OTHER

HEADLINE

【女性アナ転職ゲーム】小川彩佳アナは報ステからNEWS23に!?テレ朝女子アナが退社する裏事情


身内に冷たいテレ朝?

テレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(34)が結婚と退社を発表したのは2月8日。当初は「結婚」に力点が置かれた報道だったが、すぐに「引き抜き」が焦点になった。

まず10日、デイリースポーツが「寿退社発表 小川アナ NEWS23 新キャスター候補 昨年9月まで『報ステ』 テレ朝辞めて即TBS裏番組へ 華麗なる転身!?」と報道。

次いで14日には夕刊フジが「“寿退社”小川彩佳アナに『ニュース23』起用報道 TBS女子アナは地獄…歯ぎしりのテレ朝」とTBSの女性アナウンサーに動揺が広がっていると伝えた。

結婚自体がテレ朝に対する“恫喝”だったと報じたのは21日に発売された「女性セブン」(小学館・3月7日号)だ。

掲載された記事「小川彩佳アナ(34)局内騒然!“あてつけ婚”退社 責任感の強い彼女がなぜ……」でテレビ朝日の関係者が背景を証言している。一部を引用させていただく。

《「『報道ステーション』からの降板が、退社の引き金となったのは間違いないでしょう(中略)後任は元テレ朝の徳永有美アナ(43才)。

なぜ今さらOGの起用なのか、他の局員からも疑問の声があがっていたし、彼女も不満を感じていたはず。そんな中、“報ステに戻れないなら、結婚して退社する”と会社側に突きつけたという話は耳にしました。

でも、会社側は聞きいれてくれず、退社にふみ切るしかなかったとか。ですから彼女の決断を“あてつけ婚”と言う人もいます》

そして23日、遂にスポニチアネックス(電子版)が「テレビ朝日を寿退社する小川彩佳アナがTBS『NEWS23』メインキャスター就任へ」とスクープ記事を打った。これが今のところ最新の状況になる。

2019年に入り、女性アナウンサーの退社が相次いでいる。1月31日にTBSを退職した、元アナウンサーの吉田明世(30)が2月17日、人気番組「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系列)に出演した。

吉田アナは2月1日に大手芸能事務所のアミューズと契約。フリーアナウンサーとなった途端、さっそく仕事が入ってきたわけだ。

反響は大きかった。ざっと検索しただけでも、スポニチアネックス、サンケイスポーツ、ORICON NEWS、ザテレビジョン……と多くのネットメディアが「吉田アナが他局初登場」と報じた。民放キー局の関係者が明かす。

「TBSでは番組進行アシスタントの役割を担っていたので、『行列のできる法律相談所』では自分がひな壇に座っていることへの戸惑いを吐露する場面もありました。

とはいえ彼女は『サンデージャポン』や『爆報!THE フライデー』で鍛えられています。下ネタも軽くかわす明るいキャラクターは、好感度抜群でしょう。

『行列』のスタッフは、そこに目をつけてキャスティングしたようです。フリートークもこなせるようですから、今後の活躍が期待されます」

そして今3月末にはTBSの宇垣美里アナ(27)、そしてテレビ朝日でも小川アナに加え、宇賀なつみアナ(32)も退社する。

実を言うと業界では、「テレビ朝日が番組制作の方針を変えない限り、退社する女性アナは増える」と囁かれているという。一体、テレビ朝日の何に問題があるのか。

「テレビ朝日は、自局のアナウンサーより、他局を退社してフリーになったアナウンサーを起用することが多いのです。自局のアナだと出演料がゼロです。

本来ならプロデューサーは、自局の女性アナを起用し、予算を他に向けたいはず。

ところがテレ朝では上層部が、番組の知名度上昇や話題作りを狙い、『他局で人気になり、フリーに転身したアナを起用しろ!』とトップダウンで指令を出す。最近こういうケースが多発しているそうです」(同・関係者)

具体例を挙げてみよう。朝の看板情報番組「モーニングショー」(月~金:午前8時~午前9時55分)でキャスターを務めるのは、元日テレの羽鳥慎一アナ(47)だ。

同じく元日テレの夏目三久アナ(34)は、2月からレギュラー番組「ポルポ」(日曜:午前1時~1時半)が始まった。

土曜夜の「サタデーステーション」(午後8時54分~午後10時10分)では、メインキャスターは元フジテレビの高島彩アナ(40)。

そして日曜夕方の「サンデーステーション」(午後4時半~午後6時)でも、元フジテレビの長野智子アナ(56)だ。

TBSも身内に冷たい?

ちなみに長野アナは古舘プロジェクトに所属しており、2000年から12年まで「ザ・スクープ」のキャスターを務めるなど、テレ朝との関係は深い。

また夏目アナの場合は、フリーに転身してから、半ば芸能人に近い立ち位置もキープしている。局アナではなく夏目アナがトークバラエティ番組「ポルポ」の司会に抜擢されるのは、仕方のないことかもしれない。

しかしながら、テレ朝が力を入れている情報・報道番組のうち3番組で、他局出身のフリーアナがキャスターを務めているわけだ。

テレ朝の女性アナたちが「自社の報道番組なら自社のアナウンサーを使うのが筋。それをなぜ、他局出身のフリーアナばかり重用するのか?」と不満を持つのも、ある意味当然かもしれない。

それでは、これまでにどんな女性アナがテレ朝を退社してきたか、表にまとめてみた。


テレビ朝日を退社した、主な女性アナウンサー

表を眺めてみれば、そもそもアナウンサーという職業を辞めてしまった女性も少なくないことに気づく。20代を社員アナとして突っ走っても、30代を契機に「キャリアチェンジ」を考えさせられる――それがテレ朝における女性アナウンサーの“伝統”とでも言うのだろうか?

「テレ朝の女性アナは、『アナウンサーとして能力を高め、キャリアを重ねても、看板番組のメインキャスターには就任できない』という事実を突きつけられ、辞めていくわけです。

皮肉なことにテレ朝は、小川彩佳アナだけは育てようとしていたようです。上層部にとって彼女の退社は、想定外だったと聞いています」(同・関係者)

民放キー局の予算は、年々、厳しさを増している。

テレ朝は、ギャラが高額だった古舘伊知郎(64)を「報道ステーション」から降板、期待する小川アナはAbemaTVで”武者修行”させるなど、社員アナウンサーの活用にシフトしようとした矢先、彼女は退社を発表した。

「仮に小川アナが退社せず、彼女をしっかり育てていったとしても、他の女性アナウンサーにくすぶる不満が、消えるはずはありません。この問題、非常に根深いのです。テレ朝は今の状況を改善していかないと、更に女性アナの退社が続くでしょう」

こうして小川アナはTBSを新天地に選んだわけだが、ライバル番組「報道ステーション」に出演していた女性アナが、「NEWS23」のメインキャスターに就任するとは前代未聞である。


テレビ朝日を退職する予定のアナウンサー

冒頭で紹介した夕刊フジの記事によると、TBSの女子アナに異論や憤懣が渦巻いているという。

小川アナはテレ朝の社員だった時、外様起用の“被害者”だった。そして今度はTBSで自分が“加害者”に回る。テレ朝だけでなく、TBSでも退職者が増加するのかもしれない。

いや何より、こんな“女性アナ転職ゲーム”を半ば呆れて眺めている視聴者は存外、多いのではないか。

[via:デイリー新潮]
http://news.livedoor.com/article/detail/16070049/

ネットの反応

・小川は感情出しすぎるんだよな。ニュース向いてないんじゃないの?
・この人の顔怖い
・あの人を喰う中国人みたいな目付きはどうにかならんのかね?
 >めっちゃ分かるw
・まさか偽装結婚じゃないだろうなw
・徳永はないやろ あのキャスティングは小川彩佳たんのみならず視聴者を敵にまわしてるわ
 >人材育ってないのと、誰がやっても女子アナ内がギスギスするからとか?
・安倍とベッタリのテレ朝社長が報道現場に介入してくるんだから そりゃやってられんわな
・看板番組しかやりたくないから退社するってわがまま過ぎるなこの女
・小川が降ろされたのは、社内のセクハラ問題で、露骨にイヤな顔してクビかしげたからだよ。ああいうの権力持ってる上層部からしたら懲罰対象なんだよ
・TV局をやめて別のTV局で働くのをみんなやってるならプラマイゼロじゃん
・なんかJリーグみたいだな 中でグルグル回すみたいな
・前代未聞じゃねーよ 渡辺真理
・逆に女子アナが誰も辞めずにみんな勤続15年30年になったらどうよ?
 >外注だと労基法とか関係なくなるしな
・フリー使いたがるのはテレ東以外は多少どこもあるからな
・ジャイアント林が「有田の夢なら醒めないで」でまさにこれ言ってた。元テレ東のフリー大橋がアシスタントやってるが、本来TBSアナの立ち位置なのにと
・朝の夏目といいまあTBSは訳ありフリーアナ 好きだよな
・相変わらず朝夕晩のメインはフリーアナか
・民放の女子アナなんてもう必要ないんじゃないか?
・テレ朝より高い視聴率叩き出してアベマ落ちさせた連中見返してほしいわw

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2019/02/25 20:55

    (ノ∀`)タハァ

  2. 1
    名無しさん 2019/02/25 17:21

    フリーアナを使うのはキャッシュバッグが目当てなんだろう

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事