□ 日本シリーズ 微妙な判定に不思議な報道

2012年11月09日

日本シリーズは巨人が日本ハムを4勝2敗で下し、日本一となったが、今シリーズで最も物議をかもしたのは、巨人が王手をかけた1日の第5戦での"微妙な判定"だろう。

「問題の場面は4回表。日本ハムの多田野数人投手(32)が打者の巨人・加藤健捕手(31)に初球を投げると、加藤はもんどりうって倒れ込み、柳田球審は『ヘルメットに当たった』と死球の判定を下し、多田野に『危険球退場』を宣告した。日本ハムの栗山監督は猛抗議しましたが、たしかにVTRで見ても、加藤の身体に当たっているようには思えない」(スポーツ紙記者)

危険球の場面
危険球の場面

当然、この件は大々的に報じられたが、あるスポーツ紙のデスクは「『スポーツ報知』の報じ方が不思議だった」と語る。

「報知は読売の系列紙なのに、妙に加藤に対して厳しかった。各紙は『打者に当たったようには見えなかった』などと表現しましたが、報知は『当たっていなかった』と断定、"名演技"という見出しまで付けて斬っていた」(同前)

さらに驚いたのは、同じ見開きに掲載されていた桑田真澄氏のコラムだったという。

桑田真澄氏「桑田氏はもっとはっきりと『手にもバットにも当たっていない』『多くの野球少年たちが注目していることを考えると、スポーツマンとして残念でならない』と断罪していました」(同前)

この"珍現象"をベテラン野球記者がこう読み解く。

「加藤は人柄が良く、現場の記者に人気が高い。おそらく報知の記者は加藤を叩こうという気はなく、事実関係を淡々と書いただけでしょう。一方、桑田氏のコラムは結構踏み込んでいる。このコラムでは『加藤は、教えられてきたことをやったわけだから、責めては気の毒だ』とも書いていて、普通に読めば、巨人が演技するように教えているように取れます(笑)。

原監督桑田氏は退団前、原監督に『悪いようにはしない』と言われたのに2軍に置かれたまま音沙汰がなかったうえ、球団HPで退団を示唆したら、原監督から『順番が違う』と怒られた。以来、原監督と目も合わさないと言われます。将来の監督候補にも名前の挙がる桑田氏は、原野球を否定することで自分をアピールしようとしたのかもしれません」

げに恐ろしきは、人事の恨み!?

[週刊文春]
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2006

【関連商品】


コメント(33) | コメントする
【関連ワード】
プロ野球 日本シリーズ

【関連記事】
プロ野球の新人選手がゲイAVに出演疑惑!本人と球団は否定も・・・
楽天・星野監督、退任を決断したホントの理由と次期監督はデーブ!?古田!?
【プロ野球】オールスターは選手起用の縛りで火の車の舞台裏・・・出場選手を増やす?1試合でOK?
発表!!「夜のオールスター」!!球場外でも豪快に遊ぶセ・パ両リーグの人気スターたち
自民党が提言した『プロ野球16球団構想』に賛成!?反対!?球団増は悪くないが・・・漂う冷えた空気
ヤンキース・ピネダの松ヤニ不正投球問題から分かる日米の違いとは!?
プロ野球選手名鑑の楽しみ方、有名選手が「好きな女性欄」書かない理由
巨人・内海だけじゃない!!プロ野球選手のキャバクラ事情「アフターはホテルで密会」
年俸8億円でマー君残留厳命する三木谷オーナーvs過去最高額を用意するメジャー球団
やはり最後は「マー君」!!楽天を日本一に導いた功労者達の舞台裏!!

【このカテゴリの人気記事】
SPORTS[スポーツ]コメントランキング
SPORTS[スポーツ]アクセスランキング


コメント(33)
コメントする

■コメント(500文字まで)
*絵文字は表示できません。
*反映までに時間が掛る場合があります。
*コメント内容により削除される場合もあります。



ゴシップ > SPORTS[スポーツ] > 日本シリーズ 微妙な判定に不思議な報道
サイト内検索

GOSSIP BBS

TOPICカテゴリ

SCANDAL[スキャンダル]
TALENT[タレント]
TROUBLE[トラブル]
SPORTS[スポーツ]
OTHER[その他]
ADULT[アダルト]
CoverGirl[カバーガール]
………FREE………
GOSSIP!Twitter[@gossip_i]

GOSSIP!SINCE2002-