OTHER

HEADLINE

『ヨルタモリ』にガッカリ!?酷評の嵐も、タモさんからメッセージ?謎の暗号が話題

『笑っていいとも』終了後のタモリのフジテレビ復帰が図られた『ヨルタモリ』(日曜、午後11時~)、どうやら視聴者からの評判がよろしくないようだ。

ヨルタモリ
『ヨルタモリ』は19日にスタートし、宮沢りえがママに扮するバーに客としてタモリとゲストが訪れる趣向の番組。

初回は作曲家の大友良英と能町みね子がゲストで、タモリがフラメンコ歌手やハエになりきるなどかつてのアングラ芸風が披露された。

こんなタモリの姿に、「久しぶりに生き生きしてるタモリが見れて良かった」と1980年代の伝説番組『今夜は最高!』(日本テレビ系)を懐かしむ声も挙がった。

が、多くは批判の声が寄せられ、今後難航しそうなスタートとなった。

「同局の亀山千広社長は、9月の会見で、秋の新番組について『目玉はタモリさん』と答える気合の入れようだったものの、初回視聴率は6.6%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)でした。

亀山社長は、タモリには『ある種のマニアック性を発揮していただけると思う』と話していましたが、シュールな笑いは好みが分かれたのか、ネット上では

『クソつまらない』
『半年もたないな』
『目玉とか言ってた「ヨルタモリ」がこれじゃダメだろ』

と、バッサリ斬られています。

9月まではKinKi Kidsの『新堂本兄弟』が放送されていた枠ですが、前番組は通常7~8%台は稼いでいただけに『堂本兄弟終わらせてまでやるほどの番組?』『堂本兄弟返して』という声も上がっていました」(芸能ライター)

[引用/参照:http://www.cyzowoman.com/2014/10/post_13909.html]

□ トークショーとして成立していない!?

ネット上でも多く書かれていますが、この番組を不安定なものにしているのは、番組の軸となるトーク部分を「フィクション」の空間にしているから。

トークというリアルなものをフィクションで成り立たせようと思ったところにちょっと無理が……。オープニングタイトルに、「Fake? Real?」と書いてあったので、そこをウリにしたいと思ったのかもしれないのですが、トーク部分をフェイクにした瞬間、寸劇となり、トークショーは成立しません。


ヨルタモリ 初回


タモリさんは大阪の社長、宮沢りえさんはバーのママ。ゲスト2人はご近所さん。でも、みんな何だか居心地悪そうなのです。どんな役を演じたらいいのか、何を話したらいいのかもわからず、学芸会をやっている感じ。

タモリさんだけが独特の世界観を醸し出す中、奇妙なトークがダラダラと続き、エンディング。あれ、ゲストのふたり、何、話したっけ?放送終了後、そう思った視聴者もいるのではないでしょうか。

トークショーなのに、話の中身がまったく頭に入ってこない。出演者に気を遣うスタッフの笑い声だけが印象に残った寸劇ショーでした。

視聴者の方がネットでコメントしていたように、フィクションのコントショーとして見ても、この部分は中途半端。どうせなら、ちゃんとした台本を作って、トーク部分もタモリさんのコアファンを満足させるように振り切ってほしかった。

タモリさんが、日本エレキテル連合の”小平市の細貝さん”に見えてきて、「タモリさんが”細貝さん2号”になって、”細貝さん”と”未亡人朱美ちゃん3号”と共演したら面白いだろうな」と妄想しながら、見ておりました。

[引用/参照:http://toyokeizai.net/articles/-/51129]

□ 謎の暗号 タモリさんからメッセージ?


ヨルタモリ 井上陽水

先日始まったタモリさんの新番組「ヨルタモリ」。ネット上では、タモリさんの後ろに映ったスタジオのセットが話題になっています。なにやら国旗のようなものが並んでいますが、これにはメッセージが隠されているようです。

題になっているのは、女優の宮沢りえさんがママとして開いているお店の壁です。

小さな国旗のようなものが何枚も貼ってあります。どうやらこれは「国際信号旗」と呼ばれるもののようです。

国際信号旗とは、船同士や船と港が様々な信号を伝えるために使うもの。それぞれの旗がアルファベットや数字に対応しています。

壁の旗を読み解くと、このようなメッセージが出てきました。

ITSUKA
MATA
NUMAZU
DE

「いつか また 沼津 で」

これには「タモリカップ」と呼ばれるヨットレースが関係しているようです。

静岡県沼津市のマリーナの一つにヨットを所有していたことから、タモリさんが呼びかけて始まった大会です。

例年、沼津で開催されてきたこのレース。

ここ数年は参加者が増えたことなどから、横浜と福岡で開催されています。

つまり、「いつかまた、沼津でタモリカップを開こう」というタモリさんからのメッセージなのではないか、と話題になっているのです。

フジテレビの広報に聞いてみました。

「番組のセットは、ディレクターと美術担当がコンセプトに合わせてこだわり抜いたものです。国際信号旗の件については、ご想像にお任せします。次回以降は変わるかもしれないので、そういった点も楽しんでいただければと思います」

見事にかわされてしまいました。

[引用/参照:http://withnews.jp/]


ヨルタモリ 宮沢りえ

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2014/10/28 22:43

    あのタモリさんが易しい番組を作るわけがなかろうに。

  2. 1
    名無しさん 2014/10/27 18:35

    俺は一世を風靡した亀山さんだぜ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事