OTHER

HEADLINE

祝福ムードの阿川佐和子結婚報道 実は友人の夫を略奪不倫疑惑が!?マスコミが触れない理由

sc20161129-1

エッセイスト、テレビの司会者として活躍中の阿川佐和子に結婚報道が浮上した。

相手のS氏は6歳年上で、元・慶應大学教授(2013年に定年退任)。阿川本人は入籍は否定しているものの、すでに同棲しており、「結婚秒読み」の状態にあるらしい。

「お見合い失敗30回」を自称し「元祖結婚できないキャラ」だったあの阿川さんがとうとう…という感じで、多くのメディアが祝福ムードでこの話題を紹介している。

だが、この報道、週刊誌を読むと、ちょっと奇妙な空気が漂っている。みんな何かをにおわせながら、でも決定的なことを書かない、そんな感じになっているのだ。

第一報の「FLASH」(光文社)11月29日・12月6日号からしてそうだった。

「FLASH」は「スクープ!阿川佐和子63歳!ついに結婚を明言!お相手はロマンスグレー紳士」と題し、同棲中の阿川とお相手のS氏を直撃したのだが、そこにはこんな記述があった。

〈「2人が出会ったのは30年前で、もともと阿川はSさんの奥さんと友人でした」(知人のコメント)〉

〈S氏は妻帯者だったが〉

〈最近、2人の関係に進展が訪れた。S氏の離婚が成立したというのだ。〉

もとは友人の夫で、離婚したのが「つい最近」てことは、友人からの”不倫略奪婚”ということだろう。ところが 「FLASH」はその部分をまったくツッコまず、そのまま祝福トーンで記事を締めている。

翌週11月23日発売の「女性セブン」(小学館)も同じだった。

やはり相手のA さん(S氏のこと)が友人の元夫であることを書いたうえで、Aさんの妻に直撃までしている。

〈元夫が友人と結婚するとなると、ちょっと複雑な思いもあるのでは…そんな想像をしつつ、Aさんの元夫人を訪ねると、笑顔を浮かべながらこう話した。

「本当にお幸せでいいと思います。私にとってはもう終わっている話ですから。それで(離婚したおかげで)今の私があるんですよ」

まったくトゲがないとは言わないが、そのサバサバとした表情からは大人の女性の余裕さえ感じられる。〉

しかし、「セブン」も記述はそれだけ。「不倫」とも「友人からの略奪」とも一切書かずに、なぜか高齢結婚のメリットを書き連ね最後は「アラ還こそ現代の結婚適齢期」などと書いて記事を終えている。

そもそも、出版関係者の間で、阿川佐和子が何年も前から友人の夫であるS氏と不倫中であることは知られた話だった。3年前にS氏の離婚が成立、その後、同棲を始めたというのがこれまでのいきさつだという。

今回の結婚報道後、阿川と親交のある嵐山光三郎も「週刊朝日」(朝日新聞出版)12月2日号の取材に対し、そのことをほのめかしていた。

〈僕ら業界の仲間うちでは佐和子さんにいい人がいるようだって話を聞いていたから、え、今頃になってスクープ?という感じなんだよ。〉

〈佐和子さんも相手が離婚をして、一緒に暮らすようになっても籍を入れるつもりはないって言ってるんでしょ? そりゃあ佐和子さんのほうが経済力もあるし新品だし(笑)、籍にこだわらないのはよくわかるよ。というより、もうこの問題に触れられたくないでしょ。〉

しかし、にもかかわらず、どのメディアも、2人がいつ付き合い始めたかについては一切触れず、不倫状態にあったという表現は徹底的に避けているのだ。

今回だけじゃない。実は、2年前に「週刊新潮」(新潮社)も阿川とS氏がマンションに入っていくツーショットをグラビアに掲載しているのだが、その際も「6歳ほど上で独身の男友達ですよ」という阿川のコメントを紹介しただけで、2人の関係については一切踏み込まなかった。

もちろん本サイトはこれまでも繰り返し主張してきたように、不倫だからといって、それを批判するつもりは毛頭ない。

むしろ、結婚なんていうのは、国家が決めた便宜上の制度に過ぎないのに、それを絶対的な価値として善悪を判断するのは、無自覚で過剰な道徳主義でしかないと考えている。

しかし、ベッキーに対してはあれだけ重大犯罪のように徹底的に糾弾したマスコミが、阿川については、不倫・略奪を知りながら、ここまで遠慮するというのは、いくらなんでも不平等すぎるだろう。

しかも、それは阿川のケースが熟年カップルだからではない。熟年でも松田聖子や小林幸子は叩かれた。

週刊誌が阿川の不倫に踏み込まないのは、阿川が売れっ子エッセイストであり作家だからだ。

ご存知の通り、マスコミ、特に出版社にとって作家はアンタッチャブルな存在として、批判がタブーとなっている。スキャンダルを掲載するなんてことはもとより、ちょっとでもご機嫌を損なうようなことも決してしない。

それは強面「週刊新潮」や 、”文春砲”などと盛んにもてはやされている「週刊文春」(文藝春秋)も例外ではない。新潮社は阿川の小説やエッセイ、翻訳など多数出版している。

文藝春秋は100万部のベストセラーとなった『聞く力』や『強父論』はじめ著書も多数出しているし、何より阿川は「週刊文春」の名物連載でもある連載対談のホストを長く務めている。「女性セブン」の小学館もドラマ化もされた阿川の初長編小説を出版している。

実際、先述の嵐山光三郎はこんな話も明かしている。

〈2カ月くらい前、週刊朝日で連載中のコラム「コンセント抜いたか」で、あの阿川佐和子もついに結婚かって一言書いたら、ゲラで削られちゃったんだよ(笑)。編集部で事実がつかめませんからって言ってさ。〉

相手が作家というだけで、この気の遣いよう。いずれにしても、今回の阿川のケースをみると、出版社にとって自分に利益をもたらしてくれる身内は「不倫」したっていいということだろう。

だったら、ベッキーやゲスの極み乙女。川谷絵音にもその十分の一くらい優しくしてやってくれたってよさそうなものだが……。

[via:http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161128/Litera_2730.html]

sc20161129-2

ネットの反応

・おおおめでとう!と思ったらなんだかいろんな話が……
・えっ!友人の元旦那なの?
・なんだ、不倫略奪かよw
・友人の旦那略奪ってファンモンと芸人みたい
・阿川さんが略奪婚するような人だと思わなかった・・・ おっぱいは凄くても幻滅した
・不倫略奪だと、遅れてきた瀬戸内寂聴みたいなことになるんか。
・何だろう、この詐欺感は。
・前の奥さんは祝福してるからそれでいいんじゃない?
・友達の壇ふみは祝福してくれるのか
・出版社の編集と不倫してたのが結婚しなかった理由
・阿川さんからはムンムン現役感が感じられたからやっぱりな、って感じ。
・本当にゲスい質問で悪いんだけど、この年齢になってもセックスするのかな。
・年取ると縫い針の糸通しと同じで なかなか入らないだろうなぁ
 >長い間不倫してたんだからズボスボだよw
・女は灰になるまで女です
・文春は、いくらなんでも阿川佐和子のスキャンダルは書けまい。
・浦沢直樹の不倫だって相手が自分の会社の社員だからスルー。
・文春砲とか文春しか信じないとか言ってる人、これが現実だよ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事