SCANDAL

HEADLINE

観月ありさ清水アキラ三男と真剣交際

女優の観月ありさ(34)が、ものまねタレント清水アキラ(57)の三男で俳優の清水良太郎(22)と真剣交際していることが10日、分かった。

観月ありさ

12歳差の”姉さんカップル”。年の差を感じさせない観月の魅力に、良太郎がぞっこんの様子。

交際は今年始まったばかりだが、良太郎は父親にも報告済みで完全に本気モード。

「2年ほど前に知り合い、今年に入って交際に発展。良太郎が年の差を感じさせない観月の魅力にぞっこんで、すでに父のアキラにも紹介済みというが、観月の主演ドラマが始まったばかりでタイミングが良すぎる」(芸能記者)

清水良太郎

良太郎は高校野球界では古豪として知られる都内の私立高校を卒業。高校時代は野球部で汗を流した。その後、大手芸能プロ入りし、06年にいきなりNHK大河ドラマ「功名が辻」で役者デビューを飾ったのだが…。

「事務所には当然、父親の口利きで入った。その事務所も仲間由紀恵の所属事務所だったため、仲間が主演する大河ドラマの仕事が舞い込んだ」(テレビ関係者)

その後、08年放送の「ごくせん」(日本テレビ系)の第3シリーズや、キャストがイケメンばかりで人気のミュージカル「テニスの王子様」などに出演するもパっとせず。

深田恭子

今年3月にはフジテレビのものまね番組で父親と共演したぐらいで、父親の存在がなければ無名のイケメンだが、観月の前にも有名女優と浮き名を流していたのだ。

「09年に女性誌で5歳年上の女優・深田恭子との交際が報じられ、その時点で深田の高級マンションで半同棲状態。観月と同じように良太郎は深田に父親を紹介していたが、深田は飽きっぽい性格で交際が長続きしないため、翌年の秋ごろまでには破局。部活動や父親から徹底的に礼儀をたたきこまれたため、年上のウケが良く、イケメンだからとにかくモテるようだ」(同)

観月との交際で役者としてもステップアップできるだろうか?

この日からスタートした観月の主演ドラマ同様、恋の行方から目が離せない。

観月は10日にスタートしたTBSドラマ「華和家の四姉妹」に主演。バツ2ながらとにかく男性にモテまくる次女を演じている。

ドラマを地で行くような年下男性との熱い恋は今年始まったばかり。良太郎はすでに父・アキラに交際を報告済みというから、友人らは「将来をきちんと見据えた真剣交際」ととらえている。

双方の事務所はスポニチの取材に「仲の良い友人だと聞いています」と話している。

[npn sponichi]

観月ありさの極秘情報はコチラ!!⇒

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 14
    名無しさん 2011/07/15 3:53

    TVで見る度にイライラする
    何故か好きになれない

  2. 13
    名無しさん 2011/07/14 17:38

    この人って、どんな役やっても同じ演技しか出来ない大根役者だよね~
    演者としては…

  3. 12
    名無しさん 2011/07/14 5:54

    イケメンか?ww

  4. 11
    名無しさん 2011/07/14 1:19

    似合うとか似合わないとか、本人達が幸せならそれで良いじゃん。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事