ADULT

HEADLINE

【無修正】意図的!?少年ジャンプ+の漫画『終末のハーレム』がエロすぎて非公開に!【検証】

o20160613-10

あまりにも描写がセクシーすぎるため、インターネット上で非公開になった漫画「終末のハーレム」。

もともとこの漫画は、週刊少年ジャンプのインターネット漫画サービス「少年ジャンプ+」で無料配信さていたもので、非常に魅力的なストーリだったため、世界中の漫画ファンが注目していた漫画である。

「終末のハーレム」を読むふたつの方法

この漫画を見る方法は2パターンある。ひとつは、スマホの「少年ジャンプ+」専用アプリから読む方法。もうひとつは、パソコンやスマホのブラウザから「少年ジャンプ+」のサイトを見て読む方法である。

当初の過激さが消えている状態

現在、1~4話まで配信されているが、内容があまりにもセクシーすぎたため、iPhoneアプリで2~3話が読めなくなった。ブラウザで読めば1~4話まですべて読めるが、2~3話に大幅な修正が入り、結局のところ当初の過激さが消えている状態である。

意図的に無修正版を載せた?

2016年6月12日00:00、最新ストーリーとなる4話が配信されたのだが、なんと完全無修正で配信。大人向けのセクシー漫画雑誌に載っててもおかしくないレベルのセクシーさ。少年ジャンプなのに少年には過激すぎる内容である。

あまりにもセクシーすぎる描写だったため、読者からは「これ編集者がうるさいクレーマーにムカついたから、反抗して意図的にそのまま載せたんじゃないか?」との声も出ていた。

読者「やっぱり修正きたか」

o20160613-1

しかし4話の配信後、数時間して突如として修正版に差し替えられた。修正版は女体のセクシーすぎる部分がホワイト加工で見えなくなっており、セクシー度が弱まったのである。

この修正に対して読者からは「なげやりで雑な修正だな」「やっぱり修正きたか」「修正前の原稿を読めた俺は勝ち組」などの声が出ていた。

完全に塗りつぶされているiPhone版

しかし! この修正騒動ははまだ続く(笑)。なんとiPhoneアプリで4話を読むと、セクシーすぎる部分が完全に塗りつぶされているのだ!

簡単に説明すると、ブラウザで読むと女体の一部が見えなくなっているのだが、iPhoneアプリで読むと女体そのものが塗りつぶされているのである。

いまの状態まとめ

ブラウザ版: 1~4話まで読める / 女体の一部を塗りつぶし
iPhoneアプリ版: 1話と4話だけ読める / 4話の女体のすべてを塗りつぶし

今までの流れ

1~3話を無修正で配信

2~3話がiPhoneアプリで読めなくなる

2~3話のセクシー部分が修正される

4話が無修正で配信される

4話の女体のセクシー部分が数時間後に塗りつぶされる

4話の女体がiPhoneアプリで完全に塗りつぶされる

つまり4話には「無修正版」「修正版」「iPhoneアプリ向け修正版」が存在する

ファンのコメント

「実は、6月12日00:00に無修正版が掲載されたときにiPhoneやiPadのアプリで「終末のハーレム」を読んでいれば、その後に修正版が配信されたとしても無修正版を読み続けることができるのです。

この手の漫画は公開後に修正されることが多いですから、とにかく配信されたらすぐにアプリで読むことが重要です。そのあといくら修正されてもiPhoneアプリは影響を受けず、無修正版を読み続けられますから」

[引用/参照/全文:http://buzz-plus.com/article/2016/06/12/worlds-end-harem/ ]

『終末のハーレム』1話での修正
o20160613-2
o20160613-3
・ToLOVEるでもやらなかった下の毛モロ描きとは・・・
・集英社ってマン毛描いてもいいんだ…
o20160613-2-

『終末のハーレム』2話での修正
o20160613-4
o20160613-5

『終末のハーレム』3話での修正
o20160613-6
o20160613-7
o20160613-8

【関連リンク】

終末のハーレム|少年ジャンプ+

ネットの反応

・初見だけどこりゃ成年向けだな ジャンプはちょっと…
・第1話のカラーページの修正ひどすぎ
・ジャンプが配信する漫画にしてはエロ過ぎってことでしょ
・思った以上にただのエロ漫画だな
・もったいない 普通に成人向け雑誌でやれば良いのに
・エロいことはエロいんだが 少年漫画の淡い思い出に残りそうなエロじゃない
・絵が綺麗だし設定はおもろかった ただ主人公がホモかよというほど聖人
・ハレンチ学園だってジャンプなんだから、昔からだよ
・80年代のウイングマンは女子中学生の乳首が日常的に描かれてたけど
・乳首修正理解不能!
o20160613-9

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事