OTHER

HEADLINE

ロンブー復活会見 相方を見事に復帰させた策士・淳の手腕に称賛の声 宮迫と明暗をわけた理由

お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)と田村亮(48)が30日、東京・表参道のwall&wallでトークライブを行い、終了後に報道陣向けの会見を実施。

昨年12月に、淳は「株式会社LONDONBOOTS」を設立し、代表取締役に就任。闇営業問題で昨年6月24日より謹慎処分となっていた亮が10日に謹慎を解除されたことを受け、同社の所属タレントとして迎え入れることを発表したが、この日の会見では淳の“社長業”が幾度なく光り、和やかな会見となった。

まずは会見前。半年前の昨年7月20日に、宮迫博之(50)と亮が2時間半におよぶ会見を行った場所と同じ地であるゆえに、報道陣がところ狭しとひしめく状況となったが、淳が自ら「みなさん、もう入られていますか?」と進行役を担当。

冒頭では「今回は、吉本興業と株式会社LONDONBOOTSの2社で会見を行っております。今回、田村亮が芸能活動を再開するにあたって、どういう風に活動をするのか伝えたい」との思いを述べた。

この日は、髪の色を赤にしてコンビとしての再出発を印象づけた淳だが「この場所から始めようと。ロンドンブーツとしては2019年がすごく大きな出来事だったので、もう1回2人でゼロからまた始めていきたい。地上波の番組の方にも多大な迷惑をかけて、待っているみなさんにも迷惑かけました。もう1回僕たちが出発する姿を見せられたらいいなと思います」と言葉に力を込めた。

亮の地上波復帰に関する質問には、淳が「現場のスタッフの気持ち、会社を運営しているスタッフの気持ち、スポンサーのみなさんの気持ちを僕が代弁することはできないですが、現場のスタッフさんは動いてくれていますし、2人でやっていた『ロンドンハーツ』は亮の名前を出すようにしてくれている。どのくらい経ったらかわかりませんけど。今は一つひとつやれることを伝えていくしかない」と冷静にコメント。

今回のライブにいたるまで、慎重に事を進めて、事態を好転させていった淳だが「全然、想定内ではないですね。何が起きるかわからない。宮迫さんがYou Tubeを上げるのも想定外なので」と本音もチラリ。

「7月20日の会見では、亮さんがすごく顔が疲れていて、こんな表情になっているんだと思いました。なので、知り合いのエステの方に顔の筋肉を整えてもらって、今回の宣材写真を撮ってもらうところからはじめました。本当に社長業の方なんですよ。今後もそういう活動が増えるんだな」と語った。

一方の亮は「ライブ始まる前もお客さんに対して、田村淳自ら前説、出やすい状況を作ってくれたりしたので、ありがてーなと思いました」となぜか“江戸っ子”口調で感謝。

淳は「社長をやってみてわかったことがあって…。きのう渋谷のラジオ局に飛び込んで、仕事をもらってきたんですけど、亮さんにそのことを伝えたら、あんまりいい反応じゃなかったので、えって思いました」と笑いを交えながらも「今は舞台の裏では、亮さんが『社長』って呼んでくれないと振り向かないようにしています」と声を弾ませていた。

[via:オリコン]
https://www.oricon.co.jp/news/2154348/

会見で宮迫、社長会見に言及

──今日のこの会見に合わせたかのように宮迫さんがYouTuberとしてデビューされましたけれども、それは当然ご存知ですよね? それについてはどうなふうに思いますか

淳:僕はまだ見ていないんですよ。この会見があるから。見ると(会見で)聞かれるなっていうのが想像できたので。見たら答えないといけないし、嘘つきたくないんで。答えなきゃいけなくなることを回避するために、みなさんには申し訳ないですけど、見ないっていう手段を僕は取りました。で、きっと亮さんもそうなんだろうなと思ったら、亮さんは見てたんですよ(笑)。

会場:笑

──感想は?

亮:そうですね。おのおのスタートするために、宮迫さんはYouTuberとして、どんどん前に進んでるなあっていう感じはしました、はい。

淳:それぞれの進み方があるんだなあっていうね。僕は見てないんで。ギガ不足なんですよ、月末で。

──(笑)宮迫さんが「蛍原さんのとなりに並ぶことが目標」とおっしゃっているんですが、そうできない状況になってしまっているじゃないですか。でも、淳さんと亮さんはこのように並んでいるわけですけども。そのへんは淳さん、どう思いますか?

淳:うーん……でも、宮迫さんが今どういう思いでいるのかわからないですけど、蛍原さんはきっと、宮迫さんのことを待っていると思いますし、雨上がり決死隊っていうコンビが解散になったわけじゃないんで。

ただ、どういう形になるか僕はわからないです。僕は決めてることがあって、「よそのコンビのことと、よその家庭のことは口出さない」と僕は決めているんです。

不倫があろうが、コンビの中で何かが起ころうが、それは当事者だけが問題意識をもって解決策を見出していけばいいと思ってるんで。

願いとしては、一緒に番組をやってたこともあるんで、また雨上がり決死隊として動いてほしいなという思いはありますけど。きっと蛍原さんは待ち続けているんだろうと思います。

──宮迫さんと亮さんはお話をされたんですか?

亮:僕の謹慎が解けるときに報告しました。「10日で謹慎があけます」っていうようなお話はしました。

──宮迫さんからは何と?

亮:「よかったな」と。心配してくれてたんで、はい。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2020013000097.html

──謹慎中に先輩方や淳さんからもらった言葉で、印象深い言葉ってありますか?

亮:出川さんの言葉で。電話がかかってきて「申し訳ございません、ご迷惑をかけて……」とこちらが言ったら、話を遮って「待ってるから。待ってるから」その2回しか言わずに。「ありがとうございます」って言って(電話を)切ったときに、男前だな、かっこいいなと思いました。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2020013000098.html

――謹慎期間中に一番しんどかった時期は?

亮:一番は、この騒動で自分を擁護してくれている人たちが、ネットで「甘い」だのと攻撃されているのがしんどかったですね。淳のこともそうですし、松本さんもさんまさんも宮迫さんもそうです。自分が言われる分には納得というか、落としどころを見つけていたのですが。宮迫さんが悪く言われたのがしんどかったです。

――宮迫さんへの恨みはありますか?

亮:全然ないです。僕より後輩は別として、僕・宮迫さん・入江は、絶対にあれを止められることが1回はできた。誰のせいでもないです。みんなのせいです。

――吉本興業の社長も会見した。あの時はどう思った?

亮:(会見が)長かったですけど、全部の質問に答えようとしているんだなと思いました。

――社長会見ではタレントとのやりとりについても説明があった。事実関係と異なると感じた点はなかったか。

亮:自分目線と会社目線が違うのはわかっていた。僕が会見したときは自分目線でしかた答えられなかった。社長が会見したときは向こう側の目線。「なるほど」という気持ちにはなりました。それで「もっと話しておけばよかったな」という気持ちにもなりました。

淳:僕は会社の肩を持つ気持ちは全くないんですけど、ことの発端は2人が嘘をついたことからスタートしている。それで会社がジャッジをできなくなった。

会社が(芸人を)守ろうとすることで、後手後手になったことは、会社の対応の仕方になにか問題があったのかもしれないですけど、そこで出てきた亮に対する言葉とか、闇営業に行っていた芸人たちへの言葉とか、「すべては2人が嘘をついたことから始まったんだ」というところに立ち返らないと。

言った言わないが始まってしまうと、「誰が正しいか」というところに僕は話を持っていきたくなくて。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2020013000103.html

――吉本興業への思いは?

亮:淳が吉本興業との間に立って動いてくれたのもあるんですけど、それ以外で吉本の元マネージャーだったり、他のスタッフも含め、番組に戻るように動いてくれていることも聞いていたりして、大変感謝しています。ありがとうとしか思えなかったです。

淳:話を戻すようですけど、100%わだかまりがないようでしたら専属マネージメント契約になっていると思うんですよね(笑)。

亮さんの気持ちとしては晴れやかな気持ちになっているとは思うんですけど、この先、亮さんがエージェント契約が気に入らないってなったときに、亮さんの自由意志、会社を辞めるとか、吉本を断つとか、そういうことがあってもいいのかなと思っています。

加藤浩次さんが作ってくれたエージェント契約を株式会社LONDONBOOTSでも続いて、いろんな芸能の契約のありかた、いろんな選択ができるようになったらいいなと思っています。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/dot/2020013000105.html

さんま主催『囲む会』を辞退のワケ

事情を知るお笑いプロ関係者は話す。

「実は、昨年11月21日に明石家さんまさん(64)主催で行われた『みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会』、いわゆる『宮迫を囲む会』は当初、『宮迫と亮を囲む会』として行われるはずだったそうです。

さんまさんから亮に“こういう会をやるから”と連絡があったそうなんですが、亮は会への参加を断ったというんです。

これまで亮は相方の淳と密接に連絡をとりあって復帰への準備を進めてきました。というのも、亮は、宮迫との謝罪会見の直前まで淳に伝えず、これに淳は“何で俺に言ってくれなかった?”と疑問を呈したんです。

それに亮も“申し訳なかった”という思いに至り、あの会見以降、亮と淳は2人で復帰への道筋を作っていくために動いてきたといいます」

「大先輩であるさんまさんから『囲む会』をやるという話が来た際、亮は相当悩んだようですが、“本当に申し訳ありません。僕は淳とやりますので参加できません”と、丁重に断ったといいます。

何個も復帰へのルートを作ってしまうと、事務所サイドも“誰に頼って戻るんだ?”“どうしたいんだ?”と、不信感にもつながります。

また、“宮迫と距離を置く”という意味もあったのではないでしょうか。昨年7月、宮迫と亮が2人で会見を行いましたが、『囲む会』にまで2人一緒に出席してしまえば、2人がセット、コンビに見えてしまう恐れもある。

ロンブーの2人の中には“宮迫と一蓮托生ではない”という思いもあったかもしれません」(前出のお笑いプロ関係者)

[via:日刊大衆]
https://taishu.jp/articles/-/71883

「策士・田村淳」の評価

亮の復帰には、吉本興業とのつなぎとして「株式会社LONDONBOOTS」を設立するなど、相方の淳自らが次々と手を打ってきたことが大きい。

1月21日には、別の会見でも、淳は「(亮の復帰に関して)この一手を打つ意味とか、ここでこういう写真を出すとかの意味を、僕はキチンと考えながらやってきた」と話していた。

実際、会見では、記者から亮へ際どい質問が飛んでも、淳がスッとアシストに入る。会見中は「LONDONBOOTS」の社長という立場も自在に使い、亮のマネジメントする立場となったことも再三強調していた。

[via:日刊大衆]
https://smart-flash.jp/entame/92162

宮迫YouTubeと明暗をわけた理由

お笑い評論家のラリー遠田氏は亮の復帰をこう見る。

「宮迫さんの場合、地上波テレビに復帰というのは今はムリなので、できることを探した結果、YouTubeに行き着いたんでしょうね。しかし準備が甘かったのではないか。

動画で、宮迫さんは『僕は正直、テレビの人間です。YouTubeというものを敵として見ている側の人間だったんです』と、話していましたが、これは非常にまずい。

YouTubeを普段から見ている人や、ユーチューバーの人からしたら『敵』といわれていい気分はしないでしょう。

宮迫さんの動画は、思うがままに語っていて行き当たりばったりで、戦略がハッキリしていない」(お笑い評論家のラリー遠田)

2人に対して、現状では世間の反応は宮迫には厳しい意見が多く、亮は「いい人」という受け止め方が多い。

実際、ロンドンブーツの会見のネットのライブ中継では、「また2人で頑張ってほしい」「ロンブーおもしろいなあ」「いい会見。亮の人柄だね」と好意的なコメントで埋め尽くされた。

前出のラリー氏はこういう。

「タレントや芸人は世間の評判かすべてなので、亮さんが『いい人だな』と印象づけられたのは、今後の活動に有利ですね。宮迫さんの地上波復帰は、吉本とどう折り合いをつけるかにかかっている」

再び活躍できるか。賽は投げられた。

[via:AERA dot.]
https://dot.asahi.com/wa/2020013000099.html

【動画】ロンブー復帰会見の模様

ネットの反応

・宮迫みたいに嫌われてなくてよかったな
・淳有能だな
・こんな相方いて羨ましい
・宮迫より敦の方が、世間がどういう風に見るかをちゃんと捉えるね
・ツイッターさらっと見ても8~9割は好意的 きちんとした政策や信念があれば選挙当選するわw
・多分淳は表に立つ仕事よりもプロデュース業とかのほうがむいてると思う
・まあ喋りを武器にするのが芸人だもんな。それにひきかえ宮迫は
・宮迫が開設したブログに物凄い数の応援メッセージが届いてるよ
・でも芸人として面白くないよね
・宮迫ですら何の影響も無かったのに、亮なんて戻ってきて何するんだ
・業界全体が復帰させるのに必死だよな
・でも亮が復帰してもなにか変わるわけでもなく淳が宮迫をプロデュースするのがみんな幸せになれたのでは
・淳は宮迫を拒絶してたよ 怒りがあるとかではなく、関わりたくないという感じ 宮迫の動画も敢えて見てない 二人は同じ加地ファミリーなのに
・亮はまだ宮迫のことを気にしてる様子だった
・淳は上手い立ち回りだったわ
・メディアの前では亮を擁護せず、影では今日まで動き回ってた敦は凄いな
・亮を擁護するのではなくまず率先して批判したから、叩いていた連中が淳の意見を受け入れやすくなった
・淳は警察との諍い生配信でネットってどんなとこかって学習したからネット民を動かす方法を把握した感じ
・淳は本当に策士だな。数年後はどこかの街で街頭演説してるかもな。
・亮の人柄あってこそ
・計算通りなんだろうけど、ただただシラケる
・ダメな相方を助ける俺みたいなのをやりたいんだろうな
 >これまでと変わっとらんわなw
・宮迫はさんまが音頭とった以上は誰も手が出せない案件になってしまった。
・宮迫が斜め上の頭の悪さをわざわざ被せてきてるから淳が超有能にみえてしまう不思議
・何はともあれ「次」に繋がる会見だった
・今コンビで仕事なんかあんの?ロンハー最終回に出てテレビは終わりちゃう?
・綺麗に染めすぎたなw今日の赤は鮮やかすぎるw

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事