OTHER

HEADLINE

芸能リポーター井上公造にバッシング!?業界内でも陰口が囁かれだしたワケ


「大物女優Nが6月結婚」「名字です」

芸能リポーターの井上公造氏が、1月28日に放送された『おかべろ』(関西テレビ)に出演し、司会のナインティナイン・岡村隆史から芸能人の結婚ネタについて聞かれ、得意のイニシャルトークで「女優N」が6月に結婚するかもしれないと予言をした。

しかし、最近の井上氏の言動をめぐっては、同業者からも批判的な声があがっているようだ。

たとえば、昨年10月31日に放送された『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)内で井上氏は、「明日か明後日に結婚を発表する大物カップルがいる」と宣言。

結局、結婚を発表したのはモデルの押切もえと千葉ロッテマリーンズの涌井秀章投手だったのだが、誰か誰かと待ちわびていた芸能記者からは「押切で大物かよ……」といった声が相次ぎ、結果として2人の結婚をめぐりマスコミは、一様に白けムードとなってしまった。

また、これに先立つ昨年1月中旬、SMAP解散騒動が浮上した際、井上氏はTwitterで「ボクの取材では事態はいい方向に向かっています!」と発言。

これにはファンたちも一度は安堵し、井上氏の投稿へのリツイートもかなりの数を記録した。しかし、結果として解散となったときには、「本当に適当だな」などと批判を受ける事態となった。

きっかけはASKA

そして、井上氏が強く世間の批判を浴びたのが、ASKAの未発表曲を無断で公表した事件だろう。

昨年11月28日、警視庁は覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、ASKAを逮捕したが、そのASKAと15年12月以降、しばしば個人的に連絡を取り合っていたという井上氏は、逮捕当日放送の『ミヤネ屋』に出演し、15年12月にASKAから送付されたという未発表の楽曲を公開。

同番組は「独占入手 ASKA元被告 “新曲”」というテロップと共に放送した。

この井上氏の行動についてASKA容疑者は、放送後に受けた『ミヤネ屋』の取材において、「公造さん、曲を流しちゃダメだって」と抗議。

プロのミュージシャンであるASKAが作曲した未発表曲を、本人に無断で公開した井上氏の行為に対し、批判の声が上がった。ちなみに、この井上氏の行為は、「公表権」という権利を侵害する違法行為となる可能性がある。

売れっ子ゆえに風当たりが強い!?

以上のような井上氏の行為について、同業者である芸能リポーターが語る。

「芸能リポーターは、まず顔出しした時点で、週刊誌やスポーツ紙の記者などに比べると不利な立場になります。ネタは入ってこなくなるし、現場の記者たちからの信用がなくなる。

でも、そんななかで今の地位を築き上げてきたのが井上さんだと思いますし、尊敬はしています。

しかし、ASKAの曲を無断で公共の電波で流すなど、最近の井上さんの行動は、芸能レポーターの範疇を逸脱して、行き過ぎているというか、派手になり過ぎていると感じます。

結果的に『ミヤネ屋』内で井上さんは、司会の宮根(誠司さん)と一緒に謝罪していましたが、同じ芸能リポーターとして自分もすごくプライドが傷つくし、恥ずかしい。やめてほしいなと思いましたね」

今、日本でもっとも売れっ子な芸能レポーターともいえる井上氏に対する、同業者からの風当たりが強くなっているようだ。

[via:http://biz-journal.jp/2017/02/post_17907.html]

同業者からも過激な陰口

芸能リポーターの井上公造氏への批判が強まっているが、業界内でも“陰口”がささやかれだした。

「あの人が番組で自慢げに話している中には、週刊誌の記事そのままのものがあって、『またパクられた』とこぼす記者もいる」(雑誌記者)

「同じネタの使い回しが多い。こっちで『とっておきの独占情報』とか言っておいて、ほかの番組でも同じ内容をしゃべっていた」(テレビディレクター)

「『ファンが知りたいから、芸能人のプライベートを取材してる』と番組で言ったそばから、別の番組では『マスコミは小林麻央への取材を止めるべき』と、ほかのマスコミを悪者にしていたのは調子がよすぎる」(放送作家)《中略》

人気タレントばりにテレビ出演の多い井上氏だけに、こうした陰口はやっかみ半分かもしれないが、女性リポーターはさらに、こんなダークな話を続ける。

「あの人は昔、ヤクザの動向をメインに扱う暴力団情報雑誌を立ち上げたことがあって、そっちの世界にかなり精通している人。

同じバックボーンのある芸能界には、そのつながりがあって起用されているらしく、コワモテの芸能界ドンたちがついているとか。

だから彼は、そのドンの傘下のタレントに関しては一切、ネガティブなネタを言わない。逆に言えば、そういう流れに反して独立した女優の能年玲奈のことなんかは悪く言う」

あくまで同業者の“陰口”でしかない話だが、日頃、タレントの私生活を面白おかしく報じている芸能取材者の中でも、井上氏の場合はかなりタレントに近い立場で仕事をしている点が異質で、その意味ではこうして自身についても面白おかしく伝えられることは仕方ないともいえそうだ。

[via:http://www.cyzo.com/2017/01/post_31088_entry.html]

これから井上氏はどうなる?

「信用はなくしても、大手事務所の広報的存在として生き残るでしょう。芸能事務所は所属タレントに関するニセ恋愛の話題で常に宣伝効果を狙っています。井上氏はそんなガセ情報の宣伝マンとして利用価値もあるのです」(先の記者)

[via:http://news.infoseek.co.jp/article/newscafe_1993392/]

ネットの反応

・芸能事務所のポチ
・ライザップのCMにまで出るようになって勘違いが著しい
・みやねがらみでバーニングだろw
・テレビに出てる芸能リポーターって殆ど井上の事務所所属だぞ
・事務所の犬だから情報は早いけど、それが全部事務所の意向ってことかw
・芸NOリポーターのプライドってw
 >見る方も取材する方もプライドなんか持ったらあかんやろ
・井上何か悪い事したのかな?何の制裁だろか。
・ASKAの事件以来、芸能人の友達なのか、ジャーナリストなのか、公私混同が激しいから、芸能人も事務所も気を許せないんだろうね。
・芸能人サイドから好意的に扱われてる時点でもうプロじゃないよね
・梨元や東海林は批判はあるが人生賭けていたからなあ
・梨元は井上に対してジャニーズに魂売った犬呼ばわりしてたからなあw
 >その梨元は稲垣メンバー騒動で完全に干されたw
・今田が関西の番組で「井上さんも最近ネットで叩かれてますねw」ってハム造に言ってたなw
・芸能リポーターというより権力持った大手芸能事務所のフリーの広報だよね
・ハム造がネタにするしないで芸能界のパワーバランスが分かります
・マギーのことなんにも言わないじゃん。
・芸能人と友達になりたいだけ ただのミーハー
・ハム造のガイドライン
寝耳に水だった場合→「噂は前からあった」
他所にスッパ抜かれた場合→「掴んではいたけど敢えて書かなかった」
リークが外れた場合→「僕が聞いてた話とは違う」
誇示したい場合→「僕は伝聞ではなく本人から直接連絡もらいましたけどネ」
 >本人の声で脳内再現余裕でした

コメント

  1. 2
    2017/02/02 22:11


    突っ込んだ奴負け

  2. 1
    2017/02/02 22:10

    ちょっとあげあしをとてらおつけいこむ、できるとおもっているばかばっかだな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事