COVERGIRL

HEADLINE

『高校教師』の遠山景織子(40)が苦手なグラビアを挑戦したワケ

1993年公開の映画『高校教師』での演技が評価され、ブルーリボン賞新人賞や日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した女優・遠山景織子(40)が、8月21日発売の『週刊ポスト』(9月4日号)で、大胆グラビアに挑戦している。

co20150825-1

グラビア撮影に挑んだときの心境を、遠山本人はこう振り返っている。

「『こんな女らしい表情ができたんだ』と撮り終わった後に写真を見て、自分でも驚きました。

胸が豊満でもグラマラスな体型でもないので、どこまで期待に応えられるのだろうか不安で、グラビアには苦手意識を持っていましたが、40歳になったのを機にグラビアに挑戦してみようと思ったんです」

家族がどう反応するのかという不安もあったという。

「私が肌を露出したグラビアに出れば中学生の息子が友達にからかわれるのではないか、それが気がかりでした。

だから、あらかじめ息子には『今度こういう写真を撮るけど、女優としてやる仕事なんだよ』と説明してきました。

息子は理解してくれたようで、撮影の合間に電話をしたら『順調に進んでる?がんばってね』と応援してくれたんです」

撮影ではセクシーな下着姿や、バックショットなども披露。

「撮影中に『おしりのラインがきれい』といわれて、自分の体にも少し自信が持てました。女性らしさって様々に表現できるんだなと改めて発見できました」

このグラビアを機に、女優としてさらなる飛躍が期待される。

◆遠山景織子(とおやま・きょおこ)
1975年5月16日生まれ。東京都出身。身長167cm。1990年にモデルデビュー後、1992年に『南アルプスの天然水』のテレビCMで注目を集める。現在は女優として活躍するほか、ナチュラルフード・コーディネーターの資格を活かした弁当のレシピ本『遠山さんちの明日のお弁当』(竹書房刊)が話題となる。

[引用/参照/続き:http://www.news-postseven.com/archives/20150821_344565.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事