OTHER

HEADLINE

『紅白』落選者の悲哀・・・ももクロ負け惜しみの卒業宣言であの約束は!?きゃりー「ずっと泣いてる」

大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」の出場者が26日に発表され、3年連続出場していたアイドルグループ「ももいろクローバーZ」は“落選”となった。

紅白落選に「モノノフ」と呼ばれるファンも落胆の色を隠せなかったが、それにも増して衝撃だったのが出場者発表直前に公式サイト上で発表された「ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します」との紅白卒業宣言だった。

o20151128-1

ももクロのプロデューサーである川上アキラ氏は27日にツイッターで「今回落っこちたの受けての卒業」と卒業宣言が紅白落選を受けてのものだと説明。

ファンの間では負け惜しみと取られかねないタイミングでの卒業宣言に疑問の声が上がっている。

さらにファンを複雑な気持ちにさせているのが元メンバーで現在は女優として活動する早見あかり(20)との紅白出場の約束だ。

早見は2011年に「ももいろクローバー」を脱退。卒業コンサートでは百田夏菜子(21)と「お互い成長して紅白で会おうね」と約束していた。

その後、グループは「ももいろクローバーZ」と改名し12年に紅白初出場を果たした。

早見は初出場が決まった12年11月27日のブログで「いつかわたしが12月31日紅白のあのステージに立てるようになるまでみんなも頑張ってね。六人の夢叶えよう!」と将来の6人での共演を目標に掲げていた。

その後、早見は女優として着実に成長し、昨年のNHK朝の連続ドラマ「マッサン」にも主人公の妹役で出演。近い将来、紅白のステージに女優として立つことが夢物語ではなくなっていた。

o20151128-2

しかし今回の卒業宣言で、事実上6人での紅白出場の夢は消えた。それだけにファンからは今回の決断に対し「あかりんとの約束はどうなるの?」「6人で紅白出る姿を見たかった」「メンバーがかわいそう」と複雑な声が上がっている。

[引用/参照/全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151127-00000022-tospoweb-ent]

『紅白』落選者の悲哀交々

今年発表したシングル全3作は全てオリコン週間チャート4位以内に入り、静岡県のエコパスタジアムで行ったライブ公演は2日間で9万人以上を動員するなど、少なくとも和田アキ子よりはアーティストとして活躍していたはず。

ただ、その直後、同グループの公式サイトで発表された「紅白卒業宣言」は、正直なところサムかった。

「これだけ活躍してるのに出られないとか意味不明。もう出ない!」という“負け惜しみ”の言葉にも聞こえる。

さらに、紅白出場歌手とほぼ同時に公式サイトで発表された『第一回 ももいろカウントダウン ~ ゆく桃くる桃 ~』と題されたカウントダウンライブの開催だが、会場は「豊洲PIT」という座席数3,000超のライブハウス。

数万人動員ライブを行うももクロには小さすぎるのではないか。紅白に出られることを確信して事前に会場を押さえておらず、落選を知って無理やりねじ込んだ感がミエミエな気がする。

まあ、今年の紅白はジャニーズ7組とAKBグループ3組が「アイドル枠」を食い散らかしている状況なので、その点は同情するが……。

昨年は映画『アナと雪の女王』の大ブレイクに乗って紅白出場を果たしたMay J.だったが、今年は当然のごとく落選。

基本的にカバー曲しか話題にならず「カラオケ歌手」とも揶揄されていた彼女だが、最近はついにバッシングの声すら聞こえなくなった。

o20151128-3最近は「オワコン」と叫ばれてばかりのきゃりーぱみゅぱみゅだが、紅白出場も3年で途切れてしまった。

もともと曲や歌詞を書くこともない「お人形さん」と指摘され、アーティストという枠組みにいるのかも謎なきゃりー。出場となったSEKAI NO OWARIのFukaseとの破局くらいしか大きな話題になることもなかった。

発表から一夜明けた27日、きゃりーは自身のTwitterで

「今年は残念ながら紅白ダメでした。スタイリストさんが送ってくれた言葉が染みすぎて朝からずっと泣いてる。落ち込んでる暇はない!ますます頑張っていきます」と前向き宣言(現在は削除)。

スタイリストからの言葉は「これは、神様がくれた私たちの意識が変わるチャンスなのかも!って思いました。誰にも負けない私たちでいようね!」というものだったよう。

AKBグループの落選組をまとめて。HKT48に関しては、ほぼ「指原莉乃」という印象しか多くの人は抱いていないのでは。

今年はバラエティに出まくって攻撃的な発言でネットやお茶の間を沸かせた指原だったが、グループとして紅白出場には届かなかったようだ。指原1人なら出場できてたりして。

SKE48は今年、主要メンバーの松井玲奈が卒業したこと以外、特に話題なしなので当然か。

これ以外にも絢香、クリス・ハート、「μ’s(ミューズ)」にアニソンポジションを奪われた感のある水樹奈々などが落選。

NHKの選考基準への疑問は、今年も拭えなかった。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2015/11/post_25165.html]

「そういえば毎年出てたな」というポルノグラフィティも落選。
o20151128-4
「ポルノは熱狂的なファンを多く抱えているので、『紅白を見る意味がなくなった』『今年は他局を見る』『受け入れられない』など、ショックの声がネット上にあふれています。

ポルノはマスコミ関係者の間で、かねてから当落スレスレと言われていたんですが、今年は同じ事務所の星野源が出場することから、NHK側による“世代交代”の対象になってしまった模様です」(スポーツ紙記者)

o20151128-5西内まりやも、下馬評では「初出場内定」と見られていたにもかかわらず、落選。Twitterには「紅白ダメだった…ごめんね。でも悔しいね!でも望みすぎ?一歩一歩。曲沢山作って増やすから!!」と、思いの丈がつづられている。

「しかし大舞台の『紅白』は落選とあって、『あれだけ大々的にプロモーションを続けていたのに……』『あのゴリ押しでも紅白は無理だったか』と、中には失笑する関係者もいます。ネット上でも『紅白を狙ってたの?』『勘違いするな』と批判噴出ですよ」(芸能プロ関係者)

[引用/参照/全文:http://www.cyzowoman.com/2015/11/post_18096.html]

コメント

  1. 1
    2015/11/28 18:45

    紅白って、演歌歌手しかメリットないやろ。
    見てるの年寄りばかりやし、若い世代も紅白出てるからってCD買おうとは思わんやろ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事