OTHER

HEADLINE

日本生まれの「エアセックス選手権」

エア系の競技といえば、有名なのがエアギター。以前、日本では「エア湯切り選手権」が開催されたこともある。

エアギター
エアギター

しかし、見てるこっちが恥ずかしくなる史上最強のエア系競技といえば、「エアセックス選手権」であろう。

エアセックス
エアセックス

杉作J太郎
世界のいろいろな場所で開催されているエアセックス選手権だが、実はルーツは日本であり、発案者はあの杉作J太郎氏。競技者は空気の中にパートナーを見い出し、観客の前でエアセックスのテクニックを見せつけるのである。

海外の画像サイトに山ほどアップされているエアセックス選手権の画像は、見てるこっちが恥ずかしくなるほどの振り切れっぷり。熟練者は、まるでパートナーがそこにいるかのようなテクニックで、エアパートナーと愛を確かめ合っている。なかには工具であるグラインダーを用いる女性も。普段どのようなプレイをしているのか気になるところだ。

YouTubeにアップされた動画を確認すると、会場は異常な熱気に包まれており、「恥ずかしさを感じたほうが負け」といった具合。日本がルーツのエアセックスだが、陽気な海外の人のほうが向いている競技なのかも知れない。

エアセックス

エアセックス

エアセックス

[rocketnews24]

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 14
    名無しさん 2011/08/20 9:26

    こんなん初めて知った。このオッサン誰よ

  2. 13
    名無しさん 2011/08/18 19:49

    J太郎って久しぶりに見たわ

  3. 12
    名無しさん 2011/08/18 17:37

    画像だけで爆笑できるくだらなさ

  4. 11
    名無しさん 2011/08/18 15:47

    かすみ果穂かよw

    1人でセッ…サックス

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事