OTHER

HEADLINE

カトパン フリーへ大どんでん返し!?ホテルオークラで極秘密会した相手とは・・・

一度は収束したトップ女子アナの去就問題。しかし、事態は、絶対権力者の登場をもって再び動き出した!

7月15日のスポーツニッポンの報道によって巻き起こった、フジテレビのエース、”カトパン”こと加藤綾子アナ(30)の”9月末退社騒動”をご記憶だろうか。

同日に行われた定例会見で、亀山千広社長が

「10月1日に番組を見ていただければ、加藤はいつものようにフジテレビのアナウンサーとして座っていると思います」

と、退社報道を完全否定したことで騒動は収束。

そして実際、その10月1日、カトパンは『めざましテレビ』のメインMCとして、いつもと変わらぬ笑顔を見せていた。

o20151013-1

しかし、あるフジ関係者が、こう明かすのだ。

「加藤の退社の決意は、ほぼ固まっているようです。記事になった7月の時点で、退社後の所属先候補となる複数の芸能プロと接触を図っており、その関係者から情報が漏れ、スポニチが報じることになった、と。大きく報道されて騒動となったことで、先延ばしになっただけで、退社は既定路線といわれています」

だが、そんなカトパンを悩ませているのが、亀山社長の会見での発言の数々だ。

o20151013-2「”9月30日(に退社)とか『めざまし』を辞めるとか、来年の春とか秋とか、そういうこともありません”とまで言いきり、”辞めるんだったら僕に一番最初に相談すると約束している”と加藤との強い信頼関係をアピールしたんです。これで少なくとも、彼女は来年の冬までは退社できなくなってしまったでしょうね……」(前同)

視聴率低迷にあえぐフジテレビ。人気者のカトパンの流出はなんとしても阻止したいと、亀山社長が先手を打ち、彼女の動きを封じたのだろう。

しかし、どうやらカトパンも、このまま黙っているつもりはないようだ。先日、都内の高級ホテルで、こんな姿が目撃されていたというのだ――。

「加藤アナと、フジの日枝久会長(77)が、虎ノ門のホテルオークラのバーで会っていたというんです。

同僚の女子アナも1人いたそうですが、店員にも内容を聞かれないようにとコソコソと声を潜めて話し合う様子は、まさに”密談”といった雰囲気だったそうですよ……」(芸能プロ関係者)

o20151013-3日枝会長といえば、言わずと知れた”フジテレビのドン”。1988年に社長に就任して以降、27年間にもわたってトップの座に座り続けてきた御仁だ。

「01年に日枝氏が会長に就任して以降、亀山氏で社長は3人目ですが、会長の席が揺らぐようなことは微塵もない。それどころか日枝氏は、ニッポン放送などを子会社化し、年間約6500億円を売り上げるまでになった巨大メディアグループの頂点に、08年から君臨しています」(スポーツ紙記者)

会長個人の財力も圧倒的。毎年1億5000万円を超える役員報酬を手にしているのだ。

前出のフジ関係者はいう。

「まぁ、ひと言で言えば、絶対的な権力者ですね。その影響力は絶大で、会長のお気に入りの番組は、どれだけ視聴率が悪かろうが終わらない。

また人脈ももの凄く、日本のトップ安倍首相とも太いパイプを持ち、たびたびゴルフや会食を重ねています。そして、その会食場所に用いられるのが、ホテルオークラなんです」

日枝会長が重要な”密談”を行う場所、ホテルオークラ――。

「そんな所で、さらにこのタイミングで、加藤アナと日枝会長がコソコソしながら話すことといえば、退社の話しかないでしょうね」(前出の芸能プロ関係者)

実は、カトパンは入社直後から、日枝会長にかわいがられていて、その関係は亀山社長よりもずっと深いものがあるという。

「亀山さんは会見で加藤との親密さをアピールしましたが、今や両者の関係は冷え切っているといいます。

彼女は、『めざまし』で早朝から働いているにもかかわらず、亀山社長によって夜にスポンサー企業との接待の場に駆り出されることがままあったそうです。そうしたことへの不満を、彼女は周囲に露骨に漏らしたこともあったと聞いています」(フジ関係者)

退社の希望を取り合おうとしない亀山社長の態度に痺れを切らし、絶対権力者である日枝会長に泣きついた、ということなのか!?

「加藤にしてみれば、強硬な態度の亀山社長を牽制する意味でも、この時期の日枝会長への接触はとても有効だったはずです。一気に事態が動き出す可能性もあるかもしれません」(前同)

さらに、実際のところ、フジ社内には、「もう、解放してあげていいんじゃないか」という声も多いという。

「”絶対エース”といわれた高島彩が抜けた穴を補って余りある活躍で、フジを明るく照らし続けた功績は、社内の誰もが認めるところ。

バラエティから選挙特番まで、やれることはすべてやり尽くしたし、出世に興味があるタイプでもなく、婚活する時間も作りたいとなれば、フリーに気持ちが向くのは当然の流れです」(芸能評論家の三杉武氏)

社長のクビすら簡単に飛ばせる権力者を味方につけ、カトパンはフリーへの道を突き進むのだろうか……。

[引用/参照/全文:http://taishu.jp/17941.php]

明石家さんまと『TEAM NACS』観劇

今、日本でいちばんチケットが取れない劇団の1つといわれるのは、大泉洋(42才)を中心とする5人組の演劇ユニット『TEAM NACS』。その3年ぶりとなる公演『悪童』が9月初旬、東京・六本木の舞台で上演されていた。

お昼公演の幕が上がる午後2時。客席が暗転する直前に一組のカップルが駆け込んで着席した。その2人に会場はザワついた。明石家さんま(60才)とフジテレビの加藤綾子アナ(30才)のツーショットだったからだ。

「堂々と関係者席に座っていればそこまで驚きませんが、2人揃ってギリギリに入ってきたっていうから、人目を避ける仲なのかなとか、倍の年の差の2人だけど、もしかして…とかいろいろな想像をしてしまいました」(居合わせた観客)

さんまとカトパンの仲の良さは知られるところ。もともと、さんまはカトパンが大のお気に入りで、2009年に『ホンマでっか!?TV』がゴールデンに進出した際に、さんまの意向でカトパンをアシスタントに指名したといわれる。

o20151013-4

「さんまさんは、毎週収録でカトパンに会えるのが本当に楽しみなようです。番組トークでは“大好き”なんて告白してはカトパンに笑顔で受け流されていますが、舞台裏ではけっこうマジ。

ちょいちょい彼女を誘い出そうとして、最近、ようやくデートにこぎつけたようなんです」(テレビ局関係者)

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/10692594/]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事