ADULT

HEADLINE

柳ゆり菜 映画『純平、考え直せ』でEカップ巨乳全開!乳首解禁で奇跡のロングラン!?

グラビアアイドル出身女優の柳ゆり菜(24)が主演映画で魅せたEカップ乳房が、“奇跡のエロ乳首”としてロングランの話題を振りまいる。

映画『純平、考え直せ』(アークエンタテインメント配給、新宿シネマカリテほか)がそれだ。

何しろ、NHK朝の連続テレビ小説初の外国人女優(シャーロット・ケイト・フォックス)がヒロインだった『マッサン』(2014年)で“赤玉ポートワイン”の半裸美女として注目を浴びたアイドルの柳ゆり菜が完脱ぎなのだから無理もない。

同映画では、新宿歌舞伎町のチンピラの純平(野村周平)が、親分から鉄砲玉を命じられ、決行までの3日間に出会うOL・加奈を演じている。

今どき、アナクロなまでに「仁義だ」、「男だ」を貫き通そうとする硬派な純平に、自らの平凡な日々を投げ出すほどの魅力を感じたのか、決行までの時間をすごすことになる複雑な女性心理を巧みに演じている。そこには、もはやアイドルゆり菜の顔は見当たらない。

「競輪のCMなどでも知られ、NHK朝ドラでも、背中越しとはいえ公共放送で堂々と裸身を披露して、『あのヌードの子は誰だ?』との問い合わせが殺到したほどです。

知名度も増した彼女は、もともとは女優指向。おまけに“女優ならオールヌードも辞さず”の覚悟が出来ていた。今回の全裸は予定の行動でしょう。“脱げるアイドル”は貴重ですし、おまけにEカップ巨乳。そこに演技力が加わったなら、もはや“無双”ですよ」(アイドル評論家)

何はともあれ、その“奇跡のエロ乳首”をトクと拝んでもらおう。

劇中、安いホテルの一室、純平とゆり菜が激しくベッドでからんでいる。恐らく、純平は来るべき日に対して武者震いを感じながら、ゆり菜は退屈な日常を忘れながら…。

正常位で責めたてる純平、M字開脚でそれを奥深く受け入れるゆり菜。激しい律動の果て、思いを遂げてベッドに横たわる彼の隣で、見事なEカップ乳房のふくらみが全貌を現す。柳ゆり菜の絶品・奇跡のおっぱいであった。

その真ん中に位置する勃起した小ぶりなピンクの乳首がタマらない。思わず、息を呑むほどの絶景だ。

ゆり菜の“美しき暴走”はまだ終わらない。

今度は場所を変えて、豪華なホテルのスイートルームでのSEXだ。バスローブ姿の2人。ゆり菜のEカップ生乳房がチラ見えする。そして、全裸で抱き合うと、彼女の後ろフルヌードが浮かび上がり、激しくからむ。

彼女も興が乗り、さらに積極的になる。そのぷっくりとした肉厚の唇は、男の胸板から下腹部へ。ついには“生フェラ”のスタイルで顔を男の股間に埋める。

若い情熱の発露は、さらにベッドでの延長戦へ突入し、正常位で突かれたゆり菜のおっぱいは淫靡に汗まみれとなる。

そもそも柳ゆり菜のヌードはなぜ“奇跡”なのか。

「まず、NHK『マッサン』の半裸ポスター伝説を持つ彼女が、本当に映画で脱いだ奇跡、しかもその全裸が予想以上の絶品だったという奇跡です。

推定86㌢のEカップ巨乳、ピンクの乳首、見事なくびれ、おヘソの形もエロいし、無駄のない脚線美、もちろん愛くるしくも大人っぽい美貌も兼ね備えています。

『完全なる飼育』の小島聖や『ベロニカは死ぬことにした』の真木よう子など“美しすぎる初完脱ぎ”のジャンルに、彼女も完全に加わったと言えるでしょう」(映画誌ライター)

「中でいいよ」ナマSEX!

濡れ場に戻ろう。ゆり菜が今度は“私が楽しむ番”とばかりに体勢を変え、騎乗位で腰を振りまくるシーンもある。まさに「あっぱれ!」というほかはない。

さらには「中でいいよ」と、“中出しSEX”まで許してしまうのだから“超あっぱれ!”である。死を賭す男にほだされたのか、はたまたそのDNAが欲しいと思ったのか。切ない女の心情がほとばしる。

試写でこの作品を見ている映画評論家の秋本鉄次氏も、柳ゆり菜の“英断”を熱烈支持する。

「NHKドラマ出身の女優は意外と“脱ぐ”という伝統を見事に受け継いでいますね。“清純派は3日で飽きる”が持論の私なので、彼女の“艶技開眼”は大歓迎。

普通のOLが鉄砲玉のチンピラと行動を共にし、エッチしまくる、という異色設定も彼女のおかげで違和感なく楽しめました。グラビア出身の本格女優といえば、私のご贔屓の小池栄子(37)がいますが、追いつけ追い越せですよ」

そんなゆり菜の衝撃シーンはこれだけでは終わらない。“乳房全開”“口淫奉仕”“中出し切望”に続く第4波は“レイプ禍”だ。

会社の元同僚だったストーカー男に付け狙われ、1人で潜伏先のホテルにいた時、うっかりドアを開けてしまう。いきなり殴打されるゆり菜。

ベルトで後ろ手に拘束され、男は彼女から赤いパンティーを剥ぎ取り、容赦なくバックから責めたてるのだ。その際にハサミを取り出した男は、彼女の髪をズタズタに切り裂く。

“操”と“ヘア”…女の命ともいえる2つのものを同時に凌辱する鬼畜行為は、彼女の血まみれの顔をスマホで撮る念の入れようだ。

「この屈辱極まるシーンの撮影で、ゆり菜は自分の髪を本当に切らせ、リアリティーに寄与したそうです。ここにも彼女のこの映画に賭ける“本気度”が伝わってきます。その女優魂に撮影現場は拍手ものだったそうです」(映画関係者)

柳ゆり菜の初乳首出し濡れ場はエロすぎるぞ!

[via:週刊実話]
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4099742

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/12/01 1:47

    (;-Д-)ウヘァ

  2. 1
    名無しさん 2018/11/28 22:36

    ライター気持ち悪い

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事