OTHER

HEADLINE

もう消えかけてる!?2017年一発屋になりそうな男 ダントツ1位に納得!?「正直、仕方ない」

SPA!恒例企画「男が選ぶ[好きな男・嫌いな男]」。各ランキングに1人1票という形で30~49歳の男性500人へのアンケートを敢行。

集められた公正でリアルな声によってランキングを作成した。時代の映し鏡とも言われるこのランキング。今回はどんな現代の諸相が映し出されたのだろうか!?

2017年 一発屋になりそうな男

1位 永野…219票

2位 ピコ太郎…42票

3位 カズレーザー(メイプル超合金)…35票

4位 りゅうちぇる…16票

5位 斎藤 司(トレンディエンジェル)…12票

次点:ドナルド・トランプ、ハリウッドザコシショウ

「’17年、一発屋になりそうな男」では永野が2位のピコ太郎を大きく引き離しダントツの1位に。

「どこが面白いのかわからない」(43歳・自営業)、

「すでに消える気配が」(48歳・公務員)、

「消えてほしい」(49歳・土木設計)

と散々な言われようだが、本人の反応やいかに?

「俺は一発屋にはならないし、今年も絶対に消えないから見てろよ!……と本当なら威勢よく言いたいところですけど、正直な感想を言うと、そう言われても仕方ないかなと思います。

テレビに出られなければ『あいつ一発屋だよ』とすらも言ってもらえないのでありがたいですよ。もちろん『消えてほしい』って言われていい気はしないし凹みますけど(笑)」

なんだかいつもの勢いが感じられないが、一発屋の称号をありがたく感じてしまうのは、長かった下積み時代の記憶からなのだとか。

「僕、21年売れてなくて、40歳になるまでほとんどテレビに出られなかったんですよね。いい年してフリーターですよ。居酒屋とかで若い人と一緒に働くのも恥ずかしくて、ビルの搬入のバイトで生計を立てていたくらいなので。

だからこの『とりあえず’17年には終わるだろう』(39歳・無職)とか、『お前無職なんだから他人のことよりまず自分の心配しろよ!』と思う半面、僕、この人の気持ち少しわかる。むしろ話が合う気がします」

現在は多忙な毎日を送るものの、周囲から「次どうするの!?」と聞かれることが増え、不安を覚え始めているのだとか。

「このまま消えないためにも、’17年はいっそ“いい人キャラ”でも演じてみますかね。カメラの前で謙虚なことを言ったりして『え、撮ってたの? イメージが崩れるからこんなとこ撮るな~!』みたいな」

生き残りを懸けたキャラ変は果たして成功なるか!?

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12822807/]

ブレイク芸人ランキング
2016年TOP10

1位 メイプル超合金
2位 ピコ太郎(古坂大魔王)
3位 トレンディエンジェル
4位 横澤夏子
5位 オリエンタルラジオ
6位 平野ノラ
7位 おかずクラブ
8位 渡辺直美
9位 永野
10位 ゆりやんレトリィバァ

[via:http://www.oricon.co.jp/special/49588/]

ネットの反応

・ピコ太郎の一発は大きすぎる
・永野の笑ってない目が怖い
・永野はもうすでに消えかけてる。
・確かに無職には言われたくないかもね。
・カズレーザは消えない気がするけど…。
・永野って一発屋? そこまでヒットしてないと思うが
・テレビに出演した当初から、なんで人気あるか今でもわからない…。
・いい人そうだし嫌いではないけど、トーク力がないのは致命的だと。
・二位以外は一発屋とは違う思うねんけど。
・カズレーザー以外は別にいなくても、って思う存在だもんな。
・そういえば最近見ないね
・ブレイクしただけでもすごいよ。ただ、すべり芸が多くなり過ぎた感はある。
・永野のIPPONグランプリでの滑りっぷりは伝説
・生理的に受け付けないのよ顔が
・永野の一生懸命なステージ、私は感動したよ。応援したいと思ったよ。
・次点にドナルド・トランプって?ワロタ!
・小島よしおやゲッツは一発屋で食べていけてる
・ピコ太郎は元に戻るだけだし、りゅうちぇるはペコの実家が大金持ちだからなぁ
・コロチキのナダルも今年消えそう
・ブルゾンは下積み短い分、一気にガタ落ちそう
・一発屋と言えばエレキテル連合と8.6秒なんだけど
・永野って感情が表に出やすいからダメだと思う。プライド高くて、せっかくイジって貰えても面白い事返すどころか、ムッとしたのが顔と態度にまず出ちゃう。
 >そういう笑いだと思ってる
・永野は不快度指数が高いので地下活動で充分だと思う。お金を握ってはいけない感じの人。
・ピコ太郎より〜普通に〜永野が好き〜♪
・芸人さんてテレビでの露出が少なくなると 消えた、干された などとみなさんお考えですが、劇場やライブ、地方営業などと活躍の幅は広いのです
・アキラ100%

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事