OTHER

HEADLINE

ドリカム中村正人 吉田美和の裏の顔暴露「極悪の極み」「人間的に許せない」解散危機も

o20160704-1

DREAMS COME TRUEの中村正人(57)が3日夜にテレビ朝日系で放送された「関ジャム 完全燃SHOW」に出演し、ボーカル・吉田美和(51)の“裏の顔”を明かした。

番組は当初「ドリカムの魅力を徹底解剖」するという企画で準備されていたが、中村が打ち合わせで「今の視聴者は本音が見たい」と予定を変更。

打ち合わせでの中村の「吉田をぼくがコントロールしてると思ってるけど違う違う」というリアル音声も公開され、番組で本音トークが展開された。

バンドのプロデューサーで所属事務所の社長も務める中村だが、吉田については「難しい人です。扱いにくい人間ですから」とズバリ。

番組ゲストの小籔千豊(42)が「少女がそのまま大きくなった感じ」というイメージは認めたが「ぼくに対しては極悪の極みです」と続けた。

隣で「いい人キャラ」を作り続けるのに苦心しており、実はレコーディングでは怒鳴ることも。「(吉田と)音楽的にぶつかるというより、人間的に許せないですね」と思いをはき出した。

「俺にも歌詩作りさせてよ」というトークテーマでは「30年前に『中村さんには歌と作詩の才能はない』って言われた」とポロリ。

音づくりばかり考えて歌詩への理解が薄いと「すごい怒られる」という。WEB展開される最近の音楽の傾向に合わせて、「比喩よりも直接的な言葉で書くのはどう」と提案しても「めっちゃ怒られた」と嘆いた。

バンドは「音楽の神様が降りてくる」という天才肌の吉田に中村が合わせて曲をアレンジするスタイル。吉田に曲を書かせるために、中村が“ボツにするための曲”を書くという涙ぐましい苦労も明かした。

一方で、出会った当初に吉田に「週に1度の恋人」という楽曲をアカペラで聴かされ「雷に打たれた感じ」というほどの衝撃を受けたことも告白。

「これで食っていこう」と決意したという。売れない時代を一緒に過ごしたことからきずなは深いが「人間としては嫌いでも戦友というか。人間関係ってそういうもんなのかなって」と複雑な思いを抱いている。

[引用/参照/全文:http://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_nlab_20160703035/]

解散危機を暴露

o20160704-2

ゲストとして登場した中村は、ボーカル吉田美和の隠れざる素顔を言及。天才ならではの曲作りや付き合い方の難しさなどの素顔を暴露した。

その中で中村は「サンキュ.」「LOVE LOVE LOVE」などの大ヒットを連発していた時期に、解散危機にさらされたことを告白した。

「(吉田が)95年にソロアルバムを出したいと言いだした。(それは)辞めたいに近い。『もう中村さんの言うことは聞きたくない』『プロデュースされたくない』『自分の好きな音楽を好きに作りたい』って、僕は外されてしまった」

吉田からの相談はショックだったようで「僕の仕事が終わったなと、その時思った。やることがなくなった。吉田は僕を必要としていない。自分を試したいとか(考えた)。ついに来たなと…」と振り返った。

これにはMCの関ジャニ∞の村上信五(34)もあぜんとし「ドリカムはこれでもう終わって…」と質問すると、中村は「それも考えますね」と解散もあり得たことを語った。

解散危機を乗り越えられたのは、意外にもあっさりした理由だった。

「ソロアルバムを制作しようとしたら、レコード会社の事情や吉田がお願いしたいプロデューサーがダメだった。それで、しょうがなく(吉田から)『中村さんやる?』みたいな」とスタジオの笑いを誘った。

そんな危機もありながら続けてこられたのは、やはり中村が吉田の才能にほれ込んでいるからだ。

中村は「吉田は1億%売れる」と断言。「吉田はこれからだと思います。僕自身はまだ(吉田を)売り切ってないと思ってる。これからが楽しみです」と自信満々に言い切った。

[引用/参照/全文:http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/561316/]

ネットの反応

・正直な人だなw
・記事のトーンが暗すぎだろw
・いないことになってる三人目…
・今の視聴者は本音が見たい 西川隆宏 現在
・人間としては嫌いw
・イメージ通りだが
・すげー事ぶっちゃけてんな
・色々ぶつかるような事はそりゃあると思うけど世間に「あいつ嫌い」と公言するのはやりすぎのような
・FCに入ってるようなファンはもう周知の事実なのかね
・人間関係なんてもともとそんなもんっすよね なんか最近それが一番重要みたいな風潮だけど
・妻子のいるスタッフを略奪して同棲生活したけどその尻軽男がガンで早死にして悲劇のヒロインぶってるBBAを人間的に好きになれる人なんてそう居ない
・何かしら必要なんだろうと思ってたけど本当にいらなかったんだよな3人目
・天才女には、いいプロデューサーがつかないとやばい。ユーミンには松任谷いるし、宇多田はへんなのが付いて、つぶれちゃった。中島みゆきだけは、一人で生き抜いててすごい。
・吉田美和は大ベテランなのに音楽面でのスキルアップというものが全くなかったね
 >天才だけど努力はしなかった典型だと思う
・高校の時にすでに不倫曲(週に一度の恋人)作ってたって話にビビった
・高校生の吉田美和が松任谷由実を聴いて「勝てる」と思ったエピソードが好きだな 不遜にして傲慢
・これ見てて、吉田美和って本当に天才なんだなーでも肥後さんがいるからこそと思った。
・吉田は昔からサイコパスだと思ってた
・吉田の書く詩なんてしょうもない恋愛ものばかりじゃねえか ドリカムは曲はいいけど詩が全部糞なんだよ

オリジナリティを足して次の世代へ

o20160704-3

中村(正人) さっきパクリの話があったけど、俺はデビューしたとき、自分が大好きな洋楽をパクリ倒そうと思ってたの。何千曲とある名曲をやり尽くしたかった。

大森(靖子) すごくわかります。

中村 吉田美和っていうキャラは誰にもパクれないのよ。だから僕がパクってあの人に歌わせれば誰にもバレないんじゃないかと思ってた。よくバレてるんだけど(笑)。

大森 私の「洗脳」ってアルバムもそういうコンセプトです。1990年代のJ-POPが好きすぎて、だからそれを大森靖子のキャラで全部食いつくしてやろうと思って。

中村 うん、しかも今の時代になると1960年代も70年代も圧縮されちゃって、誰がオリジナルかわからなくなるときがあるんだよね。だから「決戦は金曜日」も俺はEarth, Wind & Fireの「Let’s Groove」とシェリル・リンの「Got to be Real」っていう2曲の曲を合体させて作ったんだけど、今Twitterとか見てると「アースっていうバンドがドリカムをパクってる」っていう人も出てくるわけ(笑)。

大森 あはは(笑)。

中村 でもそうなったときがホントの勝負だと思うんだよね。俺、アースのモーリス・ホワイトを大尊敬してて、自分の曲に参加してもらったときにモーリスに告白したのね。「私はあなたの作った音楽をさんざんパクって日本で今売れちゃってます」って。そしたらモーリスが「それでいいんだ」って。

大森 最高ですね!

中村 「私もジョン・コルトレーンやFunkadelicやKool & the Gangからいろいろ盗んでる。そこにオリジナリティを足して次の世代に受け渡すのがお前たちの仕事だ」って。それ聞いて俺もうめっちゃうれしくって大泣きして(笑)。

大森 かわいい(笑)。

中村 やっと父に許された息子のように、やっと神に許してもらったかのように、ロサンゼルスのスタジオで大泣きしちゃって。でもそこからはあんまりパクらなくなっちゃった。

大森 せっかくOKって言われたのに(笑)。

中村 パクっていいぞってお墨付きが出た瞬間、ここからはオリジナリティを積み重ねないといけないんだって思い始めちゃったんだよね。

[引用/参照/全文:http://natalie.mu/music/pp/dreamscometrue03/page/3|2015年]

コメント

  1. 11
    名無しさん 2016/07/05 11:49

    個人的には中村要らねってずっと思ってた。
    吉田はそういう世間の風潮にそんなこと無いと擁護していたけどね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事