゾーンビジネスの参入者が明確に組織化されていないからだ。

ましてや、犯罪行為のノウハウのみを販売している犯罪コーディネーターなる職業まで出現し、混乱を極めている。振り込め詐欺などいい例で、大物犯罪コーディネーターが完成させたノウハウが元になっているらしい。

「本人は一切加担しておらず、初期に利益を得たまま逃げ切っているというのです。2014年ごろから、彼からノウハウを買い取った第一世代の詐欺師たちが次々と出所しています。

彼らは初期にはじめただけあって、裏社会的に大物の詐欺師や熟練の腕利きが少なくありません。実際、現場復帰してからの活躍を裏付けるように、オレオレ詐欺の被害額は増える一方です」(同書)

つまり、振り込め詐欺コーディネーターのターゲットとなった一般人が、いまや振り込め詐欺業界で猛威を振るっているということなのだろう。

詐欺、風俗、危険ドラッグなどは、ちょっと考えれば逮捕につながるリスクが浮かぶ。

しかし、非合法かもしれないとすら気付かずにグレーゾーンに接する例もある。例えば、新聞や雑誌、他人の家の前に出してある資源ゴミなどを勝手に盗んでいくグループがいる。

『そこまでやるか!~』で証言が紹介されているのは、西日本のリサイクル業者だ。

資源ゴミ泥棒
「日本国内でも資源窃盗をする連中がいないわけじゃない。だけど、我々の業界が問題視しているのは、組織的にピックアップしているグループ。奴らの多くは中国人で組織されていて、業界用語ではこの行為を”アパッチ”と言っているよ」

一度出したゴミを持ち去られたことに憤慨しても、公に文句を言うのは恥と思う日本人は多いかもしれない。しかし、資源の持ち去り行為は犯罪で、資源業界が自警団を結成して見回りをするケースもある。

ただ、資源価格が高騰する中国では、日本から持ち去った資源ゴミのリサイクルがいい商売になっている。お金になると思えば、暴力をふるってでも資源ゴミを盗もうとする輩がいるのだ。

「外国人のアパッチが問題なのは、改修するためには暴力厭わないという凶暴性にある」(『そこまでやるか!~』より、丸山氏の友人の証言)

グレーゾーンビジネスは、一般市民を相手にしていることが多いが、なかには裏社会の人間が裏社会の人間をターゲットにする場合もある。それが「タタキ」と呼ばれる強盗行為だ。

標的になるのは、「脱税していたり、非合法な業務での売り上げや、表に出せないお金を溜め込んでいる裏稼業の人々」。ダーティーな金をよりダーティーな方法で強奪してしまおうというわけだ。

タタキをするのは「食い詰めた裏の住人たちや不良外国人集団」などが多いという。ターゲットとされるのは、「若くして金を手にした連中。昨今だと振り込め詐欺グループが被害にあうことが多いです」とのこと。

実は身近にも存在している”裏社会ビジネス”。一般市民だからといっても、安心することなく、巻き込まれないように細心の注意を払っておくべきかもしれない。

[引用/参照:http://lite-ra.com/2015/03/post-948.html]

【関連商品】



コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事