OTHER

HEADLINE

スマスマ最終回でキムタクぼっちをあえて放映!?中居の意味深サインの真意

最後の最後で、衝撃シーンが待っていた。

年内解散が決まっているSMAPが、26日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回特番でラストステージを迎えた。

最後に選んだのは代表曲「世界に一つだけの花」。歌い終えたメンバーは長時間頭を下げ、リーダーの中居正広は背を向けて号泣。

その時だ。

収録を終え、スタッフの拍手が鳴り止まぬ中、メンバーがステージから消えていく場面で、木村拓哉だけが“ぼっち”になってしまった。

「中居はスタッフに手を合わせたのち、そそくさと控え室へ。香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛らは付いて行きましたが、木村だけはその流れに乗れず、数秒間取り残されてしまったのです。

まるで仲間外れのイジメを見ているようでした」(スポーツ紙記者)

不思議なのは、大団円とは程遠いこのシーンをなぜ流したのか、だ。

番組関係者は「あれは放送事故ではありません。スマスマの最終回はジャニーズ事務所と何度も打ち合わせを重ねている。その結果、問題のシーンの放映にGOが出た。

これが何を意味するか?

一連の騒動で亀裂が入った中居ら独立画策組と、ジャニーズ残留を決めた木村の関係は、もう修復不可能。そのことを現実としてファンに提示する必要があると考えたからです。あれが、今現在のSMAPの姿なのです」と話す。

最終回特番では、デビューからのSMAPの歩みが紹介され、メンバー5人が笑顔ではしゃぐシーンも多く映し出された。それを見たファンは涙し、心の中で「またいつか……」と再結成を望んだことだろう。

しかし、その淡い期待は最後の木村の“ぼっち映像”で消え去った。

「あれが今のSMAP」

この言葉にすべてが集約されている。あまりにも切ないラストシーンだった。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12473260/]

中居正広の意味深サインの真意は?

ラストには、SMAP最大のヒット曲「世界に一つだけの花」を歌う姿が映された。

ファンが注目しているのは、「もともと特別な Only one」の歌詞の部分で、アレンジをすることが多いものの通常であれば人差し指1本を立てるところを、中居が5本の指を一つずつ折っていった場面。

最後には握った手を大きく開き力強く振った。

これについてSNS上には「感動した」「号泣した」というコメントがあふれている。

「5人でSMAP」という中居の思いの表れではとのファンの意見も多く見られ、

「中居くんが、指で5人一緒ってメッセージくれた」

「中居さんからのメッセージちゃんと受け止めたから。SMAPはずっと5人だから」

とあたたかい言葉が向けられている。

ほか、

「5人が1人ずつ減ってくって意味」

「1回0になるけど必ず5に戻るよって解釈もあるかも」

「『年末で解散するからあと5日(27~31日)でバイバイだね』って意味なのでは」

「中居さんの指メッセージは『あ・り・が・と・う…またね』っていうメッセージだと思います」

などと解釈はそれぞれだ。また、「中居くん指数えるときすごい力入れてたんだろうね。手のひらに痕が残ってるよ。もう、それだけで中居くんの思いは伝わるよね」といった声も寄せられている。

[via:http://www.cinematoday.jp/page/N0088621]

ネットの反応

・口パクじゃなかったのは評価するよw
・最後の挨拶や感謝の言葉を述べさせてもらえない代わりに想いの全てをあの5本の指に込めた感じがとても感動したわ
・中居に感心したのはスタッフとの記念写真でただ一人笑顔を絶やさなかったこと
・美談にしすぎ きっちりリハしたカメラワークで本人のアイディアかも怪しい
・手のアップもいいけどその時の中居くんの表情とかも見たかったわ
・まあ、出来レースだとしても何もメッセージないよりマシだとファンが思えば成功かな
・彼らの前にジュリーが仁王立ちしてたらと思うと恐いな

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事