SCANDAL

HEADLINE

【今週の文春砲】ベッキー&ゲス 禁断情報、名言発動「レッポジ」親密関係「浪速の星」って誰?

sc20160128-1
1月7日発売の「週刊文春」報道により明るみになった、タレントのベッキー(31歳)とゲスの極み乙女。ヴォーカル・川谷絵音(27歳)の不倫問題。

同誌はその後、毎週記事を掲載し、特に21日発売号に掲載されたLINE画面のあまりにゲスい内容は大反響を呼んだ。

文春はベッキー追撃の手緩めず

ベッキーは一連の報道により、騒動前に10本あったCMが全滅するという大打撃を受ける中、28日発売の「週刊文春」はさらなる記事を掲載。追撃の手を緩めない。

最新号に掲載されたのは「ゲス&ベッキー 本誌が掴んで書かなかった“禁断”情報」と題した記事。

それは「これまで紹介しなかったエピソードで振り返る総集編」で、2人がデートで利用していた店やホテルの情報、ベッキーが川谷に会わせた仲良し芸能人の実名、出演番組への苦情状況などが紹介され、さらに2人が「レッツ・ポジティブ」という合い言葉で励まし合っていたことなどが明かされた。

そして最新号の記事は、こう結ばれている。「現在、『レッツ・ポジティブ』のコール&レスポンスが行われているかどうか、センテンススプリングには知る由もない」。……ノリノリだ。

今回は総集編ということもあり、先週号までの連続スクープほど大きなインパクトを放つ内容ではなかったが、それでもネットユーザーの関心は高く、1月28日早朝には「レッツ・ポジティブ」は瞬く間にYahoo!リアルタイム検索「話題なう」の1位に。

sc20160128-2

「ベッキーは名言製造機か」「レッツ・ポジティブを知ってわかるセンテンススプリングの秀逸さ」「オレもレッツ・ポジティブで卒論頑張ろう」などの声が上がっている。

文春砲ベッキー&ゲス「レッツ・ポジティブ」

文春砲ベッキー&ゲス「レッツ・ポジティブ」

文春砲ベッキー&ゲス「レッツ・ポジティブ」※クリックで拡大

文春が掴んで書かなかった禁断情報?

週刊文春第4弾では主に川谷絵音さんとの馴れ初めについて。彼らが仲良くなったのは2015年の11月26日。この日が2人でした初めての食事だったといいます。

場所は中目黒にある鳥鍋屋。ベッキーさんの親友・上戸彩さんの旦那であり、EXILEのHIROさんが経営しています。出会った当初は複数で食事をしていたのですが、2人きりで会うためにはプライバシーを守ることは必須条件!

この店なら友人のよしみでVIPルームを使え、閉店時間にも融通が聞くということで選ばれたようです。2人はその個室でお笑い番組等を楽しみ、くつろぎながら過ごしていました。

sc20160128-3

この鳥鍋屋の他にも、目黒川沿いある同じくHIROさんの高級そば店でもデートを重ねていたとのこと。

中目黒がデートスポットになることが多いため、川谷さんも”いつかはこの街に住みたい”と思うようになったといいます。彼は上京し国立の東京農工大の大学院に進みながらも音楽の道へ。

メジャーシーンに行く直前まで定食やチェーンの”大戸屋”でバイト生活を送っていたため、ベッキーさんと繋がることで有名人とも出会うことに。

特に彼女と仲の良い女優の吉高由里子さんや、森カンナさん。ハリセンボンの近藤春菜さんにも会うことができ、”みんなけんちゃんのことをステキだと言っていたよ”と必ず褒めてあげていたんだとか。

そんな2人がはじめてホテルに泊まったのは12月18日で、芸能人の間で知られる”芸能記者”がスクープを撮りづらい場所として有名な六本木にあるグランドハイアット。

ここ泊まる際の注意点は全てベッキーさんによるレクチャーがあったそうです。

・かならず時間差で入る
・移動の際はマスコミを警戒して迂回
・怪しい車はナンバーと車種を控える
・もし直撃されたら”友人”と会う約束だと言う
・”事務所を通せ”と言ってスルーする

などなど・・

さらには、「週刊文春なら川谷絵音さんが既婚であることは掴んでいるかも」と彼女は既に察していたようです。

ベッキーの新名言は”レッツ・ポジティブ!”

ベッキーさんは芸能界の歴が長いため、他にも様々なことでアドバイスをしていたといいます。

それは川谷絵音さんが日本レコード大賞に出演した際に、以前「甘利経済再生担当相」がゲス極の曲にマイナンバーカードを絡めて”私以外私じゃないのー当たり前だけどね。だ、か、ら、マイナンバーカード”と発言したことに対しコメントを求められたときのこと。

sc20160128-4

川谷絵音さんは”ぜんぜん意味がわからない、マイナンバーカードを言われても・・て感じもありました”と切り返しました。実はコメントは台本が用意されていたのですが、これは川谷さんがカンペ台本を無視したコメントだったのです!

川谷さんはそのことを後悔していましたが、そんなときもベッキーさんは”それくら余裕だよ” ”タモリさんもスタッフが質問の答えを決めるのはおかしい”とフォロー。

他にもさまざまな面で彼の心強い見方になっていたようですね。

そして、そういう場面での合言葉は”レッツ・ポジティブ!”

苦しいときにはいつも”レッツ・ポジティブ!”

で、嫁さんに離婚話を持ちかけたときも”レッツポジティブ!”

さらには週刊文春の最初のスクープ時も”レッツポジティブ!”

sc20160128-7

第4弾には”センテンス・スプリング”以上の名言がくるか!?と予想されていましたが、それほど期待以上のものではなさそうですね・・・

発売前から新たなLINEのやりとり内容が掲載されるでは?と期待の声もありましたが、それも今回は無かったようですね。

ただ週刊文春はスクープが大きければ大きいほど何度かに分けて情報を出してく傾向にあります。今回はあまり大きな情報は出さず、またいずれ衝撃的な内容出してくる可能性も十分にあるでしょう。

1月28日の発売日前日にもスポーツ選手の”浪速の星”との噂も新たに沸きあがりましたし、今後もしばらくは騒動は続くと見られます。

[引用/参照/全文:http://girlism.info/lets-po/]

ネットの反応

・このレベルじゃ全然騒がれんぞ
・スプリングセンテンスに比べたらパンチがない
・ほんまベッキーが言いそうな内容
・レッツサイコパス!
・不倫してポジティブって
・ポジティブの押し売りw
・スマップの捨身のフォローを台無しにする無能
・今週は甘利の回
 >追い詰めなきゃならん奴が多過ぎて忙しいな文春
・今回の件に対する文春のクリティカル率は異常
・そろそろネタ切れだよね ありがとう文春
・センテンススプリングが面白すぎて他が霞む
・期待煽った割にはたいしたことないな

ベッキー「浪速の星」と親密関係?
sc20160128-8
実はベッキーの不倫騒動を聞いて彼女以上に肝を冷やした男性がいたという。「大阪を拠点とするプロスポーツ選手で、“浪速の星”と呼ばれる人気者のAさんです」と語るのは在阪スポーツ紙記者だ。

「ベッキーは関西テレビの 『にじいろジーン』にレギュラー出演していて、収録の前日には大阪入りします。

定宿のホテルではそのスポーツ選手の姿が何度も見かけられていて、ふたりが頻繁に会うなど親密な関係なことはそのスポーツの一部関係者の間でよく知られていました。その選手も既婚者ですから、あ、こっちの彼じゃなかったのかと」

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20160127_380887.html]

ネットの反応

・浪速の星なんて聞いたことないぞ 誰のこと?
・ヒント 既婚者
・大阪を拠点て、例えばガンバ大阪とか?阪神は大阪と言って良いのかどうか…
 >宇佐美っぽいな
・遠藤でしょ
 >遠藤はシンクロの人じゃなかったんかい
 >遠藤やろ青木愛とも不倫や
 >遠藤は長身でカッコイイ女が好みらしいから違うと思う
・宇佐美じゃね? ベッキーも宇佐美も手越と仲良いし、手越に紹介してもらったんじゃねーの?
・宇佐美の顔は慣れたけどゲスは絶対無理だわ
・宇佐美が「浪花の星」とか、聞いたことがない。
・一芸のある不細工が好きなのか

コメント

  1. 2
    名無しさん 2016/01/29 8:18

    赤星は独身だろ!いい加減にしろ!

  2. 1
    名無しさん 2016/01/29 8:05

    赤星

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事