OTHER

HEADLINE

ゲス乙女・川谷絵音の妻が許せなかったベッキーの行動・・・裏の顔が次々と発掘される

タレントのベッキー(31)が人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(かわたにえのん・27)と交際中だった問題で、週刊文春の取材に対し、川谷の妻・A子さんが現在の心中を打ち明けた。

川谷はA子さんと2012年春頃から交際。昨年7月に入籍したが、結婚の事実は週刊文春の報道まで公表されてこなかった。

ベッキーは1月6日、急遽、謝罪会見を開き、足並みを揃えるように川谷も釈明ファクスを報道陣に送信。共に「友人関係」であると主張した。

o20160113-2

川谷はファクスのなかで結婚の事実を認めたが、この2日前、週刊文春が直撃した際には、結婚の事実を否定し、A子さんの名前を出すと、「名前は知っています。友達です」と説明していた。

ベッキーと川谷が今年正月、川谷の郷里である長崎へ極秘旅行をし、実家にも足を踏み入れていた事実も週刊文春が報じたが、それについてA子さんはこう話した。

「やはり私に黙ってお正月に2人で実家に行ったことが一番ショックでした。どんな気持ちで彼は家族にベッキーさんを会わせたのか。彼女はどんなつもりで彼のご両親に会ったのか。正直、今は何も考えられないし、考えたくありません」

ベッキーの会見の翌日以降、A子さんには川谷から電話やメールが入り、“卒論”(離婚届)の提出を催促してくるのだという。 

「一部スポーツ紙の報道では、2人は『もう二度と会わない』と周囲に約束したと報じられていますが、違います。実際には双方の事務所同士の話し合いで、『卒論を出すまでは会わせない』ということだけが決まっているのです。

水面下では2人は連絡を取り合い、『卒論を出すまでくらいなら、会えなくても全然大丈夫』と励まし合っているのです」(音楽関係者)

現在、A子さんは食べ物もろくに受け付けないほどの健康状態で、横になってばかりいるという。

[引用/参照/全文:週刊文春2016年1月21日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160113-00005776-sbunshun-ent]

ゲス乙女の出待ちをしていたベッキー

ゲス乙女の出待ちをしていたベッキー

Aさんの怒りの矛先はベッキーに

舞台裏を知る関係者は、

「実は昨年末に複数のメディアにふたりの不貞行為を糾弾するタレコミがあったんです。匿名でしたが、あれは川谷さんの妻に近い人物でしょう。それに乗ったのが文春でした」と明かす。

また、少し話は逸れるが、昨年末は各週刊誌ともに正月休みに入る。その時期は編集部自体が正月モードで、ネタがあっても取材しづらい状況にある。

「しかも今回のメーンイベントは、正月に川谷の長崎の実家にベッキーも同行するという話だった。正月モードな上に、場所が長崎ということでどの社も億劫になっていた」(同)

そんな時でも丹念に取材した文春は「さすが」のひと言だが、こちらも期する思いがあった。

川谷の妻・Aさんが今回の件に噛んでいるとすれば狙いは何なのか?

「普通に考えれば新婚直後にベッキーに乗り換えようとした夫への復讐でしょうが、実はAさんの怒りの矛先はベッキーに向いているんです」

そう明かすのは週刊誌デスク。

Aさんはベッキーが離婚届を「卒論」と称し、川谷に離婚を促したことが許せないようで、「テレビとは違って腹黒い。悪質だ」と怒り心頭という。

[引用/参照/全文:http://dailynewsonline.jp/article/1070200/]

ベッキーは不倫慣れしてる?

「スキャンダル処女=恋愛経験に乏しいのであれば、男性から既婚者であることを告げられた瞬間に熱が冷め、別れを選択するでしょう。しかし、彼女は略奪しにいった。今回が初めての不倫ではないような気がします」と話す。

事実、ベッキーにはこれまで少なくとも2回は不倫疑惑が浮上していた。

o20160113-5

週刊誌記者は、

「彼女は大の芸人好き。一昨年10月には『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔との熱愛もウワサされましたが、実はそれ以前にもベッキーと番組共演も多いピン芸人Aとの“ただならぬ関係”が囁かれていました。

Aとは収録後、2人でタクシーに同乗し、夜の街に消えて行く姿が何度も目撃されています。Aは結婚していますが、女好きで酒グセも悪い。アツチの方はドSと言われています」

と語る。

もう人はお笑いトリオの中心メンバーB。別の週刊誌記者が証言する。

「既婚者子持ちのBは都内に別宅マンションを所有していて、そこにベッキーが出入りしていると、ある筋からタレコミがありました。同時期に2社が張り込みしていましたね。

結局、ベッキーが現れることはありませんでしたが、別のセクシータレントが出入りしていることが判明。

ネタ元はBに極めて近い筋で、当時はベッキーの名前に驚きましたが、今回のスキャンダルを見る限り、あながち外れていなかったかもしれません。もう少し張り込んでいれば撮れたかもしれないだけに悔しいですね」

世間ではベッキーのイメージを一変させる今回の醜聞に驚きの声が上がっているが、マスコミ業界では「今までが出なさすぎただけ」「もともと肉食系のパーリーピーポー(パーティー好き)」という意見が圧倒的。

ついにボロが出てしまっただけのようだ。

[引用/参照/全文:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160109-31018671-tocana]

おぎやはぎ小木「ベッキーに心はない」
o20160113-3
「JUNKおぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、ベッキーとウーマンラッシュアワー村本の「密会」報道を話題としてとりあげていた。

矢作は「かたや、嫌われもの。かたや好感度ナンバーワン。だから、ありえるね、むしろ」などと、好き勝手に報道を分析していた。

すると小木も、記事中で「ベッキーが村本の大ファン」とされていることに触れ、「(ファンだから)ベッキーから近寄ったんだよ」と独自の推理を披露した。

さらに小木は、ベッキーの性格を「ちょっとこわいとこあるかもしれない」「本当にいい子だったら、村本なんて絶対無理」と語り、ついには「鎧をかぶった性欲のかたまりじゃん、これは有名じゃん」と評した。

矢作は、さすがにこれには同意せず「違いますよ」「ベッキーをそういう目で見てないからさ、全員」とツッコミを入れていた。

なお、小木は過去にも同番組でベッキーを「鎧をかぶった性欲のかたまり」と評していたようだ。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/9420225/]

栗原類はベッキーの心の闇を見抜いていた?

タロットで予言していた栗原類が凄すぎると話題に
o20160113-4

関連商品

コメント

  1. 5
    そり 2016/01/14 14:37

    痴漢の冤罪も謝罪しろ

  2. 4
    名無しさん 2016/01/14 7:26

    ゲスのメンバーも被害者

  3. 3
    名無しさん 2016/01/14 0:24

    奥さんのやったことを非難している人も多いけど
    当たり前のことだと思う

  4. 2
    なか 2016/01/13 23:16

    ゲスは解散、ベッキーは芸能界から除名。

  5. 1
    名無しさん 2016/01/13 22:48

    おぎは全てを知っている

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事