OTHER

HEADLINE

野沢直子『しくじり』で渡米は逃亡だったと告白も『夢で逢えたら』伝説で盛り上がる

o20161013-1

10月10日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に野沢直子が講師役で出演。“伝説のコント番組”と呼ばれる『夢で逢えたら』降板の真相を明かし、ネット上で話題となっている。

野沢直子は多数のレギュラー番組を持っていた1991年3月に、突如日本での芸能活動休止を宣言。

レギュラー番組をすべて降板し、活動拠点をアメリカに移したが、実はお笑いが怖くなって逃げ出したというのが活動休止の理由だったと告白したのだ。

お笑いが怖くなった原因は、当時野沢がレギュラー出演していたフジテレビ系のコント番組『夢で逢えたら』だった。

o20161013-2

野沢は、同番組に出演していたダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコの才能を目の当たりにし絶望。

下積みもなくデビューし、常に順風満帆だった芸能生活のなかで、初めて挫折を味わい、何が面白いのかわからなくなり、逃げるようにしてアメリカに行ったという。

そのほかにも、野沢は『夢で逢えたら』の裏話を披露。するとツイッターでは、

「夢で逢えたらのいい話がいっぱい聞けて胸熱。野沢直子ちゃんがこんなこと思ってたなんて、全然知らなかった」

「野沢直子さんのしくじり話を聞いてるはずなのに『夢で逢えたら』を見たい!見たい!で頭がいっぱい胸いっぱい」

と、野沢の“しくじり話”よりも『夢で逢えたら』の知られざるエピソードを聞けたことに感動するネットユーザーが続出。さらに、

「小学生当時、夢で逢えたらやごっつええ感じを2台のビデオ機を繋げて自分好みのコントや企画、トークを繋げて編集してお気に入りビデオを作るという事をやっていた」

「『夢で逢えたら』本当にいい番組だったなぁ。後日NYまで野沢を探しに行った特番も覚えてる。ウッチャンの片言英語で探しあてたとか、清水ミッちゃんが泣いてたとか、まっちゃんだけ日本に残ってコント作ってたとか懐かし過ぎる」

「当時、小学校の高学年くらいで、土曜の夜、ねるとんのあとに夢で逢えたらを観て夜更かしするのがちょっと大人っぽくって、好きだった」

などと、『夢で逢えたら』放送当時の思い出話が多数投稿されていた。

1988年10月から1991年11月まで放送されていた『夢で逢えたら』は、当時まだ20代で“大物芸人”になる前だったダウンタウンとウッチャンナンチャンが共演していた“伝説のコント番組”として、今なお語り継がれている。

子供の頃にこの番組を観ていた30代から40代前半くらいの世代にとっては、特に思い入れが強い番組だ。

o20161013-3
o20161013-4

ちなみに、『夢で逢えたら』は、現在に至るまでDVD化されておらず、CSチャンネルなどでの再放送もない。そう簡単に見返すことができない番組だからこそ、思い入れも強くなるのかもしれない。

[via:http://www.news-postseven.com/archives/20161012_456398.html]

以後、米国を拠点にし続け、年に1回、夏に“出稼ぎ”帰国することが恒例になっている。

当時「2~3年で帰ってくる」と言っていた野沢だが「帰ってくる気はさらさら無かった」と告白した。

o20161013-5

『夢で逢えたら』で、他の5人から圧倒的な才能の差を見せつけられ、自分に絶望したからだったという。それまでの野沢は下積みもなくブレイクし、そのノリのまま人気スターになっていた。

ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、清水ミチコと共演して「自分はもうダメだと思った」と人生初の挫折を経験。「収録が始まると胃が痛くなった」。事実上の海外“逃亡”だった。

帰国時、当時の製作スタッフとの対談があり、他のメンバーも極度のプレッシャーと戦いながらコントを作り上げていたと明かされたという。

「ダメな自分を認めることでしか見えないこと、学べることもあると思う。一番悪いのはダメだと思ってその場から逃げ出すこと」と野沢は珍しく真剣な表情で生徒役の出演者に語りかけていた。

[via:http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161010-OHT1T50255.html]

ネットの反応

・そんなに昔だったのか
・おじさん、今回のカミングアウトは驚いたよ。
・この人元々受けてたというか目立つ言動で視聴者を驚かせていただけだからね。
・絶頂期は十分面白かったし、他にはいないキャラクターだったと思うんだけど。
・綾部も半年後しくじり先生に出演だな
・清水ミチコも夢逢えの収録の時は憂鬱だったって言ってたし、Youもごっつ出てた時には血尿が出たって言ってたな 当時のダウンタウンは鬼気迫ってて相当ヤバかったらしい
・元気が出るテレビで、たけしも当時、野沢の才能を認める発言してたよ。
・夢で逢えたらで一番面白くて人気が有ったのが清水ミチコの「みどり」だったし、ダウンタウン、ウンナンは言うまでもなく格上だったし、しんどかっただろうなあ
o20161013-7
・本当の逃げた理由はリンダリンダに二股かけられて捨てられたからだよな
 >それは言うなっ!ってキレてたなw
・春一番と破局してニューヨーク行ったのは抹殺されるの?
 >付き合ってたけど甲本ヒロトだよ 二股されてたの知ってショックで海外へ
・夏に毎年出稼ぎにきて普通に仕事があるのが十分凄い
・才能ないかもしれんが、当時絶頂だった山田邦子はもっとつまらなかった
・野沢直子がいなくなって出てきたのが久本雅美
・下手に批評眼があると、こういう余計な自己卑下に陥るんだよな もったいない
・チンパンジーズは再評価されていいバンド
・寝起きの不機嫌そうな面して打ち合わせに来て、次々にすごいネタ案出してくる松本に、あぁもう絶対勝てないと悟って逃げたって前に言ってたな
・ダウンタウンの二人が二人羽織でグダグタになっていくやつ、むちゃくちゃ笑った。
・ウンナンの2人でなければ番組続かなかったかも
・夢で逢えたらの野沢は、普段より大人しい感じはしてたな。
・浜田は後ろの百太郎が当たりキャラ。
o20161013-6
・他の人はちゃんとネタで売れてきた人達だったのに野沢は何でこのメンツに入ったのかよく分からん
 >逆だよ、ダウンタウンは野沢のおまけ、吉本のバーター 元々野沢のほうがダウンタウンより知名度があったからな
・正直夢で逢えたら見る限りはウンナンの方が才能あるように見えた
・浜田は当時から司会進行が抜群だったが、松ちゃんはあんまり目立ってた記憶がない
 >うんうん 松ちゃんも当時は見せ方模索して
 >番組の仕切りは最初清水ミチコだったんだよね 当然ハマタに奪われたけど
・久本より全然おもろいよ
・このメンバーがキングギドラの頭になってトークするコントがあってそれが超絶面白かったんだけどw
・当時お笑いみたいなことやってるのを那智さんはじめ野沢家の親族の人たちが快く思っていないって週刊誌か何かの記事で読んだ記憶あるな
o20161013-8
・もう需要ないのになんでいまだに吉本は給料払ってんだろう
 >吉本興業、東京進出第1弾タレントだったからって聞いたよ。吉本にとって、その功績は大きいんじゃない?
・DVD出せないのかなぁ録画したビデオ捨ててしまったからまた見てみたい
 >ダウンタウンは再放送okしない 理由は明かしたことない
・ピース綾部も逃亡かなぁ?

【関連リンク】

夢で逢えたら 名作コント

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事