OTHER

HEADLINE

出演してくれるのは10人に1人の確率【ランキング】『しくじり先生』に出て欲しい芸能人は!?

o20160926-1

人生において大きな失敗をした芸能人が講師となり、“しくじった経験から学びを与える”番組、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)。

前園真聖や内山信二などは、この番組がキッカケでイメージが変わり露出が増えたと言われています。干された芸能人の“復活のキッカケ”としても、注目されている番組ですよね。

o20160926-3

そこで今回、一般男女500名に「“しくじり先生”に出演したら絶対見たいと思う芸能人は?」という独自アンケートを実施。思わず「見たい!」と言いたくなるメンツがそろいました。

<『しくじり先生』に出演したら絶対見たい芸能人ランキング>

1位 木村拓哉(9.8%)

2位 小保方晴子(8.0%)

2位 沢尻エリカ(8.0%)

4位 ベッキー(7.4%)

5位 舛添要一(7.2%)

6位 ショーンK(6.4%)

7位 高島礼子(6.3%)

8位 乙武洋匡(5.4%)

9位 ファンキー加藤(4.8%)

10位 川谷絵音(ゲスの極み乙女。)(4.7%)

日本中が最も注目している“しくじリスト”は木村拓哉でした。

今年の年明け早々に明らかとなった“SMAP解散騒動”。事務所から独立を望んでいた他4人のメンバーを裏切る形で、木村拓哉が唯一ジャニーズ事務所に残ることを希望したため、ここまで問題がこじれたと言われています。

真相は定かでありませんが、この報道を受け、一部からは“裏切り者”扱いに。そのため、人気も下降気味と言われています。

「木村拓哉がしくじり先生に出る日が来たら楽しい」

「解散報道後、完全に全てが裏目に出ている」

「解散の件で木村拓哉自身の株が落ちた。彼はビジネスとしては失敗したのだと思う」

などという意見を見ると、『ロングバケーション』や『ラブジェネレーション』(ともにフジテレビ系)など、月9の歴史に残る高視聴率をたたき出してきた国民的スターのしくじりは、自身のブランディングに致命的な傷をつけてしまったのかも。

ほとぼりが冷めた頃、SMAP解散の真実も合わせて、ぜひ『しくじり先生』で語ってほしいものです。

2016年は“しくじり大豊作”

2位の小保方晴子と沢尻エリカ以外は、全員2016年にしくじった方々。不倫、経歴偽証、政治資金の私的流用問題など、今年は数々の“しくじり”が注目を集めました。

今年一番最初に驚かされたのが、ベッキーと川谷絵音の不倫報道。川谷絵音は報道後、夫人と離婚を発表。しかし、仕事では大きなダメージがないままです。

一方のベッキーは一時的にテレビ復帰を果たしたものの、なかなか完全復帰は叶わず、いまもメディアで目にすることはほとんどありません。

「ベッキーもしくじり先生でその行き場のない感情をぶつけちゃえよと思う」、「関係者やファンに誠心誠意で謝罪しろ」としくじり先生出演ですべての懺悔を望む意見が見られましたが、番組を復活の糸口にするのも一つの手なのかも。

一部報道では「プライドが邪魔をして『しくじり先生』への出演を断っているのでは」と言われていますが、これだけ出演を望む人がいるならば、ぜひ出演してほしいものです。

しくじった経験も聞きたいですが、やはり世間が知りたいのは真相。報道されていたことが真実なのか、なぜしくじってしまったのかを明らかにすれば、視聴者を少しは納得させることができるはず。

正直に誠実に話すことで、次の一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

とはいえ、最近の『しくじり先生』は歴史上の人物なども取り上げ始め、少々ネタ切れのニオイも……。上記の人々が出演できるときがくるまで、存続してくれることを願います。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12063514/]

出演まで至るのは10%以下

o20160926-2

--先生の出演者はどのように決めていくんですか?

金井:定例会議で作家からアイディアを募集して、候補が出てきます。その中からスタッフが興味があるないを振りわけつつも、雑誌や新聞の過去記事などを調べて、ブッキングに入ります。実際に事務所に電話をして、1回目の交渉ですね。

それで、結構はじかれます。事務所から「しくじっていません」とか「今さら言いたくないです」とか。いろんな理由で断られてしまうことがあって。《中略》

--断られたり断ったりで、採用率はどれくらい?

金井:10人に1人以下。10%切りますね。

--オファーして、こんなに出演率の低い番組って、他にありますか?

金井:ないでしょうね。相当大変です。

※同番組の金井大介プロデューサーへのインタビューから

[via:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151220/enn1512201110003-n1.htm]

2016年9月26日(月)のしくじり先生は、水道橋博士、徳光和夫の息子徳光正行、「マネーの虎」で名を馳せた南原竜樹社長が登壇

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事