OTHER

HEADLINE

新しい地図『笑ってはいけない』出演が中止になった裏事情 飯島マネが目論む地上波復帰計画とは

12月7日より、稲垣吾郎主演ドラマ「東京BTH~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~」(Amazon Prime Video)がスタートする。一部では同ドラマのスタッフに、注目が集まっているという。

「『東京BTH』の企画・脚本を務めるのは放送作家の鈴木おさむです。鈴木といえば今年の10月、『フライデー』にて、新しい地図によるバラエティ『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)に関わっていたことが理由でジャニーズが激怒、業界には『鈴木の起用を控えるように』とお達しがあったと報じられました。

しかし番組自体は1年近く前の放送でしたから、ファンからは『なぜ今さら?』との声も飛び交っていた。その後、新ドラマが発表されたわけですが、おそらくジャニーズにはスタッフ情報が早い段階で入っていたため、このタイミングで鈴木を牽制する形となったのでしょう」(テレビ誌記者)

今回、ドラマが決まった稲垣だけでなく、香取慎吾や草なぎ剛も、舞台や映画などで多忙な日々を送っているが、3人による地上波での仕事はいまだ決まっていない。

そんな中、バラエティ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年末特番「笑ってはいけないシリーズ」に、「新しい地図」を出演させる動きがあったという。

「11月13日発売の『フラッシュ』が、年末の『ガキ使』に『新しい地図』を出演させる企画が進行していたと報じています。

それによると、『ガキ使』メンバーがカラオケボックスを覗くと3人がおり、SMAPの有名曲が流れたり、モノマネ芸人が登場するなどの構成までできあがっていたとのこと。

しかし最終的に、日テレはジャニーズに忖度したそうで、土壇場で中止になったようです」(前出・テレビ誌記者)

他の番組には、多くのジャニーズメンバーが出演しているため、事務所の顔色をうかがったと思われる日テレ。

もしも人気番組である「ガキ使」が、先頭を切って3人を出演させていれば、芸能界の流れは大きく変わっていたに違いない。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/116206

飯島マネの地上波復帰計画
まずは草なぎから?

「日テレ恒例の年末番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』で、3人にオファーを出す動きがあった」

こう語るのは、ある芸能プロ関係者。「笑ってはいけない」で知られる人気番組だ。

「企画案は『ガキ使』メンバーがカラオケボックスの部屋を覗くと3人がおり、『誰か』を待っている……というもの。

SMAPの有名曲が流れたり、待ち人が来たと思ったらものまね芸人だった……なんてオチまで考えていたようだが、最終的に日テレがジャニーズに忖度。土壇場で話は立ち消えになった」

3人はCM契約料やSNSでの収入などを合わせると、独立前より稼いでいるという見立てもある。

それでも「新しい地図」をプロデュースする飯島三智氏(60)にとって、3人をゴールデン帯で地上波に出演させるのは独立以来の悲願。そこで、彼女が描く仰天のプランがある。

「飯島氏が企んでいるのが、『紅白』出演です。2020年の東京五輪に向け、局を挙げて五輪PRをおこなっているNHKにとって、『紅白』は格好の舞台。

3人はパラリンピックのスペシャルサポーターを務めており、オリ・パラ関連であれば、ノーギャラでも出演する可能性がある。

草なぎとNHKは、SMAP時代から続く『ブラタモリ』のナレーションや、単発の出演などで実績がある。『紅白』出演をステップに、キー局地上波への完全復帰を狙うのが飯島氏の戦略だ」(前出・芸能プロ関係者)

休みの取れない3人だが、前出のスポーツ紙記者によれば、「12月31日のスケジュールは空いている」という。さらに、2018年の元日は午前0時45分からAbemaTVで生放送に出演したが、2019年は午後3時からと余裕がある。

2019年、地上波で草なぎを見る日が来る。

[via:SmartFLASH]
https://smart-flash.jp/showbiz/54852

今年はトレジャーハンター

日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』の大みそか恒例の特番「絶対に笑ってはいけない」シリーズが、今年は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』として放送されることが14日、分かった。12月31日(18:30~24:30)に、6時間にわたって放送される。

13年目となる今年は、ダウンタウン(松本人志、浜田雅功)、月亭方正、ココリコ(遠藤章造、田中直樹)の5人が、新人トレジャーハンターにふんし、「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」でさまざまな研修を実施。数々な笑いのトラップに笑ってしまうと、お仕置きを受けることになる。

ロケは今月上旬に行われ、関東のある県の廃校になった学校2校を貸し切り、壮大な撮影を展開。比較的天候にも恵まれ、無事に終了した。

今年も、豪華ゲストが笑いの刺客として登場。研究所に向かうバスでは、今旬の女優が伝説のスケバンにふんし、メンバーの秘密を暴露するほか、日本アカデミー賞受賞の若手女優の本気面接に、メンバーが爆笑する。

もちろん、超大物タレントがふんする考古学研究所の所長へのあいさつは欠かさず、待機部屋では名物の引き出しネタに加え、大物落語家・有名文化人たちが参戦。有名親子に人気子役、そして「ガッデム!」でおなじみのプロレスラーの登場も予告されている。さらに、恒例の「驚いてはいけない」がリニューアルされているという。

[via:SmartFLASH]
https://news.mynavi.jp/article/20181115-724342/


目撃された『ガキ使』バス ロケ地は2年連続で千葉県の勝浦市立北中学校(廃校)

ネットの反応

・じらされると見たくなる
 引っ張り過ぎると出る出る詐欺になっちまうぞ
・ジャニーズによる威力営業妨害
・3人を出すことはヤラセより大変な事案なんだな
・これこそパワハラじゃないか。
・日テレはジャニーズとズブズブだろ
・日テレってより、よしもとがジャニーズに忖度したんだろ。
・こんな企画に出たほうが落ちぶれ感出るから出なくて正解だけどな
・最初の出るかもって情報からしてガセだろ
・今年は3人とも舞台、稽古と他の収録とかやってたから実質的に無理
・SMAPの曲をかけるのは無理だから、この記事は嘘だろ
 >曲かけるどころか、曲名を言うのもNGだってぶっちゃけてたなw
・ジャニーズに牛耳られてる なさけねえ糞地上波
・ダウンコの政治力って全くないんだな
・吉本でもジャニには逆らえんのか
・どこか一局でも地図メン使ってみたら面白いだろうに
・フジテレビ辺りは思い切ってジャニーズ事務所を完全に切っちゃえよ
・地図の三人がイベントに出ても撮さない編集するのはなぜなのかなー
・あの3人が本気で笑かしにきたらおもろいで設定の脚本期待してたのにー
 >禿げのCMとコラボして谷村新司と一緒に出てきたらコーヒーを吹き出す自信がある
・3人で歌い始めて木村と中居のパートで死んだ顔で黙るだけで余裕で「全員アウト」だもんな
・草脱ぎのマッパでローリングで一発よ
・ホンモノ3人とモノマネのキム中居が並んで座ってるだけで面白いのに

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/11/29 15:21

    アイドル気取りのおじさんたちはもう国民的スターでもないし、ニーズがない。ただそれだけのこと。

  2. 1
    名無しさん 2018/11/21 8:14

    なんで冒頭に書いた事を繰り返すんだろ?
    ほぼ同じ文面ならそこははしょれよ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事