OTHER

HEADLINE

紳助ファミリー暴走の意外なきっかけ

芸能界で絶大な権力を握っていた島田紳助。

山本圭一

お気に入りのタレントを「紳助ファミリー」として束ね、自らの番組にキャスティングするなど、絶大な権力を盾にやりたい放題だったことが報じられている島田紳助だが、島田紳助の暴走の裏には極楽とんぼ山本圭一の「レイプ事件」があったという。

以前は”紳助グループ”に対峙する形で、元『極楽とんぼ』の山本圭一が仕切る”山本会”が存在し、上手く均衡を保っていたという。しかし、例の女性スキャンダルで山本が芸能界を追われてからは、紳助グループが幅を利かせるようになったのだ。

「紳助が若手芸人に対し理不尽な行動を取るようになったのはこの頃から。グラドルやアイドル、女優にもちょっかいを出すようになった。恐らく、最大派閥を背景に何をしても大丈夫だという奢りがあったのではないか」(吉本事情通)

その島田紳助が抜けた吉本興業では世代交代が進行。「ポスト紳助」の最有力候補が2人に絞られてきているという。

加藤浩次

「一人は元”極楽とんぼ”の加藤浩次(42)。私生活では芸人の面倒見の良さで非常に定評がある。ココリコの遠藤章造やロンブーの田村亮、ペナルティーのワッキー、ナインティナインの岡村隆史・矢部浩之、次長課長の河本準一らが絶大な信頼を寄せている。他にも無名の若手の大半の支持を得ている。テレビ局の楽屋でコーヒーを飲みながら身の上相談に乗るんです。加藤は相方の山本をスキャンダルで失ってから面倒見が良くなった」(夕刊紙記者)

この加藤のライバルが”タムラクラブ”を主催するロンブーの田村淳(37)だ。

田村淳

「山本会の番頭だった淳はそのままメンバーを引き取る形で面倒を見ている。自分のレギュラー番組に積極的に働き掛けては出演させている。メンバーはオリラジの藤森慎吾、品川庄司の品川祐・庄司智春、インパルスの堤下淳など中堅芸人の大半を押さえている」(前出・放送作家)

驚いたことに、この2人に対しては吉本以外の大物芸人も支持を表明。

タモリやビートたけし、志村けん、石橋貴明にも認められているというのだが…

[週刊実話 裏の顔]
http://wjn.jp/article/detail/1131347/
http://keywordjiten.seesaa.net/article/235607940.html

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 31
    名無しさん 2011/11/28 9:17

    そんなに力あったのかwwwかとさんは前はほとんど芸人とプライベートの付き合いないって言ってたけどな…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事