OTHER

HEADLINE

売れっ子芸人の元相方が放送作家に転身するとだいたい上手くいく説

バラエティ番組で欠かすことのできない、売れっ子芸人。そんな彼らの元相方が、芸人廃業後は作家に転身して、大成功を収めているパターンが多いのをご存知だろうか?

「本人がよくテレビで話しているのは、ブラックマヨネーズの吉田敬。現在の相方である小杉竜一と組む前は、『ツインテール』というコンビ芸人でした。

当時の相方である和田義浩さんは今、関西で大人気の放送作家です」(在阪テレビ局のディレクター)

吉田が和田さんと組んでいたころ、小杉は“関西キング”というコンビ芸人だった。しかし、解散したのを聞きつけた吉田が、「組まへんか?」と告白。快諾の返事をもらってから、和田さんに解散の意を伝えている。

o20161027-1
結成時のブラックマヨネーズ

フラれた和田さんは当時から吉田の才能を評価していたため、潔く芸人から足を洗い、今ではブラマヨの関西ローカル番組を裏方として支えている。

「ビジリアン」というコンビ芸人だった小藪千豊も、元相方と別れている。中学生時代にバレーボール部で一緒だった山田知一さんと、NSC(よしもとのタレント養成学校)に入学。卒業後、芸人デビューした。

およそ8年も活動したが、山田さんには放送作家になりたい夢があり、交際していた女性との結婚を考えたため、小藪に解散を告げたという。快諾した小籔は芸人引退を考えたが、仲間の引き止めによって留意。

o20161027-2
ビリジアン

やがて、斜陽状態にあった吉本新喜劇を再建することになり、最年少座長に就任。現在の地位までのぼりつめた。山田さんは現在、やまだともカズ名義で放送作家として花開いている。

“元カレ”と仲良くできるのが、男芸人の世界。才覚ある芸人の陰には上質なブレーンがいるのだ。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/68762]

裏方に回る元芸人

たとえば、構成作家のオークラ。

バナナマン、おぎやはぎ、東京03といった、関東の本格的コント師の“脳”である彼は、『お願い!ランキング』(同)、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)や『ゴッドタン』(テレビ東京系)といった人気番組を手がける。

元は、人力舎所属のコンビ「細雪」。そのころ、バナナ・日村勇紀のズバ抜けたおもしろさにふれて、「勝てない」とギブアップ宣言して、書く側に回った。

o20161027-3
バナナ・設楽と構成作家のオークラ

ものまね芸人としてはトップクラスの、原口あきまさ。デビュー時は「チャムズン」というコンビ芸人だったが、解散後、相方の中村至誠は、放送作家に転身。所属していた事務所の芸人が出演する番組で、大喜利のお題を出すこともある。

ビビる大木は元、「ビビる」というコンビ芸人。相方の大内登は、芸能界引退を発表したあと、マネージャー業に転身。のちに、番組制作会社「ケイマックス」に所属して、現在もスタッフとして活動している。

同社は『A-studio』(TBS系)や『「ぷっ」すま』(テレ朝系)、『さまぁ~ず×さまぁ~ず』などを制作し、お笑いに強いことで知られている。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1218003/]

現役芸人も作家兼任

例えば、オードリー・若林正恭(37)の場合。

彼がお笑いにおいて、相方の春日俊彰(36)以上の信頼を置いているのは、同じ事務所ケイダッシュステージに所属するどきどきキャンプ・佐藤満春(37)だ。

o20161027-4
トイレ博士でもある佐藤満春

互いに人見知りで、学生時代から友人が少ないというネガティブな性格も一致した二人。珍しく若林のほうから心を開いたのだという。

満春はいまでは呼称“サトミツ”として、『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)の構成作家を務めており、ファンにも馴染みが深い。

オードリーのかねてからの良きブレーンであり、『M-1グランプリ2008』(テレビ朝日系)でのブレイク後も、オードリーの単独ライブやメイン番組で、構成作家の役割を担っている。

デンジャラス・安田はハガキ職人も

一方、土田晃之(43)、有吉弘行(41)、劇団ひとり(38)、などが慕う「竜平会」のボス、ダチョウ倶楽部・上島竜兵(54)を影で支える功労者がデンジャラス・安田和博(47)だ。

90年代中盤の“ボキャブラブーム”でアイドル的人気を博したデンジャラスだったが、ブーム終焉と同時に仕事が激減していった。

o20161027-5
竜平会

その頃に安田が始めたのが、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)へのハガキ投稿でのギャラ稼ぎだったのだが、同じ頃に始めたことがもうひとつあり、それが「ダチョウ倶楽部・上島竜兵が見せる奇怪な言動を雑記帳に書き残すこと」であった。

酒の席での上島の言動を逐一記録し、それらを後日改めて「竜兵会」などでネタにしていく。そこで最もウケたネタを、竜平会の芸人たちがバラエティ番組で話すことになるのだが、デンジャラス安田は、その際のシナリオを書く役まで任されるようになった。

今では、同じ“上島チルドレン”のひとりである有吉弘行の番組、DVDなどで、構成を担うようになった。

表舞台で活躍する芸人がいれば、その裏で彼らを支えるものもいる。その生き方もまた芸の道であることに違いはない。

[via:http://news.ameba.jp/20151028-744/]

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/10/29 14:35

    小籔の組んでいたコンビ名はビリジアンですよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事