OTHER

HEADLINE

佐藤浩市、江口洋介、吉川晃司が深夜の歌舞伎町の裏路地にいたワケ

o20160309-0

深夜0時を過ぎて急に冷え込み、小雨がいつの間にかあられに変わっていた新宿・歌舞伎町の裏路地。

傘を差さず、ブルゾンについた水滴を手で払いながら1人で歩いていたマスク姿の佐藤浩市(55才)が、地下の居酒屋に下りていった。その店には次々に有名人たちが吸い込まれていく。

紺と白のスタジャンを着込み、一際目を引いた長身の男性は江口洋介(48才)。

黒のジャケット、黒パンツに黒ブーツを着こなした白髪まじりの吉川晃司(50才)の存在感には、路地ですれ違う人も立ち止まって振り返るほどだった──。

2月29日、2011年に死去した名優・原田芳雄さん(享年71)の“19回目”の誕生日を記念したライブ「風来去~そろそろ芳雄の唄がききたい~」が東京・赤坂で開かれた。

o20160309-1

原田さんはうるう年生まれ。生前から“4年に1度のバースデー”ライブを行ってきたが、今年は長男でギタリストの原田喧太(46才)などが呼びかけで実現した。

「芳雄さんの人徳でしょう、錚々たるメンバーがステージに上がりました。ライブ開始のアナウンスをしたのは松たか子さん(38才)。江口洋介さんはギターの弾き語りを披露し、佐藤浩市さんも“緊張する”と言いながら2曲歌っていました」(ライブ関係者)

他にも、宇崎竜童(70才)や岸部一徳(69才)、そして今回が人生初ライブという瑛太(33才)も原田さんモデルのめがねを着用して熱唱。

o20160309-3

「客席も豪華でした。石橋蓮司さん(74才)や柄本時生さん(26才)も駆けつけて、木村カエラさんと2人のお子さんは瑛太さんのステージを楽しそうに見守っていました。

ライブの最後は芳雄さんの映像とともに、出演者全員で『生きてるうちが花なんだぜ』を歌って大盛り上がりでした」(前出・関係者)

ライブ後の打ち上げの飲み会が行われたのが、冒頭の老舗居酒屋だった。生前、原田さんが足繁く通ったなじみの店なのだという。

「ミュージシャンのかたは3000円、俳優さんやスタッフのかたは5000円という会費制の飲み会だったんです。江口さんや岸部さんは音楽もするし、役者さんでもあるんですが、“ぼくはミュージシャンだから”って3000円を払っていました(笑い)。

佐藤さんはよほどステージに力が入ってたのか喉を痛めたらしくて、“喉が痛い”ってマスクをしてきたんです。でも、飲み始めると止まらない。みんなに“そんなに飲んで大丈夫?”と心配されながら江口さんと2人でガンガン飲んでました」(前出・関係者)

千鳥足のふたりが家路についたのは午前3時前。すれ違った人たちは酔いも冷めるほど驚いていた。

※女性セブン2016年3月24日号

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20160309_392830.html]

o20160309-2

バースデーライブ常連の佐藤浩市は「楽屋に帰ってくる人たちが『緊張するよ』って言うから、待っている方はたまったもんじゃない」と苦笑しつつ、「朝日のあたる家」「Lazy Lady Blues」の2曲で聴かせた。

「Only My Song」を歌った江口洋介は、現場でよく話したという芳雄さんの思い出話を語り、吉川晃司は「早春賦」を歌唱。

緊張気味に登場した瑛太は、客席に向けて「元気ですかー? 2階? これやってみたかったんです」とアーティスト気分を満喫してから「夕日の中の少年」を熱唱した。

アンコールでは、喧太が4年前のライブに一緒に参加後、12年10月に亡くなった桑名正博さん(享年59)の思い出を振り返って、思いを込めた「月のあかり」を披露。

最後は原田さんが歌う「愛の讃歌」の映像が流れ、情感たっぷりの歌声で約700人の観客を酔わせた。

[引用/参照/全文:http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2067645.html]

【原田芳雄も常連だった二次会ができそうな居酒屋】

池林房 (ちりんぼう) – 新宿三丁目/居酒屋 [食べログ]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事