OTHER

HEADLINE

故・相澤会長が許せなかった男と聖子再生計画

5月23日、「芸能界の良心」と呼ばれ、メディア関係者からも慕われていたサンミュージックプロダクションの創業者で会長の相澤秀禎さんがすい臓がんのため亡くなった。昨年11月から闘病を続けていたという。享年83だった。

相澤秀禎
相澤秀禎

「タレントのスキャンダル取材の時には”書くな”と恫喝するプロダクションもありますが、相澤さんは”黒いものは黒い。でも、キレイな黒に書いてくれ”と穏やかに対応した。そう言われると、筆致や見出しもトーンが弱まるのが人情。20代の駆け出し記者にも”いつでも事務所にお茶を飲みに来てね。携帯の番号を交換しよう”でしたからね。業界内外にファンが多かったのも納得です」(マスコミ関係者)

28日と29日、都内で営まれる通夜、告別式には数多くの参列者が訪れ、故人を偲ぶことだろう。

峰岸徹

そんな温厚な会長が生前、「許さない」と話していた人物がいた。08年に65歳で亡くなった俳優の峰岸徹である。事情に詳しい芸能関係者がこう言う。

岡田有希子

「岡田有希子の自殺(86年、享年18)の引き金になったのが、峰岸との交際だったからです。ほかのウワサは都市伝説みたいなもの。実は、岡田は一冊の日記風のノートを残していて、その中には峰岸の名前はもちろん、いろんな楽しい思い出がつづられていた。でも、遊ばれたと気がついてからは、真綿で首を絞められるような苦しい心情が克明につづられていたそうです。日記の最後の言葉は『さようなら』。そのノートを死後に読み、真相を知った相澤さんの心中たるや。岡田の自殺から20年以上が経っても”あの男は許せない””あんな男だから俳優として大成しなかった”と語っていたものです」

あの世で見掛けたらぶん殴るに違いない。

また相澤さんが晩年まで気にかけていたのは、一時は17年もの間、絶縁状態にあった松田聖子(51)のことだった。

松田聖子
松田聖子

デビューから間もなく『青い珊瑚礁』など次々とヒットを飛ばし、ヘアスタイルも”聖子ちゃんカット”として大人気になった聖子。デビューから2年後の’82年には、初めての日本武道館コンサートも行った。しかし、聖子と相澤さんの蜜月は’89年に終わりを告げる。

聖子をアメリカで本格デビューさせたいというレコード会社の意向に、相澤さんは賛同できなかったのだ。結局、聖子はサンミュージックから独立したが、育ての親を裏切った”ワガママ独立”と批判を浴びることに。このときのことを、相澤さんは後にこう振り返っている。

「アメリカ進出を決断した彼女は、当時、何度も僕に電話をくれていました。けど、僕も若かったんですね。どうしても、その電話に出れませんでした。その後、ひとりになった彼女の、いろんなうわさを聞くにつけ、『せめて、あの時、あの電話に出ていれば……』と悔やみました」(『論座』’08年4月号)

その後、2人の絶縁状態は’06年に聖子が相澤さんをディナーショーに招待するまで17年間にも及んだ。

翌’07年、サンミュージックと松田聖子は”18年ぶり”の業務提携を発表。相澤さんは、聖子の歌手としての姿勢を評価し、かつてのような至高の輝きを取り戻させるための再生計画を練り始める。

相澤さんにとって”聖子再生計画”は人生の大きな目標になった。2年前には、「今度、僕と聖子と2人でアルバムを作ろうと考えているんだ」と目を輝かせて語ることもあった。レコード会社や聖子の所属事務所とのかねあいもあったのか、残念ながら相澤さんの願いはなかなか実現せず、逝去により果たせぬ夢となってしまった。

[ゲンダイネット 女性自身]
http://gendai.net/articles/view/geino/142584
http://jisin.jp/news/2588/5896/

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 13
    名無しさん 2013/06/04 6:27

    死してなお身代わりになってるってことか…

  2. 12
    名無しさん 2013/06/01 0:08

    三○村さんじゃなかったっけ?

  3. 11
    名無しさん 2013/05/31 12:10

    もうさ、サンミュージックって聞くだけで酒井法子の悪いイメージがあるんだよね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事