SCANDAL

HEADLINE

桂文枝が不倫を認め謝罪「浅はかだった、自分でも情けない…」暴露した紫艶の狙いは?

sc20160222-1

落語家・桂文枝(72)が22日、大阪市内で「創作落語の会」の会見を開催。その席で演歌歌手・紫艶(38)との“20年不倫疑惑”に

「私の考えが浅はかだった。もっと将来を考えて身を引き締めてやらなければならなかった」と“謝罪”した。

はっきりと事実を認める言葉はなかったものの、歯切れは悪かった。

緊張の面持ちで会見場へ。詰めかけた報道陣を見渡しながら文枝は会見冒頭、「落語会の会見でこんなに来ていただいて」と冗談交じりにあいさつ。続けて「すべて私の不徳の致す所」とか細い声で話した。

sc20160222-3

前日の21日には東京・神保町花月での公演後に取材に応じた文枝は「娘というか、そういう感じで応援してきた」と愛人関係を否定。

だが、この日の会見では関係を否定する言葉はなし。一連の報道で家族に与える影響にも言及し「歯医者にも銀行にも行かれへんと言われました」と申し訳なさそうだった。

現在は上方落語協会の会長も務め「協会の選挙もあり、どうなるか分かりませんが、できれば続けたい」と続投へ意欲。

ただ同時に「家庭の危機を抱えているのは現実ですし、嫁さんに苦労かけられんなぁと」と状況次第で辞退する可能性も示唆。「独居老人として心の安らぎを。どうか、そっとしておいてほしい」とお願いした。

文枝と紫艶については、19日発売の写真週刊誌「フライデー」が「20年不倫」として報じた。また、この日は紫艶がテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の取材に応じ、「父であり恋人でした」と告白していた。

[引用/参照/全文:http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/22/0008827349.shtml]

自分でも情けない…
sc20160222-2
「家族には一番迷惑をかけた。嫁さんは44年間私のためにやってくれたのに裏切ることになって…。『本当にあんた脇が甘いからや』と言われました」と声を詰まらせた。

不倫疑惑は「事実と違う。20年不倫と言われたのにはびっくりした」と否定。

紫艶とは2年前、東京の落語会で会ったのが最後で、それ以前も「12年ぐらい会っていなかった」という。

週刊誌に交際を語った紫艶に対して「ああいうことをする人ではないと思っているので非常に心配しております。しっかり歌で頑張ってほしい」と気遣った。

[引用/参照/全文:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160222/enn1602221154006-n1.htm]

紫艶「師匠に申し訳ない」?

sc20160222-6演歌歌手・紫艶(38)は21日夜、スポニチ本紙の取材に応じ、「100対0で私が悪い。師匠に申し訳ない」と謝罪した。

交際について「期間が空くことはありましたけど事実」と20年間にわたる不倫関係を強調。

文枝が会見で「紫艶さんのことを心配している」と話していたことを伝えると号泣。

「師匠は後輩から厳しい人と畏怖されているが、プライベートでは優しいし尊敬できる人。私にとって師匠であり、父親(のような存在)であり、恋人です」と語った。

12年から歌手活動は休業中で、不倫騒動が明らかになってから「こちらからは連絡を取っていない」という。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11208321/]

sc20160222-0

紫艶の狙いは?

22日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」の電話取材に応じた紫艶は、恋人でしたか?という質問に「はい」と不倫関係であったことを認め、恋人であった期間は?という質問にも「20年間です」とはっきりと答えた。

「思いやりもあって優しくて、相談にも乗ってくださる。尊敬しています」と、文枝への思いも語った。

デートは大阪近辺で行っていたといい、38歳という年齢差についても「師匠はお若い方なので、話が合わないということは全くなかった」という。

紫艶の自宅に来たことはあったのか?という質問にも「そうですね…」と認め、男女の関係だったのかと問われると「それは世間の方の判断に任せます」と、否定はしなかった。

sc20160222-7

売名行為ではないのかという憶測も呼んでいるが、すでに芸能活動は行っていないことと、今後も芸能活動を再開する予定がないことを挙げ「売名する必要はない」ときっぱり否定していた。

[引用/参照/全文:http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/22/0008826695.shtml]

松本人志のコメント

「心配されるのは『新婚さんいらっしゃい!』の時に、どう色恋ネタの時にどう対応したらいいのか。早めにいすから転げてエンディングまで起きないみたいなことを…」と笑いを交えたコメントをするにとどめた。
sc20160222-4

武田鉄矢のコメント

「人だから他人を好きになるのは当たり前」と文枝を擁護。不倫疑惑を報じた写真週刊誌のFRIDAYが記事タイトルに“ゲス”という言葉を使ったことについても「流行り言葉だけど使い過ぎ。ゲスじゃねーよ」と一刀両断。

今回の報道の仕方に対して怒りを露わにし「ちゃんと自分のお金で、自分の名前を賭けて自分の稼ぎでやってらっしゃるわけだから、一点の曇りもない立派な“間違った”恋ですよ」と持論を展開した。

続けて「明日は我が身ですよ皆さん」と他の共演者に呼びかけていた。

小林よしのりのコメント

しかし桂文枝の過去の浮気まで、なんで糾弾されなきゃならないの?

宮崎「育休不倫」議員の事件以来、普通の浮気や不倫までが責められる異常に窮屈な世の中になってきた。

キリスト教的な価値観が蔓延してきて、どんどん堅苦しい社会に向かっている気がする。

「芸のためなら女房も泣かす」という歌があったが、最近では「芸の肥やし」なんて言おうものなら、フェミニズム系から蛇蝎の如く嫌われる。

古いとか、封建的とか、男尊女卑とか、言われることは分かっているが、バブル期までは「芸のため」でなくても、「恋をしたい」ためだけに、「金曜日の妻たちへ」的な軽い不倫が花盛りだったではないか。

芸人やクリエイターは、既存の道徳観に縛られていては、型破りな人間になれないのは本当だと思う。

倫理観や道徳観も、経済に大きく影響される。浮気や不倫への許容度がどんどん狭くなるのは、結局は不景気のせいなのだ。アベノミクスの効果なんか何もない。

まるで自民党の憲法草案のように、「家族を大切にすること」のような、アホくさい道徳観が勝利する時代になってくるのかもしれない。クソくらえである。絶対に抵抗してやる。

一体、誰が保守的で、誰がリベラルなのか、分からん世の中になったものだな。

[引用/参照/全文:http://blogos.com/article/162193/]

ネットの反応

・三枝の頃から女癖悪いので評判だったわな
・噺家なのにのう…
・芸能人って、昔の不倫がバレたら まず視聴者の皆様に謝らにゃイカン物なのかな?
・真面な落語家と信じていたが、三紙までもが不倫か、時代も時代だな・・・・
 >落語家なんて不真面目なのが当たり前やろ
・ヌードで稼げなくなった女のゆすりたかり
・本来男は外で種をまき散らす動物。男に文枝を責める資格はない。
・今年は不倫狩りブームだな

関連キーワード

コメント

  1. 4
    ガンダム 2016/02/22 21:55

    紫艶とHしたい。

  2. 3
    名無しさん 2016/02/22 18:24

    人間国宝はもうだめ

  3. 2
    名無しさん 2016/02/22 18:24

    文枝も逃げるなよ

  4. 1
    名無しさん 2016/02/22 17:33

    不倫カップルさん いらっしゃい!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事