ADULT

HEADLINE

坂口杏里も働き始めたがグレーな店も多いラウンジ。キャバクラ、ガールズバーとの違いは?【元キャバ嬢タレントリスト付】

女子高生の「なりたい職業ランキング」で、キャバクラ嬢がトップ10入りするようになって久しい。きらびやかな世界、高収入と、今や「夜の仕事」は女の子の憧れとなっている。

だが実のところ、その仕事の中身は知らないことばかり。キャバクラとクラブは何が違うのか。近年流行するラウンジとは何か。ガールズバーは単なるバーなのか…。

まず法律の観点から夜の仕事を見ると、「接待行為」の有無に行き着く。行政書士の前場亮氏の話。

「隣に座ってお酒を作って談笑する、カラオケでデュエットする。これらは接待行為と位置づけられ、該当する行為を提供する店は、『風俗営業許可1号』を取得しなければいけません。

キャバクラやクラブはこの風営1号を取っている店のことをいい、両者に法律上の違いはありません」

風営1号を取ると接待行為が許可されるが、営業時間が深夜1時までに規制される。

「キャバクラも銀座のクラブも、ホステスの仕事は一緒です。お酒を作り、会話をする。同伴、アフターをし、営業メールを送る。

両者の最大の違いは『ママ』の存在。クラブにはホステスの教育係でもあり、経営の責任者でもある『ママ』がいるのです。キャパの大きい店だとその下でサポートする『チーママ』がいるケースもあります」(あるクラブのマネジャー)

給与体系も異なる。キャバ嬢の給料は時給+バックが基本。バックとは指名や客がボトルを入れた際などさまざまな時に発生する報奨金。

例えばボトルバック10%の店の場合、指名客が10万円のボトルを入れた場合、1万円が自分の給与になる。

「クラブでは、売り上げ(指名客)を持たない新人はヘルプと呼ばれ、日給で働きます。自分の客を持っているホステスは客の売り上げが給料に反映される」(前出・マネジャー)

グレーゾーンの業態も

一方、ガールズバーは法律上の立ち位置が異なる。

「あくまでバーであり、接待行為ができません。届け出も『深夜酒類提供飲食店』になります。客の隣に座るのはNGで、カラオケのデュエットも違法。

従業員ができるのは、カウンター越しに飲食料を提供することだけ。その代わり、営業時間の縛りはなくなります」(前出・前場氏)

最もグレーなのが、ラウンジ。昨今、西麻布や六本木でこの形態の店が激増している。

「お客さんの隣に女性がつき、接待する。完全に風営法1号にあたりますが、ラウンジの中には女性を“店に来た客”と位置づけ、『深夜酒類提供飲食店』の届け出で、営業時間の縛りをなくしている所があります」(前出・前場氏)

そうしたラウンジは、“接待していない”というアピールのため、女の子は私服で、席につく時は鞄を持つことを義務づけている。客として来たのであれば、手ぶらで席にいることはおかしいからだ。

「給与体系は、時給の子もいるし、シートバックの子もいます。1回男性の席につくと2000円、指名が入れば1万円といった具合で、そこにドリンクバックが加わる。一日に5~6席回れば3万円ほどにはなります」(あるラウンジのマネジャー)

夜の世界は、かくも多岐にわたっている。

[via:女性セブン2017年7月27日号]
http://news.livedoor.com/article/detail/13348685/

あのタレントも元キャバ嬢!?

落ち目タレントが水商売に転身することは昔から多いが、最近は水商売上がりのタレントも増えているようだ。

有名どころでは、東京・六本木の人気キャバ嬢だったと言われる井上和香(30)。源氏名「アリサ」として店のチラシに登場していた過去が暴露され、話題になったことを覚えている人も多いだろう。

それだけでなく、元ホステスや元キャバ嬢の経歴を持つタレントは意外なほど多い。

「女優の国分佐智子(34)は、大阪でキャバ嬢をしている時にスカウトされたことで有名。

元モーニング娘。の中澤裕子(37)は、デビュー前はOLとホステスの二足のわらじだったと本人も認めている。

いずれも短期間ではありますが、釈由美子(32)や細川ふみえ(39)、華原朋美(36)などにも水商売の過去があると言われてますね」(芸能関係者)

このほかにも、大物歌姫A・Hは「歌舞伎町のキャバクラに在籍していた」(水商売関係者)と言われ、女優としても活躍する人気歌手のM・Nにもキャバ嬢の過去があるとささやかれており、人気アイドルグループの中心メンバーM・Sが福岡・中洲のキャバ嬢だったことも業界では有名だ。

[via:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110429/Menscyzo_7008.html]

【公表済】

・ダレノガレ明美
フライデーが、六本木の高級キャバクラ勤務を報じている。

・森下悠里
「グラビアの仕事を始める前は六本木と銀座でアルバイトしていて、どちらもナンバーワンになった実績があります」と告白。

・小森純
地元横浜川崎のスナックやキャバクラで「みさき」の源氏名で働いていた。

・中澤裕子
元モーニング娘。の中澤裕子もデビュー前大阪でホステスをしていたことを公言している。

・細川ふみえ
以前ホステスをしていたとテレビで公言済。五反田のブラックジャックに勤務していたという噂。

・小原正子(クワバタオハラ)
デビュー前にキャバ嬢をしていたことを公言。記憶力が良く、100人以上の顔と名前をすぐに記憶出来る。

・熊切あさ美
チェキッ娘解散以降はなかなか仕事に恵まれない状態となり、仙台市に移住してキャバクラの寮に住み、生活費を稼ぐ為もあってキャバクラ嬢として働いたことをテレビで告白。

・井上和香
元東京・六本木の人気キャバ嬢。源氏名は「アリサ」。「週刊文春」で父親が証言済。

【非公表&噂】

・篠田麻里子
デビュー前に福岡・中洲のキャバクラ「ガイア」に源氏名「涼」で働いていたことがフライデーに掲載された。

・浜崎あゆみ
デビュー前に歌舞伎町の連れ出しパブ、銀座「S」に在籍していたという噂あり。

・柴咲コウ
下積み時代に、湯島のラウンジでカウンターレディのアルバイトをしていたという噂。

・スザンヌ
デビュー前の20歳のころに中洲のキャバクラで真央という源氏名。常に店内の指名ランキングでは上位だったらしい。

・中島美嘉
中学卒業後に親元を離れ福岡・中州のキャバクラで年齢を偽って働いていたという噂あり。

・釈由美子
源氏名は「ルイ」で、六本木「C」に在籍していたとの噂。

・観月ありさ
赤坂の「M」というお店でキャバ嬢をしていたという噂。

・小池栄子
デビュー前に高級クラブ『E』で働いていたという噂。

・ギャル曽根
実家が貧乏で高校中退でアルバイト後キャバクラ嬢をしていたという噂。

・安田美沙子
デビュー前大阪ZOOに在籍していたらしい。

・佐田真由美
女性ファッション誌「VⅰVⅰ」専属モデル時代に銀座の高級キャバクラ「P」に在籍していたという噂。

・叶恭子
大阪の北新地で日給4万円でホステスしていたという噂。高校時代はノーパン喫茶でバイト。

・MEGUMI
2000年から六本木交差点に程近い六本木の高級クラブ「M」、そのあと銀座の高級クラブ『E』でキャバ嬢をしていたという噂あり。

・華原朋美
アイドル時代(遠峯ありさ、三浦彩香時代)六本木「K」や赤坂の「M」など都内各地のキャバクラでキャバ嬢をしていたという噂。

・さとう珠緒
デビュー前にホステスをしていた噂あり。

・国分佐智子
大阪でキャバ嬢をしていた時にスカウトされた、『リーク』(赤坂)でホステスをしていたという噂あり。

・安西ひろこ
川崎でキャバ嬢をしていたという噂あり。

・白石美帆
デビュー前に温泉コンパニオンのバイトから転身したという噂あり。

・中根かすみ
中野の会員制高級キャバクラで働いていたところをスカウトされたという噂あり。

・愛内里菜
デビュー前にキャバ嬢をしていたという噂あり。

・yu-ki(TRF)
大阪、北新地のクラブで働いていたという噂あり。

【風俗】

・壇蜜
デビュー前に銀座のクラブ「ピロポ」でホステスをしていたという噂あり。また、メルモという源氏名で働いていた風俗時代の画像が流出しているが、真偽は不明。

・渡辺直美
写真週刊誌「フラッシュ」がイメクラ嬢だったという過去を掲載。誌面には渡辺が書いて店側に提出したプロフィールも掲載されているんです。そこには、ピンクサロン1カ月半、オッパイパブ2カ月という勤務歴まで記されている。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事