SCANDAL

HEADLINE

堀北真希を射止めた共演者キラー山本耕史の肉食オンナ遍歴

多くの男性が動揺した、堀北真希(26)と山本耕史(38)の結婚。堀北真希とは共演者同士の関係から結婚に至った。二人は2009年、フジテレビ系のドラマ『アタシんちの男子』の共演で山本耕史と知り合った。

それから6年後の2015年5月、舞台「嵐が丘」で恋人同士を演じ、6月から交際。8月から同棲を始め、8月22日に交際2か月のスピード結婚を発表した。

sc20150826-1

山本耕史は「共演者キラー」ぶりも話題になった。過去に山本耕史と噂になった女性を見てみよう。ミュージカルやドラマ、映画で共演した女優たちだ。

牧瀬里穂(43)、上原多香子(32)、松たか子(38)、スザンヌ(28)、中越典子(35)、佐藤江梨子(33)など、錚々たる顔ぶれだ。山本はよほど女優を引き付ける魅力を兼ね備えているのだろう。

ちなみに、ここに挙げた全員が山本とゴールインとはならず、他の男性と結婚している。

テレビの自らの男性遍歴を語っている“ぶっちゃけキャラ”で最近は売っているグラビアアイドルの橋本マナミ(31)も、山本と噂になった一人だ。

2013年8月11日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」で橋本が明かしていた「付き合っていた俳優」について、山本耕史ではないかという噂が広がった。

橋本は番組中、交際していた俳優の名前は明らかにしなかったものの、

「30代男性」
「草食系だと思っていた」
「ドラマに多数出演」
「大物俳優」

としていた。山本耕史はすべて当てはまっていると言えるだろう。

2年前に出ていた噂は、山本が結婚発表をしたことで、改めて拡散された。橋本が2年前に語っていた男性が「山本耕史だった」のかどうか、橋本が口を開く機会は今後あるのだろうか注目されている。

多くの有名芸能人と噂になった末、選んだのは堀北真希。これは相当な勝ち組と言えるだろう。かつて女性週刊誌のインタビューで、

「なんでこの人がモテるの? と思わせたら僕の勝ち」

と自身について分析したことがある。「キング・オブ・共演者キラー」の自覚がある、ともとれるコメント。先ほど触れた女性遍歴は、氷山の一角かもしれない。

[引用/参照/続き:http://dailynewsonline.jp/article/1005564/]

橋本マナミ暴露の詳細

sc20150826-2サンデージャポンで爆笑問題の田中に「例えば、前に付き合っていた彼氏に後で何か悪口を言われたとか?」と振られると橋本は

「以前わたし、ある俳優さんとお付き合いしていたことがあってケンカをする度に彼が酔っぱらって電話をかけてきてくれた。

『俺はマナミじゃなきゃダメなんだ。酔っ払ってじゃないとこんなことは話せない』って言ってくれてすごく嬉しかったんですけど」

と赤裸々告白。

さらに「お別れした後に彼が『メレンゲの気持ち』に出ているのをたまたま見て、

『酔っ払うと調子いいことって言っちゃうじゃないですか』って発言しているのを聞いて、とても切ない気持ちになりました」と続けて暴露。

もちろん爆笑問題の太田をはじめ、出演者からは「誰??」

立て続けに「大物?」「ドラマは?」と質問攻めにあうと、人気ドラマにも出ている俳優であることも明かした。

ここで急浮上してきた本命俳優があの山本耕史である。

過去のメレンゲの気持ちに出演した際に山本はそのような内容の話をしている。

番組の企画「テリー伊藤のモテ散歩」のロケ中に橋本はさらに「草食系(男子)だと思っていた30代人気俳優さんから『美味しいお酒をもらったから家で一緒に飲まない?』って誘われて」とも明かした。

堀北真希が陥落した理由

「2003年にデビューした堀北さんは、所属事務所から『10年はスキャンダルのないように』と言われたそうです。噂レベルだけで、表立ったスキャンダルはありませんでしたからね。

事務所も功労者である堀北さんの結婚を快く認めたと聞いています。ただ、本人は結婚となると一回り離れている年齢差が心配だったようです。

そんな悩みを相談したのが、10年程前に連載していた雑誌で文章構成などを担当していたUさんでした。Uさんは山本さんと同じ38歳で、しかも奥さんは11歳年下です。それで最終的に決断したそうですよ」

堀北は結婚を決めた理由として、舞台「嵐が丘」で山本の支えがあったことを明かしている。舞台関係者が言う。

「6年前に出会ってから、その間、それとなく好意は伝えていたものの、当時、堀北さんは全くその気がなかったようです。

ですが、舞台『嵐が丘』で堀北さんがプレッシャーに押しつぶされそうになる中、相手役として支えてくれたのが山本さんでした。

10歳で舞台デビューし、それから数々の舞台に出演しているだけあって、テレビで共演した時より大きく感じたそうです。

sc20150826-3

しかも、山本さんは舞台中はアドバイスだけで、私的な恋愛感情は一切出しませんでした。彼女が演じたキャサリンは気性の激しい役なので、凄くエネルギーを使うのをわかっていたのでしょう」

[引用/参照/続き:http://www.asagei.com/excerpt/42172]

第2の篠原涼子狙い!?

ガードが固いことで有名な堀北の事務所がこの結婚を許した背景には、「第2の篠原涼子」になることを願っているのでは、と芸能ジャーナリストはいう。

「デビュー以来、順調に仕事をこなしてきた堀北ですが、これまで演技の評価としては“可もなく不可もなく”といったものでした。

恋愛に関しても嵐の櫻井翔と噂になりましたが、大きなスキャンダルがひとつもない面白みのない存在だった。

そんな堀北が、役者として定評があり交友関係の広い山本と結婚することでさまざまな刺激を受ければ、やっと女優として一皮剥けることができるのではないでしょうか?

例えば市村正親との結婚で大化けした篠原涼子のようになるかもしれません」

[引用/参照/続き:http://www.asagei.com/excerpt/42205]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事