ADULT

HEADLINE

【ヤバい実態】コロナ禍で夜の街はどうなってる?キャバ嬢の嘆息「軒掛け持ちでも収入ゼロ…」

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月8日に緊急事態宣言が発令された。以降、繁華街から人のにぎわいは消え、飲食店は営業自粛を余儀なくされている。

「感染拡大を抑えるためにも真っすぐにご帰宅されるようにお願いいたします」

閑散とする新宿・歌舞伎町では、早急な帰宅をうながす呼びかけがこだまする。わずかながら営業を続ける飲食店にとっては、追い打ちをかける事態が起きている。

人気のない街では当然、集客を見込めない。本来、週末ともなれば活気づく新宿二丁目も、まるでゴーストタウンのような有り様だ。

「うちの店は曜日ごとに担当の子が一人で店を切り盛りするというスタイルでやっています。

会員制なので一見さんはお断りしてきたのですが、緊急事態宣言が出されてからは、さすがに馴染みのお客さんでも呼びづらいですよね。5月まで店を休業することにしたのはオーナーの判断です」(バー従業員)

新型コロナ対策として、「密集・密閉・密接」の「3密」を極力避けることが推奨されている。

飲食店のなかでも、「3密」と指摘されるキャバクラや、ガールズバーのような業態は特に“感染の温床”として東京都や大阪府などで休業要請を受けている。都内のキャバクラ店で働く女性はこう不安を漏らす。

「キャバクラ4軒を掛け持ちしています。売り上げが落ちてきた頃には、大宮のお店でも働き始めたのですが、緊急事態宣言が出されてからは、すべての店が休業で今は収入が全くありません。

お客さんが私を忘れて、離れていってしまうのが不安ですよね。だから、お客さんには今まで以上にこまめに連絡したり、自主的にSNSで自分の動画を上げたりしています。緊急事態宣言が解除された後も、お店に来てくれるのか……」(20代の勤務女性)

感染拡大に歯止めがかかることを祈る日々だという。

[via:女性自身]
https://news.livedoor.com/article/detail/18131066/

ネットの反応

・それが水商売だからな~。こういう時期に何か資格取ろうとか手に職つけようとかする人が生き残れるんじゃね。
・これを良い機会にまともなお仕事に就くことをお勧めします。
・緊急事態宣言が予定通り解かれたとしても夜の街自粛は続きますよ
・各自が得意技を生かして生き残りを図るしかない。普通のサラリーマンだって危ないのだから。
・この際、あえて需要急増の業界に勤めるとかどうでしょう?スーパーや宅配の他、既に慢性供給不足の医療・福祉とか。
・介護とかの、慢性人手不足の業種に転職しなさい。甘えるんじゃない。
・パトロンいるだろ。【隠れた収入】を公表しないで自分可哀想アピールすんなよ。
・普段からOL以上の給料もらってんだから。数ヶ月ゼロでも問題ない連中。
・家庭の事情でキャバクラって多分100人に1人くらいだと思う。大抵はホスト狂い、裏スロ、ブランド物、見栄のため。
・水商売とはこんなものです。自業自得です。
・マスコミは何でこういう人達しか取材しないのかね 客だから?

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2020/04/19 4:44

    ちゃんと今までの収入分の納税はしているのだろうか?苦しいのは、世界的なことで、昨日、今日になった訳でもない。備蓄しなかった方がいけないと思います。

  2. 4
    名無しさん 2020/04/18 20:37

    何かあったらどっかに流れて消え去るから“水物”→水商売て言うんじゃん?煮えようが渇こうが自己責任

  3. 3
    名無しさん 2020/04/18 19:47

    都会のトップレベルの人達を除けば給与はさほど良くない。

     この手の仕事しか無い、ある程度の年齢になると「資格取って」と言い出すが資格だけで出来る仕事は極めて少なく転職は風俗系のみとなる。(体力が足りないため介護系も無理)
     風俗系もテクニックも無い年増ではどうにもならず厳しい。

     そうなると生活保護ぐらいでしか生活出来なくなり、彼女らの生活費で私たちの国庫が圧迫されることになる。
     生活保護を拒絶すれば電車が止まり、治安が悪くなり私たちの生活に悪影響を与える。

  4. 2
    名無しさん 2020/04/18 17:27

    辛いアピールがうざいな 笑

  5. 1
    名無しさん 2020/04/18 17:19

    元々売春婦と表裏一体なので、なじみ客に対価の身体をささげ、短期間養ってもらえば良いだけ。実に簡単。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事