ADULT

HEADLINE

藤井リナ小陰唇を整形!?トンデモツイートが波紋

芸能人のプライベートや目撃情報をTwitterに書きこむ輩が跡を絶たない。つい先日も、V6の森田剛とタレントのmisonoがデートをしていたという目撃情報を飲食店の従業員が書き込み、話題となったばかりだが、今度はデートどころではないトンデモ情報が拡散されてしまった。

6月16日にあるTwitterユーザーが次のような投稿をし、波紋を広げている。

今8chに出てる森崎友紀ってもろ整形顔な気がする?!w
整形と言えば、某美容形成外科で働いてる知り合いからこないだ聞いたんだけど
藤井リナがこないだ小陰唇縮小手術しに来たって聞いて爆笑!w


藤井リナがこないだ小陰唇縮小手術しに来たって聞いて爆笑!w


藤井リナ
藤井リナは雑誌「ViVi」(講談社)などを中心に活躍する人気モデルで、現在27歳。
バラエティー番組の出演経験も少なくなく、関西ジャニ∞の錦戸亮やKAT-TUNの田中聖などジャニーズアイドルと親密な関係がウワサされたこともある「そこそこの知名度」の美人タレントだ。

抜群のスタイルで若い女性から高い人気を誇る一方、モデルにありがちなガリガリ体型ではなく程よい肉付きと豊かなオッパイは男性の視線も集めている。そんな彼女が、「小陰唇縮小手術」…。

小陰唇
小陰唇とは、大陰唇の内側にある左右一対のヒダのこと。
形や色は個人差があり、色素沈着によって黒くなったり、肥大化して大陰唇からハミ出したりすることもあるため、人によっては「私のココ、他のコと違って変……」と思い悩み、コンプレックスになってしまうこともあるという。

また、肥大化しすぎると、タイトなジーンズなどを履くと痛くなったり、外陰部に違和感や痒みを感じることもあるという。こうした悩みを抱える女性たちのために、形成外科では小陰唇縮小手術を行うのである。

手術は局所麻酔で行うことがほとんどで、肥大部分を切除して形や大きさのバランスを整えて縫合する。長くても1時間以内には終わるという。

前出の通り、人によっては非常に強いコンプレックスになり得る小陰唇肥大。簡単な手術を受けることで、コンプレックスから解放されるのならば大いに結構だ。

だが、ごくごくプライベートな形成手術について、Twitterというツールを利用して誰でも閲覧可能なweb上に暴露するなど非常識にもほどがある。

このユーザーは当該投稿後に騒ぎが拡大してマズイと思ったのか、現在アカウントを削除しているが、別のユーザーからの問いかけに「本当っすよー!www池袋と横浜にある某クリニック勤務のナースやってる知り合いから聞いんたんで確かっすw」と回答していた。


池袋と横浜にある某クリニック勤務のナースやってる知り合いから聞いんたんで確かっすw


BENIは目を整形!?
さらに「BENIも目かなんかを整形しに来たとか来ないとか」と、歌手のBENIにまで火の粉を飛ばしている。もしこのユーザーの発言が本当であれば、個人情報を部外者に漏らした「クリニック勤務のナース」は厳しく罰せられるべきであろう。

藤井リナ
あまりにも不名誉なウワサを拡散された被害者の藤井リナもTwitterにアカウント登録しているが、ほとんどの投稿はブログの更新を知らせるものであり、当然この件に関してもまったくコメントしていない。また、コメントする必要もないだろう。整形手術が嘘でも事実でも、このような手合いはスルーしておくのが得策だ。

情報を流した人物の正体は…

これらのツイートが話題になると、「名誉棄損ではないか」、「仮に事実なら、通院を暴露した看護師も守秘義務違反になる」といった批判が続出。すると、ツイート内容とアカウントが削除された。しかし、当人に関する情報がネット上には大量にあり、素性が特定されてしまった。

DJ南享宏
mixiやFacebookなどを利用していたが、それらには漢字表記の氏名、通学先、経歴、顔画像等が掲載されていた。削除したツイートの過去ログを調べたところ、2010年9月の友人とのやり取りの中で、上記の情報と一致する漢字表記の氏名が書かれている。DJとして活動し、別のアカウントやニコニコ生放送も利用していた。[探偵FILE]

http://www.tanteifile1.com/watch/2012/06/19_01/

【関連情報】
DJ○○○さん「藤井リナがビラビラ縮小手術と暴露し炎上中」(NAVERまとめ)

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 22
    名無しさん 2012/06/29 5:19

    ヤリまくりだからまたビラビラビロ〜ンなるなWW

  2. 21
    名無しさん 2012/06/28 11:21

    >>7お前に何がわかるw童貞野郎

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事