OTHER

HEADLINE

ラッセンの性癖や女癖の悪さが明るみにwアパ不倫・青山真麻の暴露がきっかけ!?

俳優・袴田吉彦との“アパ不倫”で話題となったグラビアアイドル・青山真麻が27日、『バイキング』(フジテレビ系)にVTR出演。袴田のほかに、米国の画家、クリスチャン・ラッセン氏と“親密交際”していたことを明かした。

青山はVTRの中で、過去の恋愛エピソードについて問われると「イルカの絵を描いてる人ですかね」とポツリ。その後、あっさり「ラッセンさんですね」と実名を口にした。

出会いはおよそ5年前で、友人を介して知り合ったという。青山は“いい思い出”として「『今日サプライズがあるんだ』って箱を渡されて、そこにサインが書いてあったんですよ。

私の名前も書いてあって、そこにLOVEって。(箱を)開けたら、ブレスレットだった」と、プレゼントを贈られたことも明かしている。

スタジオ出演していた東国原英夫氏は、VTR明けで「大したツラしてないのにね! 誰か黙らせろ」と、青山をブッタ斬り。MCの坂上忍も「ラッセンの絵も見方が変わる」と絶句した。

ネット上では「絶対にウソ」「また売名か」という声が圧倒的だが、芸能マスコミの間ではラッセンは「超」の付く日本人好きで有名。

年に数回来日するのも「日本人女性と会うため」(関係者)というから、青山の話はまんざらでもない。

ある芸能関係者も「ラッセンはドスケベ。彼の取り巻きにハーフのタレントがいて、その男が女性をラッセンに斡旋している。ラッセン人脈の中にはGACKTもいる」と明かす。

ただ、青山の言うようにラッセンは紳士で「女性を乱暴に扱ったりはしない」(同)とのこと。一方で「性癖は少し変わっていて、暗闇の中でアイドルコンサートのようにペンライトを使う」(同)という。

あふれんばかりの性欲……いや、バイタリティーが、あの芸術作品を生む原動力になっているようだ。

[via:http://www.cyzo.com/2017/03/post_32105_entry.html]

ネットの反応

・有名インテリア画家ではあるが大物でも芸術家でもない
・ラッセンて日本の女とセックスするために来日してるんだろ
・ラッセンって確かバイなんだよね。男とやる時は案外ネコだったりすんのかな。
・ラッセンはブス専
・ラッセンは芸能人の女だったら誰でも家に招いてヤろうとするらしいからなw
・ホモじゃない芸術家ってどうなのよ
・つか、ラッセンの方はコールガールだと思ってるだろ?
・ラッセンは来日したら六本木あたりで女ひっかけて遊びまわっているらしいから、特に衝撃もないな
・1回飯食ったくらいを脳内変換して恋愛とか言ってるだけだろ
・ラッセン 日本人の女を片っ端からナンパしてるよ。バブルの時から。
・アホなテレビ局が永野とコイツでラッセンネタやらせそう
・ラッセンって日本来た時手当たり次第口説いてヤッてて番組で仕事したことある青田典子もヤラれそうになったって言ってたぐらい
・ラッセンは手当たり次第だし、このねえちゃんは誰と寝る足軽女っぽいし
・ラッセンの来日時のパーティに潜りこんで近づいて一晩だけハメたみたいだな ラッセンは名前すら覚えてないよ
・むしろラッセンの勇気を讃えるべき

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/04/04 19:11

    日本人が『ブス』と称する女って海外人からは天使なんだよ。
    海外人の美的感覚を日本人感覚で言ってはダメだって•••

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事