ADULT

HEADLINE

今も最前線で活躍中の超大物芸人が・・・ヤクザと芸能界の蜜月時代、元大物組長の自伝が話題に

a201607027-1

元大物組長の自伝本が発売になり、業界の話題をかっさらっている。

元山口組組長代行補佐で、その後、一和会の副会長兼理事長を務めた斯界の超大物である加茂田重政氏(86)が、自身の生い立ちから今日までを振り返っているのだが、その内容は衝撃的の一言だ。

加茂田元組長といえば血で血を洗うといわれた山一抗争のころは度々テレビなどマスコミの前に登場。その風貌を記憶している人も多いはず。

「“山一”の当事者だった加茂田氏が口を開くのは初めてではないか。山口組離脱の経緯や一和会の山本広会長の人柄など、これまで明らかになっていなかった事実も多くつづられており、昭和の裏面史としての資料的価値は非常に高い」(実話誌編集者)

抗争の舞台裏も興味深いが、その一方で戦後の芸能界とヤクザの関係が理解できるのが第6章「芸能界との繋がり」の項である。

山口組はかつて神戸芸能社を設立し、映画やコンサートなど興行を手がけていたのは有名な話だが、そのど真ん中にいた加茂田氏と芸能人の交友はまさにズブズブ。

掲載の写真は加茂田氏の父の三回忌法要の際のもので、中央には山口組三代目の田岡一雄組長、その右側には菅原文太の姿が。

時はヤクザ映画全盛時代のこと。菅原文太や鶴田浩二は加茂田氏の自宅にも泊まりに来るほどの仲で、“本職”からヤクザの所作を学ぶこともあったという。

「烈侠」の中で加茂田氏は「芸能人とはよう付き合うたよ」と話し、「松平健、火野正平もすごい仲良かった。まだデビュー前の赤井英和が家に来てたり。よく小遣い渡したとか、そんなんもあるし。細川たかしも関係があったな」とも。

同書には加茂田氏が主催していた地元の夏祭り「地蔵盆」に訪れた有名芸能人の写真だけでなく、前記の松平や細川たかしとのツーショットも掲載。

加茂田氏の手元には組関係の法要や会合などの際に撮影されたこうした写真が1万点以上も残されているという。

ちなみに加茂田氏の息子の結婚式の司会は今もテレビの最前線で活躍中の超大物芸人だというから驚きである。

暴対法や暴排条例が施行される以前のこととはいえ、ヤクザと芸能界の蜜月がよくわかる。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/11808997/]

a201607027-2

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/07/27 22:36

    さんま!?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事