ADULT

AV出演騒動の松本圭世アナがTOKYO MXで復活&東スポで本人と認める!

1日に放送されたTOKYO MXの開局20周年記念特番で、アナウンサーを務めた松本圭世に注目が集まっている。

彼女は元テレビ愛知の女子アナ。今回の特番に当たって行われたアナウンサー選考のオーディションで、応募総数464人の中から見事栄冠を勝ち取ったわけだが、彼女が注目されるのは“ある理由”がある。

「AV出演疑惑ですね。素人物のAVに松本アナが学生時代に出演していたとネット上でウワサされ、週刊誌で報じられるところとなりました。

この疑惑は瞬く間に広まり、テレビ愛知の担当番組のホームページから彼女の顔写真が消されてしまうなど、大きな騒ぎとなりました。それ以来、彼女は表舞台から消えていたのですが、会社を辞めていたんですね」(芸能ライター)

松本アナが出演したとされるAVは、一般女性をナンパして口淫をしてもらうという内容。

実際に行為に及ぶのは仕込みのAV女優で、実際に街で声をかけられた一般女性らは男性器の形をしたアメを舐めるだけで終わるのだが、この一般の出演者の中に松本アナによく似た女性がいたというのだ。

a20151105-1
a20151105-2

「出演者と松本アナの画像を見比べても、歯並びなど一致している点が多いし、その後の経緯を見ても同一人物だったんだと思います。

AVでは実際の男性器を口淫したり、裸を見せる場面はないものの、男性器を模したアメの亀頭部分をチロチロと舐めたり、サオの部分に舌をはわせるなど本格的な口淫テクニックを見せていました。

学生時代のこととはいえ、ここまでやっちゃうとさすがに女子アナとしてはアウトでしょう。しかし、アナウンサーを目指していた女子大生が脱ぎも絡みもないとはいえ、安易にAVに出演してしまうとは理解に苦しみます」(同)

オーディションでは自ら過去に触れ、

「1年半前に週刊誌にいろいろ書かれてアナウンサーの仕事ができなくなってしまったんですけど、アナウンサーの仕事を離れているうちに、自分はこの仕事が大好きだったんだなと心から気づいた」

「元女子アナという肩書きでオーディションには参加させていただきましたが、今日はもう“元”とつけなくていいんですよね」

などと語り、喜びもひとしおの松本アナ。

フリーアナの苦戦が伝えられる昨今だが、AV出演という“貴重な経験”を持つ松本アナだけに仕事の幅も広がり、今回の特番出演を契機に異色の女子アナとして今後の活躍に期待できそうだ。

[引用/参照:http://otapol.jp/2015/11/post-4508.html]

さすがMX!アニバーサリーアナウンサーに抜てき!

a20151105-3大きな口とクリッとした目が特徴の、キュートなルックスの持ち主。東海地区では、またたく間に人気女子アナとなったが、14年6月にネット上での騒動に巻き込まれた。

そのAVはいわゆる“素人企画モノ”で、松本に似ているとされる女性が、男性器の形をしたアメを口淫もどきに舐める内容。その女性が服を脱いだり、男優と絡むシーンは一切なかった。

そのAVが発売されたのは、11年2月で、仮に本当に松本だったとするなら、大学生時代にアルバイト感覚で出演したものとみられる。ただ、この疑惑について、松本は否定も肯定もしていないため、真偽のほどは定かではない。

ネット上で、この疑惑が出回ると、松本は番組に出演しなくなり、その後、ついには退社に追い込まれ、波瀾万丈な人生を歩むことになってしまった。

それでも、アナウンサーの仕事への未練は断ちがたく、「MXなら受け入れてくれるんじゃないか?」との思いで応募し、見事栄冠を勝ち得た。

ただ、“アニバーサリーアナウンサー”はこの特番のみで、松本は再び元女子アナに戻った。ネット上での疑惑が事実だったとしても、アメを舐めただけのことだ。

さすがに、在京キー局は二の足を踏むだろうが、既成概念にとらわれないMXには、今後も彼女の起用を検討してほしいものだ。

[引用/参照:http://www.cyzo.com/2015/11/post_24711.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事