OTHER

HEADLINE

坂上忍 SMAP中居を人間的に嫌いと告白も「飲みに行く」中居「行かないです」

「痛快な毒舌」で各局バラエティに引っ張りだこの坂上忍(46)。『笑っていいとも!』の後番組『バイキング』では月曜日のMCに大抜擢され、初回から酒に酔って出演したことが話題になった。そのときの反応について坂上は次のように話す。

坂上忍
坂上忍

「うーん、その程度で驚かれるという感覚がないんですね(笑)。テレビというか、雑誌を含めて、あってもなくてもいい商売だと思っているんです。せっかくそんな世界で働いているのに、やんちゃできないっていうのが、いちばんの問題。あんま悪さができなくなっている。だからボクみたいな許される限界の”ギリ”な発言をするのが、珍しがられているのかも」

“ウソの自分を作り上げる”のが役者だが、こうしたやんちゃぶりを含めて、バラエティ番組では限りなく「100%に近い正直な自分」を出しているのだとか。

「いやぁ、こう見えても、ボクは空気は読みますよ。優しくはないけど(笑)。でも迎合ばかりがいいわけじゃない。たしかに若くて経験がないときは、先輩を黙って観察して、いい悪いを判断する時期。それを経て、ボクは40歳を過ぎたころから、いろいろ割り切るようになりました」

坂上忍の幼少時代

46歳にして、芸歴43年。坂上にとって「40歳」というのが、大きなターニングポイントになったようだ。

「『なんで今さら後輩に気ぃ使わなきゃいけないんだ』って(笑)。年齢というのは、年下からは絶対に追い越されませんから、そこは自慢していいと思うんですね。生き抜くって大切なことですから」

『自分が正しい』と思ったことを言い切る自信を持てば、後輩からどう見られようが、嫌われようがかまわないのだ。

「いろんな感じ方があるわけですよ。自分らしくいればいい。『素敵だな』『嫌いだな』と感じるのは、自分じゃなくて他人ですから。ほどよく気を使って、優しくして、やんわり厳しくしてって横並びになると、たとえばバラエティ番組の作り手だって、何が面白いコメントなのか選択できなくなるじゃないですか。いろんな価値観を与えるのも、先輩の仕事だと思うんですね。それが『むかつく』だったり『ウザい』でもしょうがない(笑)」[女性自身]
http://jisin.jp/news/2632/7149/

■坂上忍が子役に伝える”悪知恵”

「痛快な毒舌」で各局バラエティに引っ張りだこの坂上忍(46)。いっぽう、140人の子供が所属する子役スクールで、直接指導もこなしている。そこから見えてきたものとは――。

坂上忍のアヴァンセ子役スクール
坂上忍のアヴァンセ子役スクール

「ボクが子役時代、すごく怖い監督がいたんです。きつい批判もされて落ち込むこともあったけど、『ああ、この人は見ていてくれるんだ』っていう安心感につながるんです。自分なりに『ここをちょっと工夫してみよう』って演技しても、何も気づいてくれないと、怒られるより寂しいですから。だからスクールでは子供に対しても、一役者として向き合って真剣に怒る。”ちゃんと見続ける”ことが、大人の責任ですから」

どんなにテレビの仕事が忙しくても、子役スクールのレッスンには必ず参加するし、坂上自信が脚本、演出を手がけて子供たちの舞台を用意する。全員に少しずつ役を与えるようなことはしない。そういった厳しさも、子供たちには知ってほしいという。

「よく子供たちには『オーディションには、10回行ったら9回は落ちるよ』と言っているんです。9回傷ついて、やっと1回、ささやかな喜びのために頑張れるなら頑張りなと。子役に限らず、子供のうちにたくさん傷ついたほうがいいと思うんです」

子供たちの親と接してみても、子供が傷ついたり落ち込む姿を見たくないという親が多いという。

「親は子供を守ることは絶対にしなきゃいけないんだけど、子供って親が思うより弱くない。ちゃんと不自由も与えたいと思うんです。生きていくのは、不自由と理不尽の繰り返し。その子が耐えられる範囲で理不尽をちゃんと与えることも、大人になるためには必要なことだと思うんです」

逆に子供をほめてばかりでいると、大人に媚びる子供になってしまう。大人ばかりでなく、子供も空気を読むことに敏感になるのだ。

「大人に取り入ろうと、営業スマイルであいさつをしてくる子役がいるんですけど、『無愛想でもいいから、自分から素朴にあいさつしておきゃあ、気持ち悪い営業スマイルより好かれるぞ』って、悪知恵を入れています。子供って大人に媚びる必要はない、大人に迷惑をかけてなんぼという生き物だと思うんです」

親の仕事は、子供を幅のあるところで自由に遊ばせて、”はみ出たところ”だけ戻せばいいのだという坂上。熱愛が発覚して、結婚にも注目が集まるが、自分の子供はどう育てたいと思っているのだろうか。

「いやぁ、つくる予定はないですけどね。男だったら……、いやぁ、めんどくせぇな〜(笑)」[女性自身]
http://jisin.jp/news/2632/7148/

■SMAP中居正広が人間的に嫌い

中居正広

俳優坂上忍(46)が5日に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」に出演。SMAPとの共演経験を振り返り、その際SMAP中居正広(41)を人間的に嫌いになったと告白した。

坂上は、1990年代にテレビ東京系「愛ラブSMAP!」でSMAPメンバーたちと草野球をしたときに「中居君が人間的に僕は嫌いになった」と明かす。「めちゃめちゃ冷たくて、なんの目も合わせなかったから」と中居を責めた。「俺も負けずに『じゃあ俺だって(目を)合わせねぇぞ!』って思ったんです」という言葉に中居は苦笑。「共演者の人とうまくコミュニケーションがとれないって感じ、多分今もあると思います」と弁解していた。

すると坂上は、「僕も同じですね。しゃべらないです」と同意。なにか通じ合うものを感じたのか、「飲みに行く?」と中居を誘った。しかし、中居は、「飲みには行かないです」とキッパリ拒否。人見知り同士では和解もなかなかスムーズにいかないようだ。[nikkansports]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140507-1297401.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 6
    名無しさん 2014/05/14 21:14

    坂上の鼻セレブが好きな肛門をクンカクンカしたい

  2. 5
    名無しさん 2014/05/10 11:30

    そこまで言い張るなら番組おもしろくして

  3. 4
    名無しさん 2014/05/10 5:11

    発達障害の僕は否定揶揄非難批判疎外ばかりのガキ時代を過ごしたせいで、今やすっかり自尊心が低くなりました。アーメン。

  4. 3
    名無しさん 2014/05/09 23:43

    演技なんて正解の無い物、感じ方も人それぞれなのに高い金払って指導受けるのは何故?

  5. 2
    名無しさん 2014/05/09 21:44

    今回は坂上と意見が一致する。今のガキは否定されることに慣れてないから弱すぎる。もっと逞しく育てないと生きていけない。

  6. 1
    名無しさん 2014/05/09 19:02

    開き直り 第二章 w

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事