OTHER

HEADLINE

オッサンに聞いた『下町ロケット』推しメン総選挙!最終回まさかのラスボス…

月曜の朝、「昨日の佃にはスカッとさせられたね!」「相変わらず富山はムカつくよ」などと『下町ロケット』談義がサラリーマンの定番の話題となっている。

いよいよ最終回(12月20日放送)を迎えるが、本誌はこれまでの登場人物たちの人気投票を開催。同番組の魅力に取りつかれた男性450人に一票を投じてもらった。その結果が以下の通りだ。

1位 佃航平(阿部寛)226票

2位 財前道生(吉川晃司)58票

3位 殿村直弘(立川談春)44票

4位 山崎光彦(安田顕)36票

5位 神谷修一(恵俊彰)7票

6位 和泉沙耶(真矢ミキ)3票

6位 真野賢作(山崎育三郎)3票

8位 横田信生(バカリズム)2票

上記の通り、圧倒的な大差で「センター」となったのは主人公・佃航平だ。
o20151220-1
「『おっさんが夢見て何が悪い』というセリフに感動した」(52歳・銀行員)

「『すまん』、『ありがとう』、『お前たちのお陰だ』など部下思いの言葉を素直に出せるところ。『この人にならついていきたい』と思わせる」(40歳・出版社)

誰も社会人になったときに抱いた夢をおっさんになってからも堂々と語り、その熱い心で部下たちを引っ張っていく“泥臭さ”に多くの視聴者が惹かれている。

2位は帝国重工の宇宙航空部部長・財前道生(吉川晃司)だ。
o20151220-2
当初は帝国重工の方針にそぐわない佃製作所に対して冷たい態度を取る財前だったが、佃製作所の技術力の高さを知るにつれ、佃たちの良き理解者となっていった。

財前を支持する声で多かったのが、第4話で組織の意に反して佃たちのバルブの再テストを実施した決断力だった。

「『全責任は、私が取る』と言い切る強さが凄い。あんな上司が欲しいし、自分でも一度は言ってみたい」(51歳・不動産)

「白髪なのに格好いい」「スーツ姿がキリッとしている」といった容姿に憧れる男性も多かった。

3位は佃製作所の経理部部長・殿村直弘。
o20151220-3
演じる立川談春は『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)では悪役を演じて話題を呼んだ。当初は佃に反対するセリフが多かったため、「また悪者か?」と思われたが、いまや佃製作所にはなくてはならない存在となっている。

特に第4話でバルブの部品供給の話を潰そうと難癖をつける帝国重工の審査担当者に向けた一言が多くのファンの心を掴んだ。

「今回のテストは帝国重工がウチを評価するだけじゃない。ウチもまた帝国重工を評価しているんです」

4位は佃製作所の技術開発部長・山崎光彦(安田顕)。
o20151220-4
「佃が諦めそうになったとき、いつも側で勇気づけているのが山崎。シュレッダーなど、佃を救うことになる武器を仕込んでいるのも山崎。彼こそが陰の主役だと思う」(50代・IT関係)

o20151220-55位の神谷修一弁護士(恵俊彰)は「この人がいなければ、佃製作所は倒産していた」(44歳・公務員)との声が相次いだ。

o20151220-66位に滑り込んだ佃の元妻・和泉沙耶(真矢ミキ)を“物語のキーマン”とする人もいた。

「弱っているとき、迷っているとき、いつもナイスなタイミングで佃を助けている」(47歳・飲料メーカー)

ランキングには、佃を支えるメンバーが軒並み名を連ねた。

[引用/参照/全文:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151218/enn1512181140008-n1.htm]

人気の秘密は「悪役」

o20151220-7善い方が引き立つためには悪役はどこまでも憎たらしくなくてはならない。新井浩文、木下ほうか、篠井英介は、それぞれ味は違うが十分憎たらしい。小泉孝太郎も珍しく悪役に取り組んでいて、笑顔が怖い。

その中で、前半の悪役・中川弁護士を演じた池畑慎之介と、後半の悪役・貴船教授を演じた世良公則の思い切った男度胸には拍手を送りたい。

池畑慎之介はご存じ「ピーター」として、男女の垣根を越えた美しさと味のあるキャラクターで多くの人を引きつけてきた。が、この役では美しさを封じてイヤなおじさんになりきっている(ちょっと華奢すぎるおじさんだけど)。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/tv/2015/12/16253330.html]

まさかのラスボス!?清原
o20151220-8「最後の最後、真の“ラスボス”として清原氏が出演するようだ。視聴者からは『小泉はラスボスらしくない』という声もあったんですが“球界の番長”でヒールなイメージのある清原氏なら、まさにピッタリな役じゃないですかね」(制作会社関係者)

「『下町ロケット』の好調な視聴率にTBS内では早くも映画化を期待する声も出ているほどで、今後のキラーコンテンツになり得る作品だけに“疑惑”の付きまとう清原氏を最大のヤマ場で起用することに慎重な意見が出たのも事実。

当然、清原氏サイドにも確認しましたが『絶対、大丈夫』とのことだった。大手芸能事務所の力と、高視聴率を獲得した金スマでの実績もあり、ラスボスでの出演にゴーサインが出た格好です」(前同)

「ウラを知り尽くすコワモテ風の社長になるでしょう」(前同)というから、主演の阿部のライバルか、はたまた業界のドンといったところか。

[引用/参照/全文:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/474029/]

また2位かいな

ドラマを楽しみにしているファンからは、「ロケット編だけで良かったねって結論なりそう」「ガセじゃないなら制作陣を軽蔑するわ」「せっかくの良作なのにありえない」「DMMのCMのあの棒演技を見てなぜ役者で使おうと思った?」などと悲鳴や落胆の声が殺到している。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/47665]

関連キーワード

コメント

  1. 5
    名無しさん 2015/12/23 15:22

    本人のやる気に任せてみましょう!

  2. 4
    アカサカサカア 2015/12/22 23:06

    まさかの吉田類に(笑)

  3. 3
    ほちょいよぴぴで 2015/12/21 9:12

    清原なんてでてねーよww
    まさかのラスボスは吉田類wwwwwwww

  4. 2
    名無しさん 2015/12/20 13:12

    見た目は抜群なんだけどね(笑)

  5. 1
    名無しさん 2015/12/19 14:41

    せっかくの良いドラマを清原なんかで潰すなよ!ほんとに出したらバカすぎるぞ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事