OTHER

HEADLINE

担当編集者が暴露『タッチ』和也の死に隠された裏話

7月19日に放送されたTBSラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』で、漫画雑誌の「週刊少年サンデー」の編集長が出演、あの人気漫画『タッチ』に隠された裏話を語り、話題となっている。

番組では「週刊少年漫画誌応援企画」を開催、そこに「週刊少年サンデー」編集長の市原武法氏がゲストで出演した。

o20150724-1

もともと”サンデー子”だった市原氏は、入社してからあだち充を11年ほど担当、『タッチ』が大好きで、「あだち先生を担当するのが夢で入社しました」と語る。

爆笑問題の田中が、「それこそ『タッチ』で言ったら、いわゆるカッちゃん(上杉達也の双子の弟・上杉和也)が死ぬっていうのは、マンガ史の中でも最大の一つの大きな出来事でしょ」と発言。

太田も「あだち先生のあの雰囲気のマンガであれはないよな。『あしたのジョー』が死ぬとかなら分かるけど」と当時の衝撃を語った。

続けて田中は、「カッちゃんが死ぬっていうのはあり得なかったわけ。その前のあだち充さんのマンガも当然読んでるし、全体的にラブコメで面白かったり、楽しかったりすることが多いから」と語り、あの回について当時の様子を質問した。

市原は、「あれは僕の恩師が担当してたんですが、実は、『タッチ』が始まる前から(死ぬことは)決まっていたんですね」と告白。

「でも当時の編集長は知らなくて、亡くなる前回の引きのところで、亡くなってるんじゃないのか?っていう引きなんですけど。

その時編集長が、『まさかこれ、死んでるんじゃねぇだろうな?』と」、当時は編集長も知らなかったと語った。

それには太田も田中も「編集長全く知らないんだ。俺らと一緒だったんだ(笑)」と大爆笑。

市原は続けて

「編集長が『もし死んでるんだったら、載せねぇからな』って言ってて。なので、『死んでるわけないじゃないですか!』と編集者は言ったんです。

それであだち先生の原稿が上がって、校了紙(編集者がチェックする紙)を編集長の机の上に置いて、2日間いなくなったらしいです、直せないように(笑)」

と無理やり強行した衝撃の事実を暴露。

この事実に太田と田中は、

「編集長も『死んでんじゃねぇかよ!」って(笑)」(太田)、
「いやーすげえ話だ。そんなことあったんだ」(田中)

と驚きを隠せず大興奮。思わぬ事実にネットからも「すごい話だなw」「編集者、エライ!」「当時は本当に衝撃だったもんな」など様々な声が上がっている。

[引用/参照/全文:http://news.aol.jp/2015/07/21/nichiyou/?ncid=jpYNetaFB]

o20150724-2

ネットの反応

・編集長なんだから独断でその週 オトせばよかったんじゃない?
・独断で落としたら作家のご機嫌を損ねるかもしれんだろ。掲載をやめるにしても根回しと説得の時間は必要だろうし。それすらさせずに印刷へ回すしか選択肢を残さなかったってことじゃね。
・なんだ裏方の話か… 物語上の何かがあるのかと思た
・殺さずにどうやって話進めるんだよ 嘘くさいな
・和也から達也へのバトンタッチだからタッチなんだっけ?
・そもそも死なないと達也にタッチできないもんね
・ジャンプだったら死ななかったか生き返るだろうしまだ連載続いてただろ
・もし関西の高校野球部の物語だったら題名が「タッツ」だった 達也が「たっつん」だからな うそだけど
・南ちゃんは同性に嫌われるヒロインナンバーワンだったな 今なら理由わかるわ
・大人になってからこのマンガで思うことは、南ちゃんは結構ズルい女だなということ;
・お笑い芸人のタッチのどっちかが死んだのかと思ったじゃん・・・w 漫画の話かよ
・和也が消えなきゃまとまらないストーリーだったもんな
・当時リアルタイムで読んでたけどそんなに衝撃ではなかったな そもそも和也の存在ジャマだったし
・かっちゃん生きてたら後半の展開は成り立たないから最初から決まってたってのは納得
・編集長も毎週楽しみに読んでたんだなw
・ウソみたいだろ

関連キーワード

コメント

  1. 2
    名無しさん 2015/07/28 11:44

    >>ジャンプだったら死ななかったか生き返るだろう
    ↑ここ笑ったw

  2. 1
    アカサカサカ 2015/07/24 22:58

    甲子園なんてオナ禁しないと無理だからね。甲子園なんて幼なじみとパコッてたら無理だからね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事