ADULT

HEADLINE

「これママだよね?」小6の娘にAVバレした瞬間 当真ゆきの親子関係ヤフコメでは共感得られず

セクシー女優にとって避けて通れない「家族」の問題。そんなセンシティブなテーマに、正面から取り組んだ書籍『AV女優の家族』が話題だ。

レジェンド女優の当真ゆきが、知られざるエピソードを語る――。

当真ゆきは、高校在学中に妊娠・結婚を経験するも、出産わずか2カ月後にDVが原因で離婚。娘を育てるため、新潟から上京した。

「交通費の2万円だけ持って出てきたんですよ。母親に『いったん子供を置いていって、生活が落ち着いたら迎えに来なさい』って言われて、単身、上京しました」


当真ゆき AVデビュー前夜

東京に来てすぐ、エロ本に載っていたAV女優の求人広告を見て、都内にあった事務所に面接に行くことに。

「私、エロに対する特別な感情みたいなものがなかったんです」

「親に言えない仕事はしない」という気持ちが根本にあったため、仕事はデビュー前にすべて、親に話したという。

「『まわりの誰が批判しても、両親だけにはちゃんとわかっていてほしいし、自分がすることを理解してほしい』って言って。そうやって親が『NO』と言えない状況を作ってから、『AVデビューします!』と宣言しました(笑)」

兄からは、「我が家の恥だ」と猛反対を食らったが、父親は何も言わなかった。

「うちの父、病気でずっと入院していたんです。人工呼吸器をつけているので、文字盤を使って会話をするんですが、我が家は、すべての決定権が父親にありました」

母親は、娘の仕事についてどう受け止めていたのか。

「母はおそらく、父の病気のこととか、一家を養っていかなきゃならないとか、いろいろありすぎて、私がAV女優になるくらいじゃ、なにもビビらないというか。めっちゃ強いんです。だから母のことは、めっちゃ尊敬してます」


風俗嬢とAV女優を掛け持ちしながら働き、生活が落ち着いたところで娘を引き取った。そして、娘が小学6年生のとき、今度は娘にAV出演がバレることになる。

「突然、LINEに娘から『これ、ママだよね?』って、写真が送られてきて。めっちゃ焦りましたね。『もう、話さないとダメだな。ちゃんと話せばわかるかな』と思って、その日、帰ってすぐ話しました」

娘のつむぎは、このときのことを、こう振り返る。

「ママが否定してきたら喧嘩かな、と思ったんですけど、あっさり『そうだよ』みたいな感じだった」

つむぎは高校を中退後、リフレの仕事などを経て現在は、いちゃキャバ嬢として働く。彼女が仕事を始めて、気づいたことがあるという。

「つらいこともあるじゃないですか。内容的にも、誰でもできることじゃないのを、ずっと長くやってる。しかも、それは私を育てるため。『ありがとね』って思いましたね。そっからまた、お母さんと仲よくなりました」

母は現在、デリヘルで働き、娘の働く店を自身のお客に紹介することもある。良好な親子関係を築いているようだ。


姉妹のような当真ゆき㊧と娘のつむぎさん

当真ゆき プロフィール
(とうまゆき)
1983年3月15日生まれ 高校3年生で妊娠、女児を出産するも数カ月で離婚。子供を養うため上京。
グラビアモデル、格闘技のラウンドガールを経て2003年にAVデビュー。
当真ゆき名義で活動する前は、桜井マミとして活動していた。
2007年に引退し再婚するも、数年後に離婚、2011年にAV復帰。

[via:FLASH]
https://smart-flash.jp/entame/108567

【Amazon】

ヤフコメの反応

・これまた懐かしい名前が…。
・無修正も出してるから娘さんからしたら衝撃的だったと思うな〜
・悪意は無いけれど美談には受け取れない
・頭脳労働が偉いとか言うつもりはないけど、苦労の仕方が惜しいというかなんというか。楽な方に流されただけの生き方に思える。
・子供がいると働きづらいのは分かる。でも実家で面倒見てくれるのに、わざわざ東京行って風俗に行く感覚がもう違う。
・デリヘル勤務の母親って。
・職業にとかで社会的偏見はしたくない。けど、やはり違和感がある。
・良好な親子関係…私には無理。娘の立場でも、親の立場でも無理。
>娘の働く店を自身のお客に紹介することも
・ここの文面だけはどうしても正気じゃないと思ってしまった。
・誰が理解できるんだよこんな話
・やっぱり血は争えないというか、何というか。
・人の人生やからアレコレ言うつもりはないし、本人たちが良いと思ってるなら良いと思うけど、いまの娘さんの・人生に影響したことは間違いないやろな〜
・なんで連鎖しちゃうの?って思いしか残らなかった。
・結局、同じ環境の再生産。たぶん、そういう意識もないんだろうけど。
・娘さんせっかく入った高校も中退してしまったみたいだし、この手の話にあるような連鎖って止まないよね。
・簡単に金が欲しい人がそっちの仕事に行くんでしょ。親ならそれは止めるのか当たり前だと思うけどね。
・このような育ちの娘と、もし自分の娘がクラスメイトとして接することになるだけでも、なんか嫌だ。偏見だけれども、親の本音。
・今、就活中の娘がいますが、どんな職業を選んでもいいけど、性産業は絶対、反対します。性産業に従事して、幸せになれるとは思えない。
・まぁ、別に良いんじゃない?家族がお互いを理解して幸せに過ごしてるなら他人がとやかくいう事じゃない。
・子供を虐待死させる親、餓死させる親がいる世の中で、娘と生きる為に手段を選ばず、娘を育て上げたのは立派。
・こういった環境下にある人には参考になるだろうし、そうでない人にとっては参考にならない。しかし、こういう仕事の人もいないと世の中が上手く機能しないのも、間違いない訳で、各家庭での考え方次第ですね。難しい。
・職業に貴賤なし なんて言葉は建前であり綺麗事。
・もうどうにもならない境遇。連鎖している。無知と貧困と、それを食い物にする人達。救われ無いな。

【FANZA】

関連商品

コメント

  1. 8
    しゅうほう 2020/09/14 20:42

    親は捨てるもの。それが自立という一人前の人間!根本を履き違えている今!日本人の親子関係多すぎ!!だから、日本はこうなった。情けない歳だけ食った大人に。

  2. 7
    名無しさん 2020/09/07 17:42

    どーでもいい。

  3. 6
    かー 2020/09/06 22:01

    クズじじいだな。金がありゃ女は食いつくのにバカ女とか誹謗中傷してる金ないじじい嫉妬やめれ。金のためとはいえじじいとやれるのがすげー。若い男がいいだろ普通

  4. 5
    名無しさん 2020/09/06 1:29

    カエル(水商売)の子はカエル(水商売)

  5. 4
    名無しさん 2020/09/04 22:44

    デキ婚してスグに離婚する馬鹿女は再婚してもスグに同じ事を繰り返す。
    男を内面も見ずに顔と金で選ぶから。
    そして、そういう馬鹿女に育てられた馬鹿女は同じ事を繰り返す。
    馬鹿女だから。

  6. 3
    名無しさん 2020/09/04 21:46

    >娘の方がヤバい
    何で日本人て必ず親擁護でてくるんや?
    こんな親に育てられたらそらそうなるやろ
    子供は親を選べないんやで?

  7. 2
    名無しさん 2020/09/04 7:52

    親が必死に体使ってお金稼いでくれたのにいちゃキャバ嬢になるって、、、
    娘の方がヤバい

  8. 1
    名無しさん 2020/09/04 0:27

    低脳の子供は低脳

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事