OTHER

HEADLINE

気の毒すぎたイケ☆パラ等夏ドラマ総決算

思い返せば、前田敦子主演『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(以下、『イケメン☆パラダイス』/フジテレビ系)ばかりがネタにされていた印象の今夏の連ドラ。前クールの『マルモのおきて』(同)のような突発的なブームも起きず、正直「どんなドラマやってたのか分かんない」なんて人も多いかもしれない。

しかし、慢性的な低視聴率傾向に悩むテレビ局様が、暑い中、汗をかきかき作り上げたドラマの数々。もったいないので、風化する前に数字と共に振り返っていきたい。

■4人に1人が観ていた「えなりかずきの披露宴」

渡る世間は鬼ばかり

視聴率トップは、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(NHK総合/平均16.2%/ビデオリサーチ調べ、関東地区※以下同)。7月24日放送分では、平均視聴率18.9%を叩き出すなど、さすがの安定感を見せた。

そこに続くのが、刑事ドラマ『新・警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系/15.83%)。2006年にスタートした同シリーズは、これで6シーズン目。渡瀬恒彦&井ノ原快彦のコンビは、『相棒』(同)同様に固定ファンを獲得しているという。

さらに刑事ドラマのパイオニアであるテレ朝は、黒木メイサと多部未華子が事件解決に挑む『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』(テレビ朝日系)を放送。黒木メイサが城田優を相手に初濡れ場に挑戦した効果もあってか、最近の深夜帯ドラマにしては大健闘の平均8.6%を記録した。

視聴率の上位は以下の通り。

1位『江~姫たちの戦国~』(NHK総合)16.2%
2位『新・警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)15.8%
3位『渡る世間は鬼ばかり』最終シリーズ(TBS系)14.9%
4位『ブルドクター』(日本テレビ系)13.1%
5位『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系)13.1%
6位『チーム・バチスタ3アリアドネの弾丸』(フジテレビ系)12.8%

コメディ要素の強いものや、若手俳優が多数出ているような派手な作品は上位に見当たらず、「刑事もの」や「医療もの」といったマジメなテーマに人気が集中。若者のドラマ離れを示唆する結果といえるかもしれない。

3位の『渡る世間は鬼ばかり』最終シリーズは、全10シリーズ通算500回を迎えた最終回で、22.2%を記録。瞬間最高視聴率は25.0%に達し、夏ドラマ唯一の20%超えとなった。

ちなみに最終回の山場は、えなりかずき演じる”眞”の結婚披露宴。しかしおめでたい雰囲気のまま終わるかと思いきや、最後の最後で角野卓造、赤木春恵、泉ピン子のスター選手が食卓に集結。3人は静かにお茶をすすり、泉ピン子のアップからそのまま画面はフェードアウト。橋田壽賀子は、実に『渡鬼』らしい素朴なラストシーンを見せてくれた。

■前田敦子vs瀧本美織vs川口春奈、男装ドラマ対決の行方は!?

前田敦子vs瀧本美織vs川口春奈
前田敦子vs瀧本美織vs川口春奈

『イケメン☆パラダイス』、『美男ですね』(TBS系)、『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)と、なぜか3作品も重なった”男装系ドラマ”。「主人公が男装していることを隠している」「周囲はイケメンだらけ」といった設定が同じであり、ネットでは各主演女優(前田敦子、瀧本美織、川口春奈)の男装姿を並べ、「前田が一番男に見える」「美織ちゃんのショートカット最強かわいい!」「川口はヅラかよ……」などと、ドラマの新たな楽しみ方とも取れる盛り上がりを見せていた。

ちなみに『イケメン☆パラダイス』は、夜9時台の放送にも関わらず平均視聴率は6.9%と惨敗。前田敦子含めいろいろと気の毒なドラマであった。

一方、この中で唯一ジャニタレが出ていた瀧本美織主演『美男ですね』(TBS系)は、夜10時台の放送で平均9.9%。良いとも悪いとも言えない数字だが、『イケメン☆パラダイス』のような悲劇は免れた。

■「AVに出てくる高校生みたい」、劇団EXILE版『ろくでなしBLUES』

劇団EXILE版『ろくでなしBLUES』
劇団EXILE版『ろくでなしBLUES』

全ての原作ファンに衝撃が走った『ろくでなしBLUES』(日本テレビ系)。森田まさのりの超有名ヤンキー漫画を原作に、主要キャストを劇団EXILEとEXILEのメンバーが務め、主題歌を三代目J Soul Brothersが担当するという、まさにEXILE版『マジすか学園』(テレビ東京系)とも言える作品であった。

同作は「原作を現代風にアレンジ」したというが、外見の面影はなく、キャラクターを判別させる為の配慮からか、劇中に原作イラストがカットインするという演出が施されていた。

中分けヘアの”大尊”をはじめ、鼻の小さな”米示”、気の強い”千秋”など原作からかけ離れた登場人物たちに、原作ファンは困惑。ネットでは「『ろくでなしブルース』ってこんなにチャラい漫画だっけ?」「森田先生は何でOKしたの?」「AVに出てくる老けた高校生みたいだ」などといった意見が飛びかっていた。

視聴率を見ると、一時は1.1%まで落ちたものの、やはり全国に所狭しとひしめき合うEXILEファンがしっかりチェックしていたようで、全話平均で2.4%。深夜1時台の放送にしては決して悪くない結果となった。

平均視聴率が15%を超える作品が、大河ドラマと『新・警視庁捜査一課9係』のみという寂しい印象の夏ドラマ。小栗旬が河童の特殊メイクで出演した『荒川アンダー ザ ブリッジ』(TBS系/平均2.0%)や、激しいいじめが衝撃的なケータイ発ドラマ『金魚倶楽部』(NHK/2.2%)など、趣向をこらした作品も多々あったが、世間的にはさほど話題にならなかった。

なお今月からは、高視聴率確定の『相棒 season10』(テレビ朝日系)をはじめ、香里奈、吉高由里子、大島優子が共演する『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系)、亀梨和也主演の『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)、榮倉奈々や菅野美穂が濃厚で官能的な恋愛劇を繰り広げる『蜜の味~A Taste Of Honey~』など秋ドラマが順次スタート。今のうちにラインナップをチェックして、気になるドラマの初回を見逃さないように気をつけよう。

[cyzo]
http://www.cyzo.com/2011/10/post_8674.html

【関連画像】
前田敦子
初期AKB48画像コチラ

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 24
    名無しさん 2011/10/20 15:21

    番宣朝からうざい…
    そしてつまんね…

  2. 23
    名無しさん 2011/10/10 14:55

    ヨシヒコと荒川とアリアドネは毎週みてた!

  3. 22
    名無しさん 2011/10/09 21:43

    荒川アンダーザブリッジ面白いと思った

  4. 21
    名無しさん 2011/10/09 7:48

    イケパラなんて不細工な主役に知名度が低い中途半端なイケメン共、気の毒でも何でもない

    テレ朝は「トリック」とかを除けば刑事ドラマしか能が無い

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事