OTHER

HEADLINE

MEGUMI AV出演の危機も・・・テレ東深夜「給与明細」の危ない裏側

取材現場は毎回、トラブルの連続だった--。

o20151106-5
テレビ東京で、2001~2008年に放送された深夜番組『給与明細』(2014年には続編も放送)。テリー伊藤氏が企画・監修を務めた同番組の人気企画が、新聞の三行広告や怪しい求人雑誌の広告を検証するシリーズだ。

o20151106-1同番組のディレクターだった、制作会社「ロコモーション」の田中健氏が語る。

「最初は夕刊紙の広告って怪しくて面白いよね、という話から始まったんです。スタッフで広告欄を見ていたら男性向けの求人で“がっちり系求む”とだけしか書いてないものがあった。その面接に、若いスタッフにカメラを持たせて行かせた。

結果は男性が絡み合うビデオの出演者募集。面接で“君の身体が見たい”といわれスッポンポンにされちゃった。怯えて帰ってきましたよ。彼には悪いことをしましたが、その映像が本当に刺激的だった(笑い)」

収録はガチンコのドキュメンタリー。「怖くなったらすぐ帰れ」が合言葉だった。

しかも潜入調査員は駆け出しの女性タレント。スタッフは近くに停めた車で待機し、ワイヤレスマイクの音声だけを聞いてトラブルに備えていた。調査員はトイレで隠しカメラのテープチェンジをしていたそうだ。

「当時の三行広告では、『高級会員制レディー』は愛人、『個室サロン』はソープランドなど、隠語が多く、広告を見ただけでは職種がわからず大変でした」

田中氏が数ある取材のなかでも強く印象に残っていると話すのが、ブレイク前のMEGUMIが潜入取材に挑んだ「パーツモデル募集」の広告だ。

o20151106-2

実は後日わかったことだが、これは面接に来た女性をいいくるめ、アダルトビデオの撮影に持ち込むことだったという。

最初は足だけの撮影の約束だったが、「それだけじゃお金にならないでしょ? 胸は見せられない?」などと面接官の要求がエスカレート。

しまいにキレたMEGUMIは「ちょっとすいません、今日はもう」といって、面接を中断して部屋を飛び出した。

「面接のやり取りは非常にスリリングで、2週にわたって放送しました。MEGUMIさんが気の強い人だったから途中退出できましたが、危ない面接でした。彼女はよほど悔しかったのか、その後はあまり出演してくれませんでしたが……」

お蔵入りしそうになった収録や、取材相手からの抗議は日常茶飯事。

「番組で内実を暴露された闇金業者から、“数百万円の被害が出た”とクレームが入ったこともありました。本当にヒリヒリするような取材ばかり。いまでは放送するのは難しいでしょうね」

[引用/参照:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151105/enn1511051540017-n1.htm]

o20151106-8
o20151106-3
o20151106-4
o20151106-6

ボンデージモデル編

水着モデル編

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事