OTHER

HEADLINE

『宮崎駿作品集』購入者にASKA楽曲収録お宝作品「On Your Mark」の特別ディスクを無償配布決定

スタジオジブリは10月27日、7月に発売されたBlu-ray Disc/DVDのBOXセット「宮崎駿監督作品集」(発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)購入者に、CHAGE and ASKAの楽曲をベースにした短編映画「On Your Mark」を収録した特別ディスクを無償で配布すると発表した。


宮崎駿監督作品集


ASKA逮捕を受けて収録を断念していたが、ジブリが独自でディスクを配布することにした。

「On Your Mark」は、CHAGE and ASKAの楽曲「On Your Mark」のミュージックビデオ。宮崎駿監督作品集には当初、「On Your Mark」を映像特典として収録する予定だったが、発売直前になってASKAが覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。

鈴木敏夫プロデューサー名で発表された告知によると、ジブリはそのまま発売を考えてディズニーと協議したが、「時間的制約もある中、諸事情を考慮した結果、反社会的行為に対して厳正な処置を以って臨むべきとする発売元の判断に沿って」収録を断念したという。

だが、「この作品を世に出したい、作品集BOXを購入してくれた方に届けたい」というジブリの考えは強く、改めて検討した結果、「On Your Mark」だけを収録したBlu-ray DiscとDVDの特別ディスクを製造し、購入者のうち希望者に1枚無償で配布することにした。

配布はジブリが独自に実施する形だ。「ちょっと変則的な形ですが、どうかご理解下さい」としている。

ディスク希望者は、宮崎駿作品集に同梱されているアンケートハガキ右下の「購入証明」を市販のハガキに貼り付け、必要事項を記入して事務局に送れば、ディスクの用意ができ次第発送する。

BD BOXを購入した人にはBD版を、DVD BOXを購入した人にはDVDを発送する。申し込み受け付けは来年10月31日まで。

[引用/参照:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1410/27/news073.html]

□ On Your Mark

On Your Mark
元々はCHAGE and ASKAが1995年 – 1996年にかけて開催したコンサートツアー「SUPER BEST3 MISSION IMPOSSIBLE」の中で、演出の一環としてコンサート会場で上映されていた。

これは、PVを制作する際にASKAからアニメーションでやってみたいと持ちかけ、それならばと宮崎作品のファンであったCHAGEが提案したアイデアだという。

監督によると、タイトルや歌詞をあえて曲解し悪意に満ちた映画に仕立て、いつか来る未来に生きるということをイメージして制作したという。

『耳をすませば』の上映前に6分48秒(本編は6分37秒)の短さで上映された。あまりの人気ぶりに当時、長編化の打診もあった[6]ほどだが実現はしておらず今後もその予定はない。

後にVHSやLDに収録されて発売されたこともあるが、今日では販売されていない(CHAGE&ASKAは後にレコード会社を移籍している)。

2005年11月16日発売のジブリ短編作品を集めたDVD『ジブリがいっぱいSpecial ショートショート』に収録されたのが初DVD化で、計6パターンが収録されている。

その実態は「ジブリ実験劇場」という副題が示すとおり、実験的な映像を曲に合わせて切り貼りした物の様である。VHSに収録されていた「ライカリール」も映像特典として収録。

[引用/参照:「On Your Mark」 Wikipedia]

【関連商品】Blu-ray & DVD

<セット内容>
本編ディスク11枚+特典ディスク2枚 計13枚
解説ブックレット付
デジパック仕様

<収録作品>
●『ルパン三世 カリオストロの城』(劇場初監督作品)1979年製作
●『風の谷のナウシカ』1984年製作
●『天空の城ラピュタ』1986年製作
●『となりのトトロ』1988年製作
●『魔女の宅急便』1989年製作
●『紅の豚』1992年製作
●『もののけ姫』1997年製作
●『千と千尋の神隠し』2001年製作
●『ハウルの動く城』2004年製作
●『崖の上のポニョ』2008年製作
●『風立ちぬ』2013年製作
※『ルパン三世 カリオストロの城』:最新HDマスターを使用したデジタルリマスター版。

<特典ディスク1>
●『ユキの太陽 [パイロットフィルム]』1972年製作(約5分)
※テレビシリーズ企画用の短編。宮崎駿監督が全編にわたる演出、絵コンテを手がけた記念すべき作品。
●『赤胴鈴之助 [第26話・第27話・第41話]』1972~1973年製作(約73分)
※テレビシリーズより、宮崎駿監督が絵コンテを手がけた3話を収録。

<特典ディスク2>
●宮崎駿監督引退会見 ノーカット版(約95分)
※2013年9月6日に行われた宮崎駿監督の引退会見の模様をノーカットで収録。

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 4
    名無しさん 2014/10/30 10:19

    宮崎の引退するわよ詐欺も、はや5回目かぁw

  2. 3
    名無しさん 2014/10/29 20:55

    ↓長文を簡単にまとめるとアカサカと同じ意見

  3. 2
    名無しさん 2014/10/29 18:06

    宮崎駿って…あの竹島は日本と韓国で共同管理すればいいとか意味不明な主張を繰り返す残念な老害でしょ!?
    頭の中がファンタジーな人間が政治的な発言すると現実が見えてないから変態がバレる。
    あげくのはてには韓国の新聞に宮崎駿の引退は日本の右傾化に失望したためと書かれる。
    よっぽど韓国に愛されてないと、そんな論調で韓国の新聞に引用される訳がない。
    どれだけ過去に韓国側の主張を日本国内外で繰り返してきたかってこと!
    たまにアホな宮崎駿信者が日本が韓国と国交断裂するとオタクが好きなアニメやジブリ作品が日本で見れなくなると力説するが、要は絵コンテなどの仕事の一部を外部発注という形で韓国企業が請け負っているだけで、仕事内容は別にどこの会社でもできる。
    結果的に韓国なんざ関係無い。
    むしろ日本企業でもできる仕事をなぜ韓国企業に委託していたのか?の方が気になるね。日韓通貨スワップも存在してたんだから韓国でやった方が安く仕上がるって訳じゃないし。
    まぁ老後は大好きな日本の元植民地で暮らしてください。間違ってもルーピー鳩山のような引退しても尚、国益を損ずるようなゴミクズにだけはなっちゃダメですよ!

  4. 1
    名無しさん 2014/10/29 12:54

    調子こいてんなよ宮崎

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事