OTHER

HEADLINE

映画『アナと雪の女王』は裏テーマがヒットの要因か!?「ありのままの自分でいい」

大ヒット上映中のディズニー映画『アナと雪の女王』(以下、『アナ雪』)。公開から1カ月で観客動員数が約750万人を突破し、高い評価の口コミ効果も絶大で、ゴールデンウィークにはさらに客足が伸びそうだ。

アナと雪の女王
アナと雪の女王

そんななか、一部で噂され、話題を集めているのが”『アナ雪』の本当のテーマは同性愛”という説だ。

王女・エルサとその妹・アナの姉妹

確かに『アナ雪』には、これまでのディズニー映画とは大きな違いが数多くある。物語は王女・エルサとその妹・アナの姉妹が主人公というディズニー映画初のダブルヒロインだが、エルサは「プリンセス」という役割にもかかわらず、お約束であるはずの”お姫様願望”を持ち合わせていない。

さらに、触れるものをすべて氷にしてしまう力をもつエルサは、その魔法を隠すために人と接触せず引きこもり状態。これが、同性愛者が抱える葛藤と似ていることから「魔法=同性愛のメタファーでは?」と憶測する意見も。たしかにそう考えると、エルサが劇中に歌う『Letit go』に込められた”ありのままの自分でいい”というメッセージは、カムアウトの歌とも受け取れる。

実際、本国・アメリカでは、こうした見解がニュースメディアでも取り上げられるなどし、”子どもたちを同性愛者にさせようとしている””同性愛が露骨に表現されている”と非難する声も挙がったという。しかし結果は、『アナ雪』はアメリカでアニメーション映画として史上最大のヒット作に。これに対し、一部では同性愛をテーマにしたことこそが、ヒットの要因と見る向きさえあるほどだ。

結婚防衛法

同性愛をテーマにするとヒットする──。そのつながりにピンとこない人も多いかもしれないが、近年、世界では急速に同性婚認可が進んでおり、アメリカでは異性間にのみ結婚を認める「結婚防衛法」に違憲判決が下され、昨年だけでも南米ウルグアイ、フランス、ニュージーランドなどが、同性婚に関する法案を可決。

イギリスでも同性婚法

今年はイギリスでも同性婚法が成立した。さらに、同性愛カップルに異性間による結婚と同様の権利や保障を認めるパートナーシップ法を採用する国も増えている。そうした流れの中で、性的マイノリティと呼ばれるLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)は、ビジネスの世界でも”新たなマーケット”となっているのだ。無論、それは日本も例外ではない。

日本のLGBT

また、『日本のLGBT』(東洋経済新報社)によれば、日本におけるLGBT市場の経済規模はなんと6兆6000億円。化粧品市場の1兆4219億円、旅行市場の5兆9303円を上回る巨大市場だ。しかし、日本ではこれが”手つかず”状態なのである。

もちろん、その大きな原因はLGBTに対する法整備の遅れだ。04年に執行された性同一性障害特例法では、戸籍上の性別変更が可能になったが、レズビアンやゲイ、バイセクシュアルについては今もって「法的対応はゼロ」。「性的マイノリティの法的権利が認められていないのは、先進国では日本とロシアだけ」というのが現状だ。

マツコ・デラックス

少子高齢化、そして若者の消費離れ──飽和状態の経済界にあって、LGBT市場は魅力的に見える。だが、本書のインタビューでマツコ・デラックスは、

「今になって、ゲイでも何でも、物を買ってくれればよしとするのは、不景気が続いて、背に腹は代えられなくなったからではないか。そんな商売のやり方をしているから、日本企業は世界で勝てない」

…と、痛烈にこき下ろしている。

異性間の愛が自明であるかのように描いてきたディズニー映画のアンチテーゼとして、『アナ雪』はその歴史に大きな風穴を空け、社会現象となったのではないだろうか?LGBTをはじめとする多様な性のあり方、多様な愛のかたちへの理解は世界で広がっている。こうした潮流に日本が乗れない限り、その巨大市場のとびらが開かれることもないのだろう。[TOCANA]
http://tocana.jp/2014/04/post_4004_entry.html

■伊集院光「アナと雪の女王」を毒舌批判

3月に公開してから現在も大ヒットしているディズニー映画「アナと雪の女王」。

伊集院光

伊集院は、情報番組やワイドショーなどで、同映画が紹介される度に「吹き替え版で劇中の曲を歌う松たか子がすごい!アナ役の神田沙也加の声優力があなどれない!」という評価ばかりで「誰もストーリーを褒めていない」と気づいてしまったという。

そこで伊集院は、松たか子と神田沙也加が登場しない字幕版を選んで純粋にストーリーを鑑賞したそうだ。その感想は「こんな毒にも薬にもならない映画は久々に見た」「ディズニーCG映画の作り方という本があったとしたら、そこから一切出ることない感じのもの」と語っており、ストーリー自体は何の特徴もないようだった。ただ一点「雪のサクサク感がすごい!」と映像の描写には感激したという。[トピックニュース]
http://news.livedoor.com/article/detail/8786152/

【関連商品】



関連商品

コメント

  1. 10
    名無しさん 2014/05/01 21:19

    穴と雪の女王のレリ肛門をクンカクンカしたい

  2. 9
    名無しさん 2014/05/01 7:41

    だいたい社会現象を引き起こすくらいヒットすると言うことは、幅広い層が見るんだから、複雑で奇想天外なストーリーなんて期待する方がおかしいだろ。伊集院はどうしちゃったんだ

  3. 8
    名無しさん 2014/05/01 2:27

    「裏」テーマだっつのwww
    あからさまに同性愛題材にするわきゃねぇっしょ
    歌詞が同性愛のメタファって事でしょ

    観たけど同性愛ではないだろう…
    家族愛というか姉妹愛というか恋愛とは違う愛がテーマなのかと思ったけど
    ↑↑↑まじめか見たままじゃねーか

  4. 7
    名無しさん 2014/04/30 22:32

    連休、たまには映画観るかな。

  5. 6
    名無しさん 2014/04/30 22:31

    連休、たまには映画観るかな。

  6. 5
    名無しさん 2014/04/30 21:23

    観たけど同性愛ではないだろう…
    家族愛というか姉妹愛というか恋愛とは違う愛がテーマなのかと思ったけど

  7. 4
    名無しさん 2014/04/30 18:06

    まあストーリーはねぇ…
    期待してる奴など居ないだろう

  8. 3
    名無しさん 2014/04/30 17:00

    本当にそんな単純な分析で当たってるなら、誰でもヒット映画を作れるんだけどね(笑)

  9. 2
    名無しさん 2014/04/30 16:31

    この映画はつまらかった

    どの映画館でも、海外の恵まれない子供の寄付金とかいって 料金が上乗せされるから最悪だよ

  10. 1
    名無しさん 2014/04/30 16:25

    アナルと雪の女王って言うタイトルのAVをこないだ見たな。TSUTAYAで

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事