OTHER

HEADLINE

一攫千金を狙える芸能界だけど・・・実は実家がセレブの御曹司、ご令嬢タレントたち

売れれば一攫千金を狙える芸能界。苦節ウン年、貧乏や辛い修行に耐えて成功をつかむのが芸能の世界の王道だというイメージで、実際、幼い頃の極貧生活を売りにする芸能人も多い。

ところが、実は実家が資産家だという恵まれた芸能人がゴロゴロいるのもこの世界の現実である。そんな芸能人の一部をご紹介しよう

千秋
o20160107-1
2015年の年末には「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!年越しSP 絶対に笑ってはいけない名探偵24時」(日テレ系)にサプライズ登場し、元夫のココリコ・遠藤章造をギャフンといわせた千秋。

元旦からも色んな番組でバリバリ仕事をしている彼女は44歳とは思えない”幼い容姿”とは裏腹に、お笑いをはじめマルチな才能を発揮している。

o20160107-2一人娘を育てるために奮闘しているのかと思いきや、実は彼女の父親は有名企業「日本板硝子株式会社」の社長、会長を務めた人物で、さらには三菱電機で社長・会長を務めた叔父もいるというから、とっても凄いお家柄だった。

ピスタチオ小澤慎一朗
o20160107-3「白目をむく」キモキャラの1人・小澤は、5月に放送された「今夜くらべてみました」(日テレ系)に出演した際、実家がお金持ちであることを告白。

何と、祖父はおもちゃの会社で有名な「ダイヤブロック」の創設に携わった人物であり、父親はIT企業の社長だそうだ。

これまでの人生で「お金に困ったことがない」そうで、今までもらった中で1番すごかったプレゼントを聞かれると、『おじいちゃんおばあちゃんが旅行に行って、お土産に別荘を買ってきたことはあります』と、けた外れのプレゼント話を披露。

しかしながら、芸人デビュー後も仕送りをもらっていた生活環境のためか、自分自身「ハングリー精神がない」と感じているようだ。

3代目JSB岩田剛典
o20160107-43代目JSBに加え、2015年にはEXILEメンバーにもなった大人気の岩田。映画やドラマでも引っ張りだこの彼はファンから”岩ちゃん”と呼ばれ、少年のような笑顔で女性達をイチコロにしている。

そんな岩ちゃんは、なんと中学受験を経て慶應入学後、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業。

更に、大手企業の内定を蹴って芸能界入りしたという話もあるのだが、さらに父親は靴で有名な「マドラス株式会社」の代表取締役社長だった。

o20160107-5大正10年に設立された歴史ある企業だが、岩田が芸能界入りした2010年頃からは「ダンスでも履けて普段にも履けるシューズ」の開発にも力を入れているようだ。

2014年「情熱大陸」(TBS系)に岩ちゃんが出演した際には、実家を訪れた様子が放送。その豪邸ぶりにファンも騒然となったようだが、外見だけでなく、現実にすべてが”王子様”な岩ちゃんであることが発覚した。

平愛梨
o20160107-6映画「20世紀少年」で主演に大抜擢され「実力派女優」として名を広めたものの、実は天然キャラでコメントが面白く、2011年からは情報番組「ヒルナンデス!」(日テレ系)の木曜レギュラーとして出演している彼女。

2015年「正月なのに不幸オーラ全開!有吉VSミジメちゃん 今年幸せになってほしい人大賞」(フジテレビ系)に出演した際、“別荘を含め「実家が6個ある」”とポロッと語り、スタジオが静まりかえる場面もあった。

大家族であった平家は父親が建築会社の社長で、幼い頃の平はクラシックバレエからピアノまで様々なお嬢様的習い事をしていたそうだ。

o20160107-7ちなみに「おしゃれイズム」(日テレ系)に彼女がゲスト出演した際には兄が登場し、そのイケメンぶりと「海外コーディネーター」(通訳をはじめ、海外での様々な手配をこなす仕事)という職業が”ドラマのようだ”と話題になった。

ちなみに兄は高級住宅地アメリカのビバリーヒルズに住んでいるという。実はセレブな一族だったようだ。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11023042/]

松岡修造
o20160107-8曾祖父は阪急東宝グループの創始者である小林一三。阪急電鉄、阪急百貨店、宝塚歌劇団、東宝を興した事業家で商工大臣などを務めた政治家でもある。

父は元・東宝社長(現・東宝名誉会長)の松岡功、母は宝塚元男役の千波静、そして親族を通じてサントリーの鳥居家にもつながるという、華麗なる一族の生まれである。

これだけのバックグラウンドを背にして育ったことを思えば、松岡のあの異常なまでのポジティブさにも納得がいくだろう。

クリス松村
o20160107-9
父は外交官、祖父は代議士。実家は都内にある1000坪のお屋敷で、本人の語るところでは庭の池では1000匹の鯉が飼われており、ドラム缶で餌をやっていたとのこと。

オランダのハーグで生まれ、学習院初等科に入学後、父の仕事の都合によりロンドンへ。その後も大学に入学するまで世界中を転々として過ごしている。

実家とは絶縁状態で、その理由というのが、クリスの留守中に大量にあったレコードのコレクションを父親に捨てられてしまったから、というもの。

後に和解することができた母親は、クリスの活動を応援しており、テレビで我が子がイジられるような場面を見るたびに本気で憤っているのだとか。

山口もえ
o20160107-10実家は浅草田原町に本店を構える仏壇・仏具屋の翠雲堂。

一口に仏具屋とはいっても、大仏制作や五重塔の建築までも扱う関東最大手の規模で、山口が『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)にゲスト出演した際、実家が浅草の仏具屋ということを耳にした中島誠之助(77)が、山口という姓から山口の実家が翠雲堂であることを即座に見抜き、腰を抜かさんばかりに驚いていた、というほどの知る人ぞ知る有名企業である。

o20160107-11

最近になり爆笑問題の田中裕二(50)と再婚した山口だが、最初の結婚相手はIT企業社長で、世間からは玉の輿だともてはやされていた。しかし逆玉の輿だったのが事実である。

アンジェラ・アキ
o20160107-12
黒縁の野暮ったいメガネにラフな格好という質素な外見と、苦労人であることを売りとしていたが、実は父は大手英会話スクール「イーオン」の社長である安藝清(あききよし)。

o20160107-13つまりアンジェラ・アキの「アキ」とは、広島県の旧国名である「安藝」であり実は案外古風なものである。

さて、通常、裕福なお嬢様の出だということがわかると世間の目は好ましいものへと変わるものなのだが、彼女の場合、実は社長令嬢だったということで少々イメージダウンしてしまった珍しいケースである。

大倉忠義(関ジャニ∞)
o20160107-14父は438店舗を展開する居酒屋チェーン「鳥貴族」の創業者である大倉忠司。ただし、大倉の語るところによれば、店が大きくなったのはつい最近のことなので、子どもの頃はなにもボンボンらしい経験をしたことがないのだという。

o20160107-15裕福だったどころか小遣いも貰えなかったため、一時期は新聞配達のアルバイトをしていたのだとか。鳥貴族は2014年にジャスダックに上場、翌年には東証二部に市場変更しており、大倉はそのうちの1万株を所有している。

[引用/参照/全文:http://taishu.jp/19336.php]

実は実家が会社経営、社長の芸能人

・三浦りさ子(カズの妻)
父は三菱商事の鉄鋼部門担当常務取締役、財務担当専務取締役を経て三菱マテリアル系米国法人の社長を務めた、経済同友会会員の財界人。

・品川祐
母親は、美容家で国際魅力学会会長のマダム路子(品川路子)。父親は、山野グループの株式会社ヤマノ代表取締役元社長山野凱章。美容家山野愛子ジェーンは元従姉。

・八神純子
医療機器専門商社、八神製作所創業家出身で後に同社第4代会長となる八神良三の長女

・AI(本名:植村 愛 Carina)
実家は鹿児島県で産廃業、パチンコチェーンなどを手がける大手ゼネコン
「植村企業グループ」

・松雪泰子
父親は、鳥栖ガス社長の松雪秀敏。

・Zeebra
義父は建築家の坂倉竹之助。父方の祖父は建築家の坂倉準三、曽祖父は文化学院創立者の西村伊作。
母方の祖父は実業家のホテルニュージャパン元社長、横井英樹。

・桑名正博
1830年創業の廻船問屋「桑文」(現・桑名興業)の7代目の跡取りとして生まれる。家庭には女中が2名おり、両親と妹の4人家族だが700坪の邸宅で育った

・大黒摩季
実家は老舗菓子札幌キムラヤで前社長の長女、現社長の姉である

・一青窈
台湾の5大財閥に数えられた顔一族の長男・顔恵民

・堀ちえみ
大阪府堺市東区出身。実家は制服会社経営の元お嬢様。
ナースの制服にピンクやブルーを取り入れたのは堀ちえみの祖父。

・ルー大柴
実家は新宿の大きな印刷会社を営む。将来は約束されていた。

・宇治原史規
父は(パナソニック電工元副社長・宇治原志郎)

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事