OTHER

HEADLINE

丸山ゴンザレスが裏話披露『クレイジージャーニー』トークイベントに有名人も

TBS系『クレイジージャーニー』(毎週木曜23:53~24:38)のDVD発売を記念して、同番組で人気の危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレス氏と奇界遺産フォトグラファー・佐藤健寿氏が1月31日、都内でトークイベントを行った。

o20160201-0

常人では決して踏み入ることのない世界を巡る”クレイジージャーニー”こと、狂気の旅人たちをスタジオに招き、ダウンタウン・松本人志、バナナマン・設楽統、小池栄子がその体験談の聞き役となる伝聞紀行バラエティ番組。

昨年正月の深夜に放送されたパイロット版が好評を博し、同年4月からレギュラー化された。

時には番組スタッフが過酷なロケに同行することもあり、中でも登場機会が多かったのがこの2人。

丸山氏はスラム街を中心にどんなものでも口にしてしまう大胆な取材スタイルが特徴で、時には動物のフンを踏んでしまう”天然”な一面も。

一方の佐藤氏は端正な顔立ちに加え、冷静で計算された取材スケジュールをこなしながら”遅刻グセ”があるなど、2人の”個性”は番組内でも度々ネタにされてきた。

o20160201-1

250人分の観覧席は完売。立ち見も出る盛況ぶりで、一般客だけでなく、番組ファンを公言しているDA PUNPのTOMO、裁判傍聴マニアのお笑い芸人・阿蘇山大噴火もプライベートで参加した。

初の対談は、予定していた30分を大きくオーバーする約1時間15分。これまで番組内で語られることのなかった体験談や撮影秘話などをたっぷり語ったが、終了後、客席からは「まだ何時間でも聞ける」という声も。

街中で声を掛けられることも多くなったという丸山氏。自著の売れ行きも好調のようで、司会のあべこうじから「だからちょっと太ったんですか」と聞かれ、「それはもともとの不摂生です」と疑惑をすぐに否定し、笑いを誘う。

一方の佐藤氏は海外でも話し掛けられることがあったそうで、反響の大きさを実感。番組が放送される度に、シリーズ化している写真集『奇界遺産』のAmazonランキングが急上昇しているという。

[引用/参照/全文:http://news.mynavi.jp/news/2016/02/01/091/]

撮影秘話、裏話も

DVDに収録されているルーマニアのマンホールタウンを訪れた丸山氏。

取材当時の写真を見ながら「放送上ではちゃんと映ってなかったんですが、(マンホールタウンで)食事を出された時の食器が汚くて、その上猫や犬が皿の上を歩いていた」と、ヘビーな食生活を振り返った。

o20160201-4

一方の佐藤氏は、廃墟となっているイギリスのマンセル要塞、ブルガリアの共産党ホールや、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から発射されたロケットなどの写真を紹介。

バイコヌール宇宙基地からのロケット発射のの模様を撮影するに当たっては「BBCやNHKなど、世界中のチームで来ている中で場所取りが大変だった」と、フリーで活動する苦労を語った。

海外取材のポイントについて佐藤氏は

「危ないところでどうふるまうか、というのがある。旅行者のようにふるまった方がいい場面もある」

とコメントすると、丸山氏は

「ニセモノのプレスパスをぶら下げたり。(シリア難民取材では)観光客のように入っていった」

と臨機応変に取材スタイルを変えていく様子を明かした。

[引用/参照/全文:http://top.tsite.jp/news/geinou01/i/27389025/]

クレイジーな食事事情

世界のスラム街を訪れる丸山氏はそこで売られている危険な食べ物にも果敢に挑戦。

「スラムで食べると大体1~2日は腹痛。でも慣れますよ」と笑顔で話すが、そんな丸山氏でも二度と食べたくないと振り返るのが、ケニアにある世界最大のスラム街で食べた牛骨スープだという。

o20160201-5

「肉に腐敗臭がしているうえ、スープはハエまみれ。100%アタると思ったら、案の定その夜は脂汗をかいて、腹痛で目覚めた。アタるか、アタらないかのギャンブルならいいけど、確実にアタるのは食べたくない」

日本にいれば”クレイジー”としか思えない話で、番組はさらに注目されそうだ。

[引用/参照/全文:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/501176/]

『クレイジージャーニー』のDVDは1月27日に発売され、2月1日時点でAmazonの「お笑い・バラエティ」ランキングで売り上げ1位に。

2枚組で価格は2,750円(税別)。約105分の1枚目には

「マンホールタウンに潜入」(危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレス)、
「恐怖と神秘の洞窟探検」(洞窟探検家・吉田勝次)、
「アラスカに取り憑かれた男」(アラスカ写真家・松本紀生)、

約102分の2枚目には

「世界四大廃墟巡礼の旅」前編・後編(奇界遺産フォトグラファー・佐藤健寿)、
「マサイ戦士の妻」(マサイ戦士の妻・永松真紀)が収録されている。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事