ADULT

HEADLINE

120人乱交パーティー主催者カップル美熟女の素性 元AV女優「通報したのは私」リークした理由とは?


加藤容疑者のFacebookより

6月12日、静岡県警は同県湖西市の宿泊施設で120人規模の「乱交パーティ」を開いたとして、主催者の男女を公然わいせつ幇助の疑いで逮捕した。

県警の発表によれば、逮捕されたのは自称自衛官の田渕照明容疑者(54)と自称看護師の加藤砂恵子容疑者(51)。いずれも容疑を認めているという。

「12日の深夜3時、150人ほどの捜査員が突入し、まず全裸で行為に及んでいた参加者の男女2人を現行犯逮捕。そして主催者の2人に事情を聞き、こちらもお縄となった。5月末に匿名の情報提供があり、県警が捜査していたといいます」(地元紙記者)

この報道に「まさかあのお2人が……」と話すは、都内在住でスワッピング(2組以上のカップルがパートナーを交換して行なう性行為)愛好家の40代男性Aさんだ。

「逮捕された主催者は、『シュン&リンコ』のハンドルネームで数々の乱交パーティを開催してきた、この世界では知る人ぞ知るレジェンドカップルです。

リンコさんは中島みゆき似の美女で、シュンさんは体格の良いダンディ。普段は都内で小規模なパーティを開いているんですが、浜名湖のパーティは規模が別格。北は北海道から南は沖縄まで、その道の猛者たちが100人単位で集うお祭りで、『全国大会』と呼ばれていました。


加藤容疑者のSNSより

私も3年ほど前から参加していましたが、愛好家繋がりで初めてお誘いが来たときは、誇らしい気持ちになったものです。ついに自分もここまで上り詰めたか、と」

Aさんによれば、会場は浜名湖の森の奥に建つ2棟の2階建て貸別荘で、1棟は仮眠が取れる休憩所、もう1棟は参加者が行為に及ぶ本番用として利用していたという。

「“本番棟”はリビングや風呂場のほかに6畳ほどの寝室が1階に4室、2階に3室あって、基本的に交わるのは寝室です。

室内の服装は下着だけだったり、コスプレする人がいたり、まちまち。バスタオルとかアメニティは各自持参する形でした」(Aさん)

事件後、本誌・週刊ポストは会場となった貸別荘を訪れた。幹線道路から湖畔の小道に入り、突き当たりに2棟が建っている。木々で建物は隠され、周囲からは見えない。2棟とも古びた民家のようだ。近隣住人が嘆息する。

「当日深夜、ワゴン車から警棒を持った警官が複数降りて貸別荘に向かって行ったんです。何事かと思いました。あの貸別荘はたまに全国各地のナンバーの車がずらっと並んでいたので不審に思ってはいましたが、まさか乱交パーティだったとは」


加藤容疑者のSNSより

防衛省は「(田渕容疑者は)隊員です」

人里離れた地で開催される全国大会は、参加条件も厳しかった。Aさんが言う。

「まず前提としてカップルでなければいけません。シュン&リンコの会はあくまでスワッピングパーティであって、単独での参加は無理。

参加費はカップル1組で1万円。40~50代のカップルや夫婦が多くて、士業とか医師とか社会的ステータスが高く、経済的にもゆとりある人が多かった。

基本的に素性を明かし合うことはないですが、雑談のなかで自然と見えてくる。主催者は自称自衛官と自称看護師と報じられていたけど、実際にその肩書き通りだったと思います」

シュンこと田渕容疑者について防衛省に聞くと、「自衛隊千葉地方協力本部に所属する隊員です。事実関係を検証した上で、厳正に対処していきたい」(陸上自衛隊朝霞駐屯地東部方面総監部広報室)とのことだった。


田渕容疑者の情報

その他にも様々な条件があり、参加のハードルが高かったからか、主催者2人は集った人々をしっかりもてなしたという。Aさんが振り返る。

「2棟分の宿泊費は20万円近く、加えてリビングには豪華な食事やお酒がズラリと用意されていました。参加費で元が取れていたとは到底思えません。

近年のパーティ界隈では、コロナ禍で稼げなくなった風俗嬢らが参加者1名あたり3万円取るような、営利目的の会がしょっちゅう開かれていました。

それを一日3部制で開催して荒稼ぎする連中もいて。そういう機運が摘発に繋がったのかもしれませんが、シュン&リンコは営利目的とは一線を画していた。警察も摘発するなら金目当ての悪質な会を狙ってほしかった」


加藤容疑者のSNSより

逮捕後、湖西署で事情聴取を受けている田渕容疑者と加藤容疑者。刑罰はどの程度になるのか。グラディアトル法律事務所の若林翔弁護士が解説する。

「一般的には、初犯であれば不起訴処分で終わることも多い。参加者は同種の前科がなければ不起訴処分となる可能性があります。主催者については前科や余罪等にもよりますが、略式起訴での罰金刑や起訴されて懲役刑となる可能性がある。

今回は全員が合意の上で参加していて外から見えない空間だったこともあり、公然わいせつが成立するのかという議論もありますが、被害者がいなくとも社会における健全な性秩序が害される行為は処罰されます」

伝統ある全国大会もここまでか。

[via:週刊ポスト]
https://www.news-postseven.com/archives/20220617_1765353.html

加藤容疑者のSNS

・Facebook

・Instagram


・Twitter

裏サイトで有名なカップル

主催者2人は、アダルト掲示板では有名な主催者だったという。田淵容疑者らの乱交パーティーの元参加者の男性が証言する。

「田淵は自らを『シュン』、加藤は『リンコ』と名乗っていました。シュンは結婚していたと思いますが、リンコは独身。

2人のプライベートでの肉体関係はわかりませんが、シュンは年齢もあってか“勃ち”が悪く、パーティーで2人がセックスしているのは見たことがありません。

アダルト掲示板のなかでは『熟カップル』というハンドルネームを使っていて、有名なカップルでした」


田淵&加藤容疑者がアダルト掲示板に掲載していたプロフィールの一部

アダルト掲示板にある2人のプロフィールを見ると、

「非日常空間…淫靡な空間…をこよなく愛する者です!

様々な趣味、趣向を癖として共有する人達と一緒にこの空間を無理なく、真のエロスとして楽しめたらと思います!」

という自己PRが記載され、加藤容疑者と思われる尻を突き出した女性など、卑猥な写真9枚が掲載されている。

田淵容疑者は元々別の女性と“パートナー”を組んでいたが、「金にケチすぎる」と言われ、そりが合わず解消。その後加藤容疑者と知り合い、新しい相棒として7~8年前から2人で乱交パーティーの主催を始めたという。

「2人は元々よくパーティーに出入りしていたのですが、雑司が谷の高級マンションを借りて、月に1回ペースで昼間から翌朝まで100人規模のパーティーを開くようになりました。

人の出入りはあるものの、同時に50人以上部屋にいるので、ドロドロの汗を早く流したいのにシャワー待ちの行列が凄かったのを覚えています。

マンションの契約が切れてからは、浅草の貸店舗を借りて同じような規模のパーティーを開催していました。徐々に手を広げていて、新宿・歌舞伎町の高級ビジネスホテルで20人ほどの少人数パーティーを開くこともありました」(同前)

コストを切り詰めるケチっぷり

多い時期は月に10回ほど、しかも少ないときでも数十人での“乱交”とはすさまじい性欲だが、田淵容疑者と加藤容疑者の目的はセックスだけではなかったという。

「パーティーを開催する2人の目的は、完全にビジネスです。アダルト掲示板やLINEの掲示板で大々的に参加者を募っていましたが、参加費は男性の単独参加が7000~1万円、カップルは5000円、女性の単独参加は無料。

『単独男性(1人参加の男性客、参加費が高い)を呼ばなきゃ金にならない』といつも言っていて、実際に男あまりのパーティーが多かった。

男女比は100人規模では7:3、小規模だと9:1ぐらいのことも。だから数人の女性の周りに男性が群がるような状態でした。部屋に入った客からシュンは『金!みかじめ料や!』と言いながら集金してまわり、財布はいつもパンパンでした」(同前)


アダルト掲示板に掲載していた田淵容疑者の写真

自称自衛官と報道されている田淵容疑者は、乱交パーティーでも年下の男性客に後片付けを命令するなど“体育会系気質”を発揮していたという。

「シュンは自衛官であることを自慢気に話していました。茂原市内の自衛隊施設で働いていると言っていて、『●●空挺団』と背中に書かれた黒いTシャツをよく着ていました。

乱交パーティーでも、なにかにつけて武器の話をしだし、『銃は持つと本当に重いんだ』と嬉しそうに話していました。上下関係をものすごく気にするタイプで、歳下の若い客には『お前ちょっとこい!』と完全な上から目線。

大人数では緊張して勃たない男性も多いのですが、フォローするどころか『クソ単(単独参加の男性のこと)』と呼び、『お前は出禁な!』とか『次は倍払え!』と威張り散らしていました。その一方で、年上の経営者にはペコペコしていましたけどね」(同前)

田淵容疑者の乱交パーティーへの思いは強く、“成り上がり”の手段でもあったようだ。

「彼はいつも『俺は日本一の主催者になる!パーティーに命賭けてんだ!』と口癖のように話していました。でもやってることと言えば、お金持ちの参加者に取り入って奢ってもらうぐらい。

経営者のお客さんに連れて行ってもらったお台場の高級ホテルからバスローブを持ち帰ってきて、自慢気に乱交パーティーで着ていたこともあります。それ以外の時はTシャツにジャージでしたが、パーティーの行き帰りはなぜかスーツでしたね」(同前)

加藤容疑者には頭が上がらず

ただそんな田淵容疑者も、パートナーの加藤容疑者には頭が上がらなかったようだ。

「パーティーはどちらかというとリンコが主導で、シュンよりも明らかに立場が上。リンコはサバサバした性格で、現場もいつも彼女が仕切っていました。

彼女に嫌われるとパーティーに呼ばれなくなるので、誰も文句が言えない状態でしたね。リンコが何か言うと、シュンは『わかったよぉ……』といつも従う感じでした。


アダルト掲示板に掲載していた田淵容疑者と加藤容疑者とみられる写真

躊躇なく突撃する「勇者」と呼ばれ…

リンコはAV出演経験もあったようで性欲が旺盛、年齢は重ねていますが若い男性にも躊躇なく突撃するので「勇者」と呼ばれ、その積極的すぎる姿勢がある種の尊敬を集めていました。

お気に入りの男性やAV男優がパーティーに来ると、真っ先に誘っていました。いつも『AV男優は勃ちが良いから好き!』と言ってましたね。

反対に勃ちが悪い男性のことは馬鹿にしていましたが……。ドレスのような派手な服を着ていることが多いので、逮捕時の白いワンピース姿ですぐに『リンコだな』とわかりましたよ」

静かな湖畔で一夜にして燃え、消え去った酒池肉林の大乱交パーティー。警察の捜査に対して、主催者の2人は容疑を認めているという。

[via:文春オンライン]
https://bunshun.jp/articles/-/55274

界隈で有名だった“しゅん&リンコ”

今回、公然わいせつほう助容疑で逮捕されたのは、主催者の自称自衛官の男性(54)と自称看護師の女性(51)、そして2人の客だった。主催者の2人は、界隈では知られた存在だったようだ。関係者がいう。

「2人は“しゅん&リンコ”というカップルとして有名でしたね。2015年くらいにやはり乱交パーティーで知り合ったと聞いており、新宿御苑のマンションの一室や錦糸町の一軒家で、定期的に乱交パーティーを開催していました。

ちなみに愛好家の間では乱交パーティーなんて直接的な言い方はせず、単にパーティー、と呼んだりします。2人の主催するパーティーは質が高いことで有名でした」

質が高いとはすなわち、参加者のクオリティが高いことを意味する。

「普通、こういう場では自分の身分などは明かさないものですが、しゅん氏の場合、自衛官であることは一部には明かしていました。鍛え上げられた身体であることの証明、いわば“売り”になるわけですから。

実際、彼はいいカラダをしていましたよ。それを目当てに女性たちが集まり、そして男性たちも集まっていった。彼は既婚者でしたが、パートナーのリンコはたしか独身で、風俗店勤務の経験の持ち主。

パーティー主催の収入があるから看護師は辞めたと聞いていましたが、報道では“自称看護師”とありますね。私の情報が古いのか……復帰したのかもしれませんが」

パーティーの参加者募集を大々的に告知すると摘発のリスクがあるため、口コミや信用での募集が基本。そういう意味で「100人規模のパーティーを開催できる“しゅん&リンコ”はさすが」(同)であるそう。

乱交パーティーと言っても、参加する全員が全員、愛好家というわけではない。

会場に集まった参加者が酒などを飲みつつ、徐々に行為が始まっていくというのが理想の展開だそうだが、きっかけがつかめずに「集団飲み会」に終わってしまうリスクもある。

それでは高額な参加費を払った男性客からのクレームを招きかねない(一般的に男性の方が参加費は高く、女性は無料の場合が多い)。

そこで主催者は、起爆剤となりうる「サクラ」をあらかじめ仕込んでおくのだ。“ある程度時間が経ったら、自分からお客を誘って”と。

その場合にサクラにもギャラを払う必要がある。往々にして、この支払いをめぐって主催者とサクラはトラブルになりがちだと、先の関係者はいう。

匿名の通報がきっかけだったと報じられている今回の摘発。界隈では、過去に金銭で揉め、主催者に恨みを持っていたサクラの通報では……と噂になっていたが、事実は少し異なるようだ。

通報者が語るリークした理由

「5月のゴールデンウィーク明けくらいに、浜松警察署に通報しました。『6月の11、12日に浜名湖近くのペンションで乱交パーティーをやるようですよ』と。名前を聞かれましたが答えませんでした」

こう証言するのは、中部地方に住まいのある40代の既婚女性Aさんだ。

彼女のいう「浜松警察署」というものは存在せず、浜松中央警察署なのか浜松東警察署など他の警察署なのか定かではないが、“5月にあった匿名の通報により摘発に至った”という報道とは一致する。

Aさんは“しゅん&リンコ”と直接の面識があるわけではない。ではなぜ、通報することにしたのか。

実はAさんはセクシー女優として人気を博した過去があり、一時期は高級性風俗店に勤務していた。引退した今は夫に隠れ、ギャラ飲みなどでお小遣いを稼ぐ程度だという。

「4月にギャラゴルフ(※金銭を受け取り客と一緒にラウンドを回る)をした50代の人から『6月に浜名湖で乱交パーティがあるんだけれど、行かない? ギャラ5万円出るから』 『進んで絡んでいく女性役をやってもらいたいんだけど』と電話があったんです」

つまりサクラの打診である。この50代の人物が“しゅん&リンコ”と繋がっていたということなのだろう。ともかく、この提案はAさんのプライドを傷つけた。

「一回しか会ってない、しかも一緒にゴルフしただけの男から、そんな電話が来たのが許せなくて。しかもゴルフのとき、私は過去のことは一切喋っておらず、“一般人”として会ったのに。

たぶん私の住んでいる地域から会場の浜名湖までのアクセスが良いことを知っていて声をかけたのでしょうが、もう、怒りしかなかったですね。

そもそも家族がいるから泊まり(でのパーティー参加)も出来ないし、一晩中、何人ともヤッてたったの5万円ですよ。なめてますよ。安いお金でなんでもやる女だと見られたことに、腹が立ったんです」

電話を受け、Aさんはすぐに通報した。

なお、事件が発覚した経緯については〈5月“末”にもたらされた匿名の通報〉(テレビ静岡)という情報もある。彼女以外からもタレコミはあったのだろう。

ともあれ、日本の性犯罪史に残るかもしれない事件が発覚したきっかけは、なんともあっけないものだった。

[via:デイリー新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2022/06181102/

ネットの反応

・バレるのって結局こういうことからなんだろな
・元セクシー女優の傷ついたプライドw
・なんだろう・・・何一つ同情できない
・そんなくだらない理由で…
・鼻糞みたいなプライドを持つ元AV女優に通報される。可哀想に…
・金額の問題なんだw
・ギャラ飲みなんかしてる分際でお高くとまってるな
・引退結婚後もやってんのかよ
 >結婚しても女買ってる既婚者なんてザラにいるじゃん
・色々と最低だな。
・マンコでしか稼げない売女が何言ってんだw
・既婚で金で男とゴルフしたり飲んだりしてんだから軽く見られるに決まってるだろ
・5万はセコすぎだろ
・高級娼婦として扱えってことだな
・売り物なのは変わらないんだから価格提示してやればいいのにな
・10万やったら良かったのか?
・建前だけでもちょっと気をつかうだけで女は喜ぶのにいきなり安物扱いするから蜂の1刺しにあう
・ただ金額で交渉不成立となっただけの話
・高けりゃいいってのも違う気がするけど中抜きされてんだろ
・まず、金額交渉から入らないと。
・今40代ならAVのギャラがかなり良かった時代だな
・もともと有名な女優らしいから参加者も数万プラスはいけるだろ
・乱交動画を見るけどほとんどの女がデブスなんだよな
・男117人相手じゃ休む暇なんかないよなそりゃ
・ギャラが高かったら問題なかったように見えるが
・自分の仕事を安売りはしない。プロフェッショナル意識だなw
・乱交って何がいけないんだ?いいじゃんねえ そういう趣味があったって
・パーティーの主催をしていた者です。参加者が多くなればなるほど、本来必要の無かった事(今回はサクラ)が必要になっていき、無理が生じ、気に食わない輩が出てきます。今回の通報だけで警察は動きませんが、ある一定量の通報があると、内偵→ふんじばられます。内定の段階で、個人の趣味の範囲内だとわかれば、それ以上の捜査はありませんね。サクラを投じなければ成り立たないパーティーなら、しない事です。

最強ビッチ大集合!数珠つなぎ乱交SEXパーティーvol.19「お姉さんよりエッチな友達紹介してもらえますか」

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事