OTHER

HEADLINE

中島美嘉の現在 青山のバーにシークレット出演!周囲も驚くハイテンションに・・・アレを心配する声も


中島美嘉 青山のバーにシークレット出演して絶唱

腕を振り上げ、体を激しく揺らしながら、声を張り上げる……、そんな中島美嘉(35)のノリノリな姿が目撃されたのは、5月下旬の深夜だった。

場所は、ローリング・ストーンズやデヴィッド・ボウイなども訪れたことがある東京都心の老舗ロック・バー『R』。

「この夜は常連のミュージシャンたちによるセッションライブが行われていました。23時に開始しましたが、その30分後に現れた中島美嘉さんの姿に大歓声が上がりました。観客たちには彼女の出演は知らされていなかったのです」(音楽関係者)

中島といえば、今年2月にバレーボール選手・清水邦広(31)との離婚を発表したばかり。前出の音楽関係者が続ける。

「結婚生活は3年あまりでした。バラエティ番組などで2人のラブラブな姿も報じられていただけに、中島さんも傷心の日々を送っているのかと思いましたが、Rでの彼女は周囲が驚くほどのハイテンションでしたね」

この日は全国ツアーの合間にあたっており、中島はまるで多忙スケジュールのストレスを発散するかのように歌い続けていたという。

「ヒット曲『雪の華』のような、バラードの印象が強い中島さんですが、この日歌ったのは、すべて英語のロックでした」

中島は3曲ほど歌い終わると、「あ~、疲れちゃったぁ!。○○さん、代わりに歌ってよ!」とバーのオーナーにリクエスト。最後はオーナーといっしょにローリング・ストーンズの名曲『サティスファクション』を絶唱。

彼女はステージを終えると、バーの前に止めてあったロールスロイスに乗り込み去っていった。怒涛の“中島美嘉タイム”は30分ほど。離婚を糧にして、さらにパワーアップさせた歌声に観客たちも大満足だったという。

[via:女性自身]
http://news.livedoor.com/article/detail/14898487/


2018年3月27日インスタより

茶髪ウィッグを着用したナチュラルメイク姿をInstagramで披露。「久しぶりのボサボサ茶髪」とうれしそうにコメントを添えた中島さん。

フワッとしたウェーブがかかった無造作茶髪ヘアはウイッグで、淡目のメイクと合わさって、近年の黒髪&くっきりメイクの姿とはまるで別人。

本人も「自分でも懐かしい」としているように、多くのファンはデビュー当時の中島さんを連想したようです。


2016年7月27日インスタより

ネットの反応

・ノリピーの再来w
・クスリ?
・ちょっとイカれてるのかな。
 イケない薬とかしてなきゃいいけどね。
・躁病? 非合法のクスリ?
・はい、尿検
・難聴は治ったのか?
・めっちゃ楽しそうだね。その場にいたかったね。
・マリリン万損みたいになってた人だろ
・サイバーみかぴーwww
・金はあるがオツムの足りなそうな人たちはヤクの売人のいいカモだろうな
・あ、離婚してたんだ やっぱりなあ
・あの不自然なラブラブ感は別れるだろうと思ってたけど
・鬼塚ちひろと同類の臭いがぷんぷんする
・青山のレッドシューズやね
>バーの前に止めてあったロールスロイスに乗り込み去っていった。
・記事書いてもらうためのお仕事やんw
・ロールスロイスw
・なんかロック歌手扱いだけど「元々秋元康プロデュースのアイドル」だからな
・35か。暴れられるのもあと2~3年。
 遊べるうちに遊んどけばいい。
・熱しやすく冷めやすいのか?
 それともメンヘラか 罠臭が半端ない
・一人で勝手に盛り上がってアタックして恥ずかしい発言しまくって勝手に盛り下がって離婚
・「絶唱」って凄そうだなw
・清水に駅弁されてたとしか思えない
・旦那は膝の靭帯やって重症だってな
 離婚&選手生命終了で運悪過ぎ
・ルックスメインの雰囲気歌手だから、アラフォーになったら生き残るの大変だろうな
・結婚生活がストレスだったんだから離婚してテンション上がるのは当たり前じゃないの
・昔同棲していたギタリストの田中義人は
 ジストニア発症してしまったし、ほんとサゲマンだな
・下げマンここに極まる
・だんだん浜崎あゆみ的にネタ化してきたな
・この日かな?

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/06/24 20:51

    写真が鈴木紗理奈に見えたぞ
    てかこの人結婚にはむかない

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事