OTHER

HEADLINE

田中みな実に昔の女子アナの根性を感じる

放送作家の山田美保子氏が、”ぶりっこキャラ”で人気を集めるTBSの田中みな実アナについて、ディープな分析を展開している。

山田美保子
かつてのような”スター女子アナ”が減っているという現状のなか、山田氏は田中みな実をどうみているのか。

田中みな実
良くも悪くも、あれだけ豊富に揃っていた在京テレビ局の女子アナにスターが居なくなって早数年。各局さまざまな”事情”があるのだけれど、共通するいちばんの理由は、女子大生にとって女子アナが憧れの職業No.1ではなくなったからではないだろうか。CAしかり。女子アナしかり。待遇面で極めて優遇された時代が終わってからというもの、際だった美人やキャラ立ちの女子アナが激減してしまったのである。

何千倍もの競争率を勝ち抜いて、せっかく入れたのだからなるべく長く居座ろう…というタイプもいまは少ないらしい。定説といわれる”30歳定年”を待たずに辞める女子アナも多いし、結婚や出産の時期も昔の女子アナに比べたら格段に早くなっている。

そんななか、田中みな実アナには昔の女子アナのような根性を感じる私。なぜなら彼女は、山本モナ(朝日放送出身)以降トレンドといわれる”ハーフ”でもなければ、平井理央アナ(フジテレビ)や青木裕子アナ(TBS)、紺野あさ美アナ(テレビ東京)のような元タレントでもない。

山本モナ|平井理央|青木裕子|紺野あさ美
山本モナ|平井理央
青木裕子|紺野あさ美

ちなみに、在阪の準キー局にハーフの山本モナが入った翌々年、フジテレビに政井マヤが入社。以降は、葉山エレーヌ(日本テレビ)や加藤シルビア(TBS)など、ハーフ女子アナが各局に増えつつある。タレントやミス・キャンパスとして大学在学中に名前を売って在京テレビ局に入るのも女子アナの”お約束”である。

政井マヤ|葉山エレーヌ|加藤シルビア
政井マヤ|葉山エレーヌ|加藤シルビア


だが、田中みな実アナは、ここでもミスではなく準ミスなのである。すべてにおいて、ややマイナスからのスタートだからだろうか。TBSには珍しく(!)、会社に言われたことはどんなにツライことでも笑顔でやり抜くという特徴が田中みな実アナにはある。

[Newsポストセブン]
http://www.news-postseven.com/archives/20120218_89122.html

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 7
    名無しさん 2012/03/13 17:13

    これぞまさしく憤り激しく怒り狂ってインナーぶったぎりに引き裂き剥ぎ取り激しく揉みしだきすいあげ撫で上げチチクリ回してしゃぶりつき力一杯ビンタぶちのめして張り倒しガッツリ指ピストン炸裂させ湿り臭い仕上がりのマンぐりぐりグッチョリこねくりまわしてねじこませ力強く腰を振り乱しひねくりうねらせ激しくピストン運動突き上げ躍らせあげて謂わしめガッツリいかされたアヘ顔にぶったぎり顔酌べっとりぶちまけ生き地獄のごとく贈らせたい!!アヘе

  2. 6
    名無しさん 2012/02/25 23:11

    所詮ヤリマン

  3. 5
    名無しさん 2012/02/21 23:30

    オバチャンの写真はいらんだろww

  4. 4
    名無しさん 2012/02/21 18:00

    徹していればいいよ。どうせ世間はTBSっていう事務所に所属してるタレントぐらいにしか思ってないから。

  5. 3
    名無しさん 2012/02/21 13:10

    マスコミはなんで、こんなアホアナをヨイショするんだぁ??
    ブリっこキャラするのもいいが本来の実力不足なんだから、そっちを優先するのが当たり前

  6. 2
    名無しさん 2012/02/21 12:56

    おめでとう!

  7. 1
    名無しさん 2012/02/21 12:47

    1初

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事