OTHER

HEADLINE

ドルチェ&ガッバーナ「体外受精は人工的赤ちゃん」発言にセレブたちの間でボイコット&不買運動が拡散中!

イギリスの歌手エルトン・ジョンが15日、イタリアのファッションブランド、「ドルチェ&ガッバーナ」の不買運動を呼びかけ、波紋が広がっている。創業者が体外受精(IVF)などを批判した発言に猛反発したもの。



エルトン・ジョンとパートナー



ゲイであることを公言している「ドルチェ&ガッバーナ」の創業者、ドメニコ・ドルチェは、このほどイタリア誌インタビューを受け、ゲイカップルにつきこう語った。

「ゲイカップルが子供を養子にすることには、反対だね。」

「家族と呼べるのは、伝統的なファミリーのみ。化学に頼って作る子孫や代理出産はダメ。」

「そういう子達は人工的赤ちゃんさ。子宮は借り物で、精子はカタログから選ぶんだから。」

これに対し去年、男性パートナーと結婚し、代理母を通じて息子をもうけたエルトン・ジョンが激怒した。

「私の美しい子どもたちを『人工的』と呼ぶとはどういうことか」

「そうした古い考えはあなた方のファッションと同様、時代にそぐわない」

「体外受精は、ゲイだろうがストレートだろうが子供を持ちたいと願う愛ある人々の夢を叶えてきたんだ。お前達の考え方は古臭い。お前らのファッションそのものだ。僕はもう二度と”ドルチェ&ガッバーナ”は着ない。#ドルガバをボイコットしろ」

とインスタグラムに記し、「ドルチェ&ガッバーナ」の製品を身につけないよう、インターネットを通じて呼びかけた。


ドルチェ&ガッバーナ
ドルチェ氏(左)ガッバーナ氏(右)


この事態を受けて、やはり同性愛者で2005年まで長期にわたって交際していたドルチェとステファノ・ガッバーナは、偏った見方をしているのは自分たちではなくジョンさんの方だと反論した。

ドルチェは、自分は体外受精容認派ではないという自身の発言は、他の人々の選択を非難するものではないと訴えた。

「私はシチリア(Sicily)島に生まれ、母1人と父1人、そして子どもたちからなる伝統的な家族の一員として育った」

「私はそんな環境で育ったというだけで、私が異なる環境を容認しないということではない。私個人の見解を述べただけであって、他の人々の選択や決断についてとやかく言うつもりはなかった」

と釈明したが、ガッバーナの怒りは収まらなかったようで、エルトン・ジョンのインスタグラムのページに、

「これが異なる意見をリスペクトする態度なのか? #fascist(ファシスト)」や「#boycotteltonjohn (エルトン・ジョンをボイコットせよ)」

といったコメントまで投稿した。ただそれらのコメントは後に削除され、16日に冷静な批判を展開した。

「こんなことは予期していなかった。エルトン・ジョンのような知的だと思っていた人からこんなコメントが出るとは。知的だと『思っていた』人と強調しておく」

「つまり理解と寛容を説いておきながら、他人を攻撃するなんて?」

「違う意見を持っているというだけの理由で?これは民主的な、あるいは賢明な考え方だろうか?いやこれは無知というものだ。他人は違う意見を持っているかもしれないが、他人の意見も自分の意見同様に尊重すべきであるという事実を無視している」

「物事の権威主義的な見方だ。同意してもらいたい。さもなければ私はあなたを攻撃する」

さらには騒動を知った多くのセレブ達も参戦。

コートニー・ラブ

「今、ドルチェ&ガッバーナの服をかき集めたところ。全部燃やしたい。言葉を失ってるわ」

シャロン・ストーン

「閉鎖的な考え方に激怒するのは時間の無駄。愛がなくなった場所に愛を注ぐことに時間を使いましょう。D&Gをボイコットします」

リッキー・マーティンと息子たち
ゲイで代理母が産んだ子供を育てているリッキー・マーティンも「目を覚ませ、今は2015年だぞ」と皮肉たっぷりに書きボイコットを呼びかけている。

D&Gのアンバサダーを務めたこともあるビクトリア・ベッカムは

「エルトンとデヴィッド(エルトンのパートナー)、ザッカリーとイライジャ(エルトンの2人の子どもたち)、それと体外受精で生まれた全ての赤ちゃんに愛を送ります」とエールを送っている。

他にもインスタグラムにもドルチェ&ガッバーナの発言を批判するコメントが続々と書き込まれており、「2人で謝罪しろ。後は服作りに専念するべき」という痛烈なものもある。

英紙テレグラフによれば、このセレブたちの間で広がるボイコットの声に対し、ガッバーナは「我々は民主主義と表現の自由を信じている」とコメントし、ドルチェは「僕は自分の個人的見解を述べただけで、他の人々の選択や決断を批判したわけではない」と語っている。

[引用/参照:http://news.mynavi.jp/news/2015/03/17/613/]

[引用/参照:http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/afpbb_3042670]

【関連商品】



コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事