COVERGIRL

HEADLINE

杉本有美が乳首の形を解禁!めっちゃエロくなってきたカラダなのに水着はラスト

女優の杉本有美(27)が、8月27日に最新の写真集「it’s me」(ワニブックス)をリリースする。その未公開カットが発売中の「週刊プレイボーイ」(集英社)に掲載され、露出度の高さが話題となっている。

同誌に掲載されたカットでは、後ろ姿でTバック状態のパンティに上半身裸というセミヌードや美乳の谷間を惜しげもなく見せつけるセクシーショットなどが満載。

co20160825-1

特に衝撃的なのは、ノーブラでタンクトップの上からバストトップの形がクッキリ浮かび上がっている写真。ヌード以上の妖艶さが感じられる一枚となっている。

これを目にしたネット上のファンからは「おお、乳首の形が…」「超美人なのにここまでやるとは」「やっぱり綺麗だなあ」「めっちゃカラダがエロくなってきた」などと絶賛の声が寄せられている。

だが、同写真集が「ラスト水着」と銘打たれているため、これが最後のグラビア作品になってしまうのではないかと危惧する声も上がっている。

「同誌には『水着でのグラビア作品は最後になると思います』という彼女の言葉が掲載されています。グラビア引退とも読み取れる文面ですが、逆に水着以外のグラビアは続けるという宣言にもとれる。

水着でないとすれば下着やセミヌード、もしくはフルヌードもあるでしょう。ラスト水着は残念ですが、今まで以上の過激露出が見込める可能性もあります」(アイドルライター)

杉本は小学生時代からジュニアモデルとして活動し、2006年に「三愛水着イメージガール」に選ばれたことをきっかけにグラビア進出。

抜群のルックスとスタイルで瞬く間にトップグラドルの仲間入りを果たし、各男性誌の表紙やグラビアを席巻した。当時は「杉本をグラビアに使うと雑誌が必ず完売する」という“完売伝説”が業界内で広まっていたほどの人気だった。

だが、その一方でどこか不遇なイメージがつきまとっているのも事実だ。

「昨年、前事務所を相手取って約2000万円の未払い分ギャラの支払いを求めて訴訟(同年に和解)を起こしたことが明るみになるなど不運な印象が強い。

グラドル時代も人気絶頂期に事務所が『表紙で水着はNG』などと雑誌側にうるさく注文を出し過ぎたために敬遠され、抜群の素材なのにグラビアからフェイドアウトしてしまった経緯があります。

全盛期のグラビア撤退は思った以上に痛く、その後のキャリアにも影響している。当時の事務所が戦略を間違えていなければ今よりもっと売れていたでしょうね。

ただ、多才な女性なので女優業も上手にこなしていますし、美貌はまったく衰えがない。この写真集をきっかけに再浮上を期待したいところです」(前同)

「ラスト水着」という大決断をしているだけに内容は誰もが期待せずにいられないだろう。杉本自身の大きな分岐点にもなると思われるだけに楽しみに作品を待ちたい。

[via:http://www.menscyzo.com/2016/08/post_12589.html]

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2017/06/19 19:33

    ヤングサンデーのころが一番天使だった。

  2. 2
    名無しさん 2017/01/11 14:44

    杉本「結婚すますた」

  3. 1
    帝王 2016/10/27 17:36

    杉本有美様抜群のスタイル自宅で、心ろ、ゆくまで、抱きしめたいです。蕩けて、失神するでしよう。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事